• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

11,081アクセス

続けて物件を売却した5つの理由

天方エバンさん_画像 第37話

アロハー!
ハワイに移住してリモート賃貸経営をしている天方エバンです。

この度九州の大地震でたくさんの方々が被害に遭われたと報道で知りました。九州の一部の大家さんが空室を無償で貸し出されたりしていると聞き、大家さんとしてこれとない貢献のスタイルだなと尊敬の念を覚えました。

被害に遭われた方々におきましてはまだまだ大変な時期かと思いますが早期の復旧をお祈り申し上げます。

さて、久々のコラムになります。早いものでもう今年も三分の一が過ぎようとしていますね。実は今月で天方家はハワイに移住生活5年目に突入しました。サーフボード2枚とスーツケース3つだけでハワイの地に降り立ってから本当にあっという間です。

3歳と1歳だったボーイズは今年小学校3年生と幼稚園生になり、お目目ぱっちりで孫レベルに可愛い三男はハワイに来てから授かりました。夫婦共々当初の目的だった自然たっぷりの環境ですくすく子育てを実践できていると感じており、非常に幸せな毎日を過ごさせて頂いています。



ところで、今回はみなさんにビッグニュースがあります。


一棟マンションを売却しました!


昨年に続いての売却です。3月に契約、引渡しを済ませ、これで日本の不動産を一時的ではありますが、完全に整理したことになります。今回も一度だけ来日し、買主さんと面談、銀行にて抹消手続きを終え、決済日は代理人に全て任せて、僕はハワイでオンラインバンキングで着金確認をしたくらいです。

売却した物件は購入時に築2年でしたので、まだ築浅です。値段は当初予定していた額には遠く及びませんでしたが、僕は以下の理由で今回売却を決めました。

1.今の日本は絶好の売り市場である

これは多くの投資家の皆さんが体感されていることかと思います。参入する時期というよりは利確のタイミングですよね。例えば今回の売却で、税引き後に一億円手に残ったとします。これだけの額を貯金するには一体何年かかるかと思うとこれはチャンスだと思ったんです。

月々50万円貯めることができても、年間600万円ですから17年かかります。仮に一年に一千万円という大金を貯金できても10年必要です。逆に一億円を今から複利10%で運用できたら10年で2.6倍、17年で5倍になる計算です。

ハワイに旅立った時点で、僕が日本に所有していたのは2棟のマンション。そのうち、1棟を去年売却し、今回この物件を売却すれば、日本の物件はなくなることになります。それでも売却を決めたのは、ギアをもう一速あげられるかなと思ったのが大きな理由です。



2.二棟売却で直近の目標を達成できる

数年前のコラムでも書いたのですが、ある程度のキャッシュを手にするという目標を掲げていました。その当時、不動産とは離れた投資に興味が湧き始めていて、潤沢なキャッシュを不動産以外の投資に回し真の不労所得を得たいと思っていたのです。

あれから若干考え方も変わり、やはり自分には不動産なのかなと感じています。タイミングが良いことが大きいですが、今回その当時の目標を達成することができました。これは節目かなと思っています。

3.結局税金からは逃れられない

希望額よりまぁまぁ低い額で今回売却を決めたのですが、金額を変えてあーでもないこーでもないとシミュレーションするうちに、一つ気がついたことがあります。それは、売値が上がればそれだけ税金も上がり、税引き後の差は思ったほど変わらなかったという点です。

今回は個人名義の物件でしたので、キャピタルゲインの課税は残念ながら逃れられません。潔く払うかという気持ちになったら、逆に税引き後の資金は自由なお金だと思えるようになり、気が楽になりました。

とは言っても所得税に復興特別税が上乗せされ、結構な額になりますので、なるべく考えないようにしています( 笑 )



4.潮目の変化は近いと考えている

これは僕の全くの私見ですので、どうか鵜呑みにしないでほしいのですが、現在の上げ相場はそろそろターニングポイントに来ているのではと感じています。この好景気がオリンピックまでは続くという憶測を時々耳にします。

でも、僕はみんなが思っている時期より早い段階に状況が変わるのではと思っているんです。それなら前述の理由もあるし、一度ポジション整理しようかなと考えたわけです。この判断が凶と出るか吉と出るか神のみぞ知るですね。

5.現状で日本における買い増しが難しい

僕は自慢じゃありませんが、巷の大家さんほど融資に関してノウハウはありません。さらに米国居住というハンデもあり、さらなる融資はなかなか難しいという現実に直面したんです。

太陽光パネルを購入しようとお付き合いのある金融機関に打診しましたが、結局全滅。今までの実績を全くと言ってもいいくらい考慮してくれず、買い増せないなら売っちゃおうかという考えに行き着いたのです。

こうして売却してひと月ほど経ちましたが、良かったかなと思っています。潤沢な資金があることにより、また新たな扉が開けられたという気がしているんです。ちょっとワクワクしています。

実はもう既に次の不動産を国内外で探し始めています。そう、日本とアメリカの両国が僕の対象マーケットです。今後、この資金を何に再投資するのか逐一レポートしたいと思います。



最後に少し宣伝させてください。この度ハワイで独立し、不動産会社を立ち上げました! 名前は「 Live Love Hawaii Realty 」といいます。ハワイ大好きな人のためにハワイ不動産を思いっきり楽しんでもらいたいという願いで設立しました。



ラグジュアリーとか、ワンランク上とかじゃない、普段着のハワイ不動産です。Airbnbを使ってハワイで収益力を最大限にアップさせることを得意としています。ますます楽しくがんばっていきますので、興味のある方は連絡くださいね。

マハロ!

天方エバン

健美家サイト会員登録で最新コラムやニュースをチェック!

健美家不動産投資コラム

プロフィール

■ 天方エバンさん

amakatasan

2012年4月よりハワイ在住
家族は妻と息子3人

ブログ「ハワイde大家」
Facebook「ハワイ不動産」
ハワイの不動産検索「ハワイネット」

□ハワイ州公認不動産取引士
□東京都知事宅地建物取引主任者

■ 経歴

□1970年
神奈川県横浜市生まれ

□1994年
上智大学比較文化学部から編入したWestern State College of Coloradoを卒業

□1998年
日本IBMに入社、長野五輪プロジェクトに配属され、テレビ解説者向けシステムの開発に携わる。以降、8回連続でオリンピックのIT事業に従事

□1999年
日本IBMを退社し渡濠。IBMオーストラリアのシドニー五輪プロジェクトメンバーとして、主にイントラネットシステムのパフォーマンステストを担当

□2000年
University of Technology in Sydney 大学院修了

□2000〜2002年
ソルトレイク五輪組織委員会のスノーボード競技システムの責任者としてイベント運営に携わる

□2002年
日本に戻り、外資系証券会社システム部に就職

□2004年
アテネ五輪でIT事業に従事

□2006年
トリノ五輪でIT事業に従事

□2008年
北京五輪でIT事業に従事

□2010年
バンクーバー五輪でIT事業に従事

□2012年
外資系証券会社を退社
ロンドン五輪でIT事業に従事

■ 投資に関する経歴

□1998年
港区南青山に新築1Rマンションを購入

□2002年
港区南青山の両親が住むマンションに、ファミリータイプの区分を購入

□2002年
資産管理会社を立ち上げる

□2007年
FXで1,000万円の損失を出し、貯金がゼロになる

□2007年
目黒区に自宅用区分マンションを購入

□2010年
目黒区の自宅用区分マンションを売却

□2010年
神奈川県内に1棟マンション(1K×40戸)を購入

□2011年
港区南青山の1Rマンションを売却

□2011年
埼玉県内に一棟マンション(3LDK×36戸、店舗2戸)を購入

□2012年
港区南青山のファミリータイプ区分を売却

□2012年4月
家族でハワイへ移住。ハワイから2棟のマンションをリモート経営中

■ 著書

odawara
「不動産投資でハワイへ移住」

ページの
トップへ