• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

【返済比率】

不動産投資における返済比率とは、月の家賃収入のうち、銀行に返済する金額の割合を指す。返済比率が高すぎると、空室が増えたり、修繕費などの突発的な出費があった時にキャッシュフローがマイナスになってしまうため、安定的な経営のためのリスクヘッジとして、返済比率を一定の比率以下にすることが推奨される。住宅ローンの場合は「年収に占める年間返済額の割合」の意味となり、総返済負担率と呼ばれることもある。

すべて読む

ページの
トップへ