• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

【住宅セーフティネット】

住宅を確保するのが困難な者に対して、その居住を支援する仕組みで、低額所得者、被災者、高齢者、障害者、子供を育成する家庭などの住宅確保要配慮者が対象となる。住宅確保の方法としては、1公的賃貸住宅の活用、2民間賃貸住宅の質の向上と優先入居措置等、3情報提供や相談による円滑な入居支援が推進されている。

住宅セーフティネット法というものがあり、正式名を「住宅確保要配慮者に対する賃貸住宅の供給の促進に関する法律」という。同法は2017年(平成29年)4月に改正された。

すべて読む

ページの
トップへ