• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

10,648アクセス

【新連載】融資がつきやすく社会貢献も可能!?私が「高齢者向きアパート」を広めたい理由

赤尾宣幸さん_画像 第1話

■ はじめに

はじめまして。今月から数回にわたり、「 高齢者向きアパート 」についてのコラムを書かせていただく赤尾宣幸です。初回は、「 高齢者向きアパートって何? 」 という方のために、その特徴や普通のアパートとの違いを説明します。

高齢者向きアパートは、融資を受けやすいという特徴や、社会貢献できるという魅力もあります。全国の賃貸物件で年々、空室が増える一方で、高齢者は増え続けています。本コラムを通じて、一人でも多くの大家さんに興味を持っていただければ幸いです。



■ 初心者が利回り30%を達成

空室率が40%を超えているという茨城県土浦市。がら空きアパートが乱立しているような感がある。

その土浦市でアパート経営は初めてという大家が、2年間でがら空きアパート2棟を購入して満室に再生、利回り30%を実現した。

一棟目は築40年。土浦駅から徒歩50分。購入時は8室中5室空室で利回り8%。駐車場は4台しかなく、リフォームしたうえで格安家賃2.4万円にしても決まらないというありさまだった。

部屋の家賃を3.7万円で募集をかけ、満室にして利回り27%を実現した。これは取得経費、修繕費を含めた「 総投資額 」に対する利回りだ。取得経費を含まない買値に対する表面利回りは41%にもなる。

担保価値は期待できない物件だが、買値を上回る金額を、返済期間15年、金利1.5%、しかも固定金利での融資を受けた。

一棟目が満室となり、入居待ちも出たので、翌年に2棟目を購入。2棟目は築30年、荒川沖駅から徒歩70分、10室中5室空室で当初利回り12%。

こちらも駐車場が4台しかなく、リフォームして家賃2.5万円で募集しても入退去が激しかった物件。これを家賃3.7万円にして満室とし、利回り30%を実現した。

融資額は購入費用を含めたほぼフルローンとなる金額を、固定金利1.15%、15年間返済という好条件での融資を受けた。諸費用を除いた買値に対する表面利回りは37%にもなる。

なぜアパート経営初心者なのに、このような高利回りが実現し、好条件の融資が可能になったのか? これを可能にしたのはもちろん本人の努力だが、もう一つの理由は「 高齢者向きアパート 」だからだ。

※この事例については、鈴木かずやさんの大家列伝で詳細を確認できます。

■ 高齢者向きアパートとは?

高齢者向きアパートは、私の16年に及ぶ介護事業の経営と、25年に及ぶ不動産賃貸業のノウハウを集大成したものだ。私は介護事業を通じて多くの高齢者の生活を身近に見てきた。

住まいに困って、仕方なく老人ホームに入る高齢者も見てきた。一方で空室で困っていても、高齢者には貸したくないと考える多くの大家がいる。これらをうまく結びつける仕組みはないかと考え続けた成果が「 高齢者向きアパート 」だ。

高齢者向きアパートの定義は、「 高齢者が暮らしやすい工夫を施した、入居を高齢者に限定しない多世代居住のアパート 」だ。特徴としては以下の5つになる。

1.高齢者も安心して生活できるアパート

アパートの部屋には「 高齢者も安心して暮らせる 」工夫を行う。高齢者が暮らしやすい部屋ならば、築年数、面積、戸数、立地等は大きな問題ではない。

2.入居者は高齢者に限定しない

入居者を高齢者に限定しないことで大家力が発揮できる。高齢者市場を取り込むことで賃貸の窓口が広がる。また、高齢者と若者が一緒に暮らすことで「 多世代入居のメリット 」が出てくる。

高齢者にとって、多世代と接点を持つことは元気を保つ力になる。また、火災などの非常時に若者が出火を通報してくれるだけでも、被害は確実に、しかも大幅に減らすこととなる。

3.食事・介護は提供しない

食事や介護などを提供すると老人ホームになる。老人ホームは届け出が必要だし、行政の指導も入ったりする。大家は食事や介護を提供せず、賃貸事業経営のみであれば、単なるアパートなので、老人ホームの届け出は不要だ。

4.バリアフリーへの改修はしない

バリアフリーへの過剰な投資はせず、将来の転用を容易にすることで、投資を増やさずに済み、経営リスクを減らすことができる。多くの高齢者にとっても、バリアフリーは必須ではない。むしろ、段差があれば転倒に注意するので、転びにくくなり、大けがをしにくく健康に長生きできる。

5.年金生活でも払える家賃

家賃は生活保護の家賃と同等に設定する。豊かな老後をすごせる家賃で住まいを提供する。掃除や洗濯など、自分でできることは自分でやれば、老人ホームより安いコストで生活できる。

節約できたお金を、趣味や旅行、孫への小遣いなどの楽しみに使うことで、より良い老後が過ごせる。



■ 高齢者向きアパートに必要なこと

上記の5つを実現するために、以下の3つをアパートに取り入れる。

1.高齢者が暮らしやすい最低限の設備を確保

手すり取付けや、危険個所の明示、転倒時の衝撃緩和対策、防火、防犯などへの工夫を行い、安全・安心な生活ができるようにする。

2.介護事業者等と提携した見守りを確保

介護事業者と提携することで、高齢者の健康管理がしっかりできる。介護事業者は、利用者さん( 高齢者 )の体調が悪いときは受診を勧めたり、家族に連絡したりする。これにより、孤独死のリスクがほぼ解消される。

3.高齢者だけでなく若者も入居する多世代入居

入居者は高齢者に限定せず、若者の入居も受け入れる。これは空室対策上有利なうえ、非常時には若者の支援も期待できる。例えば、火災の発生を知らせてくれるだけでもかなりの支援だ。これにより、高齢者や障害のある方も安心して暮らせる。

高齢者向きアパートは、社会貢献ができる「 事業 」だ。だから担保価値より事業性が重視され「 融資が受けやすい 」。公的補助にたよらないので「 自由に経営 」できる。さらに、成功すれば「 儲かるだけでなく社会貢献 」もできるので、大家としての喜びも大きい。


次回以降はさらに詳しく、「 高齢者向きアパート 」について紹介します。お楽しみに。

健美家サイト会員登録で最新コラムやニュースをチェック!

健美家不動産投資コラム

プロフィール

■ 赤尾宣幸(あかおのぶゆき)さん

akaosan

福岡県宗像市在住
ブログ:DIYで不動産経営

< FBにて以下のグループを主宰 >
DIYを楽しむ会
不動産イベント倶楽部
居酒屋セミナー
高齢者向きアパートの会
DIYを楽しむ大家の会

■経歴

□1960年
福岡生まれ

□1978年
日本国有鉄道入社

□1980年
中央鉄道学園大学課程入学

□1983年
中央鉄道学園大学課程土木課卒

□1993年
自己所有マンションを賃貸にして賃貸経営開始

□1996年
キリン・ドラフトマスター取得

□1997年
日本初の複数のテナントが入るフードコート「小倉食堂」を立ち上げ

□2002年
妻の夢実現のためにデイサービスを立ち上げる

□2003年
西日本旅客鉄道退社

□2007年
介護タクシー開業

□2009年
高齢者向きアパート開業

□2011年
九州経済産業局 専門家登録

□2018年
自身の夢である「高齢者向きアパートの普及で一人でも多くの人が幸せを感じてもらうこと」に向けて執筆やセミナー等を行っている

■ 著書


実録競売マンション経営出版(鳥影社)

(ペンネーム山田一)


「小規模介護事業」の経営がわかる本 (セルバ出版)


DIY賃貸セルフリフォーム&リノベでファン・ファン・ファン (セルバ出版)


改訂版「小規模介護事業」の経営がわかる本 (セルバ出版)


介護で苦しまない! クスリフリーとバリアありーを考える (セルバ出版)


これでばっちり!マンションDIY・リフォームを楽しもう (セルバ出版)


多世代居住で利回り30%!高齢者向きアパート経営法 (セルバ出版)

ページの
トップへ