• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

【用途地域(ようとちいき)】

用途地域とは、「市街化区域」の土地利用についての基本的な枠組みを設定するためのものです。工業、商業など、都市計画法により定められた12種類の地域からなり立っており、その内容によって、建てられる業種が、建築基準法で定められています。

第一種低層住居専用地域
だいいっしゅていそうじゅうきょせんようちいき
低層住宅の良好な住環境を守るための地域です。(床面積の合計が)50m2までの住居を兼ねた一定条件の店舗や、小規模な公共施設、小中学校、診療所などを建てることが可能です。通常はコンビニも建てられず、日用品・日常生活のための小規模な店舗兼用住宅が点在する程度です。
第二種低層住居専用地域
だいにしゅていそうじゅうきょせんようちいき
主に低層住宅の良好な住環境を守るための地域です。150m2までの一定条件の店舗等を建てることが可能です。
第一種中高層住居専用地域
だいいっしゅちゅうこうそうじゅうきょせんようちいき
中高層住宅の良好な住環境を守るための地域です。500m2までの一定条件の店舗等を建てることが可能です。例えば、中規模な公共施設、病院・大学、3階建て以上のアパートやマンションなどを建てることができます。
第二種中高層住居専用地域
だいにしゅちゅうこうそうじゅうきょせんようちいき
主に中高層住宅の良好な住環境を守るための地域です。1,500m2までの一定条件の店舗や事務所等を建てることができます。例えば、小規模のスーパー、その他やや広めの店舗・事務所なども建てることができます。
第一種住居地域
だいいっしゅじゅうきょちいき
住居の環境を保護するための地域です。3,000m2までの一定条件の店舗・事務所・ホテル等や、環境影響の小さいごく小規模な工場、中小の運動施設所などを建てることができます。
第二種住居地域
だいにしゅじゅうきょちいき
主に住居の環境を保護するための地域です。10,000m2までの一定条件の店舗・事務所・ホテル・パチンコ屋・カラオケボックス等の他、環境影響の小さいごく小規模な工場を建てることができます。郊外の駅前や幹線道路沿いなどはこの地域にあたることが多く、アパートやマンション、大きめのスーパーや商業店舗・事務所などが立ち並ぶ町といったイメージです。
準住居地域
じゅんじゅうきょちいき
道路の沿道等において、自動車関連施設などと、住居が調和した環境を保護するための地域です。10,000m2までの一定条件の店舗・事務所・ホテル・パチンコ屋・カラオケボックス、小規模の映画館、車庫・倉庫、環境影響の小さいごく小規模な工場などを建てることができます。
例えば、国道や幹線道路沿いなどで、宅配便業者や小規模な倉庫が点在するような地域がこれにあたります。車庫について規制解除されている他は、第二種住居地域に準じた内容です。
近隣商業地域
きんりんしょうぎょうちいき
近隣の住民が日用品の買物をする店舗等(駅前商店街など)のある、業務の利便の増進を図るための地域です。ほとんどの商業施設・事務所のほか、住宅・店舗・ホテル・パチンコ屋・カラオケボックス、映画館、車庫・倉庫、小規模の工場などを建てることができます。延べ床面積規制が無いため、場合によっては中規模以上の建築物が建つこともあります。
商業地域
しょうぎょうちいき
主に商業等の業務の利便の増進を図る地域です。ほとんどの商業施設・事務所、住宅・店舗・ホテル・パチンコ屋・カラオケボックス、映画館、車庫・倉庫、小規模の工場等のほか、広義の風俗営業および性風俗関連特殊営業関係の施設も建てることが可能です。延べ床面積規制が無く、容積率限度も相当高いため、高層ビル群も建てられます。
工場関係以外はほぼ何でも建設可能な地域といえ、例えば都心部の繁華街(東京の歌舞伎町、名古屋の栄、大阪のキタやミナミなど)やオフィスビル街(東京大手町、名古屋駅前、大阪駅前など)などがこれにあたります。住宅を商業地域で取得すると、いきなり隣にパチンコ屋やラブホテルができるといったこともありえるので、十分に注意が必要です。
準工業地域
じゅんこうぎょうちいき
主に軽工業の工場等、環境悪化の恐れのない工場の利便を図る地域です。住宅や商店も建てることが可能です。ただし、危険性・環境悪化のおそれが大きい花火工場や石油コンビナートなどは建設できません。
工業地域
こうぎょうちいき
主に工業の業務の利便の増進を図る地域です。住宅・店舗の他に、どんな工場でも建てることが可能ですが、学校・病院・ホテル等は建てられません。
工業専用地域
こうぎょうせんようちいき
工業の業務の利便の増進を図る地域です。どんな工場でも建てられますが、住宅・物品販売店舗・飲食店・学校・病院・ホテル等は建てられません。福祉施設(老人ホームなど)も不可能です。住宅が建設できない唯一の用途地域でもあります。
簡単に言えば、京浜工業地帯などに代表される湾岸地域などがこれにあたります。石油コンビナートや製鉄所などの環境悪化の可能性が大きい設備が設立されている地域であり、花火工場などの危険性が極めて大きい工場もこの地域に建設されます。

すべて読む

ページの
トップへ