• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

【接道義務(せつどうぎむ)】

接道義務(せつどうぎむ)とは、建築基準法第43条の規定により、建築物の敷地が、道路に2メートル(ないし3メートル)以上接しなければならないとする義務のことを指します。この義務を果たしていない土地に建てられた不動産は、「再建築不可」となります。そういう意味で、接道義務を果たしているか否かは、不動産の価値の大きな影響を与えるポイントといえるでしょう。

すべて読む

ページの
トップへ