• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

13,981アクセス

買っていいエリア・物件をどう選ぶ?「2030年、全都道府県で人口減」の日本で大家が勝ち残る方法。

天野真吾(湘南再生大家)さん_画像 天野真吾(湘南再生大家)さん 第17話

2018/4/15 掲載

今回のコラムテーマは、「 人口減少社会・日本において、不動産投資事業で勝つ方法 」です。

厚生労働省の国立社会保障・人口問題研究所より、2045年までの地域別の将来推計人口が公表されました。全ての都道府県で2030年から人口が減り始め、2045年には、7割の市区町村で2015年に比較して人口が20%以上減る予測となっています。

「 2030年、全都道府県で人口減 」なんてトピックを見るとドキッとしますね。更に、高齢化に伴い、様々な問題が深刻さを増してくるのですから、この国で賃貸事業を行っていくことは悲観的に見えてしまいます。

そんな現在の日本において、どのような不動産投資手法を選択して、どのようなエリアに収益不動産を購入していくべきか、私の見解を伝えたいと思います。



■ 不動産投資事業を展開する際に、将来の物件供給過剰エリアにならないか予測する

通常、不動産投資家は、不動産投資をしたいエリアをマクロ的に考えます。首都圏、関西圏、中部圏、地方であればどのエリアが不動産投資で成功しやすいか、を検討した後で、融資が出る金融機関を探していく流れが多いと思います。

そこで見落としがちな視点として、その購入検...

この記事は会員限定です。ユーザ会員登録すると続きをお読みいただけます。

プロフィール

■ 天野真吾(湘南再生大家)さん

amano

不動産投資家
湘南エリアで妻と二人暮らし
FB:湘南再生大家

■ 経歴

□1969年
静岡県生まれ

□1991年(22才)
大学卒業後、国内IT系商社に入社

□1997年(27才)
外資系ITグローバル(世界最大)企業へ転職
IT系・営業畑(エンタープライズ事業:企業営業担当)に勤務

給料の20%以内の支出で生活し支出を抑制
自社株や本業とは別の会社社長業で資産を拡大する

□2008年(39才)
不動産投資を開始

ワケあり物件を再生する手法で、福岡県、神奈川県・埼玉県・静岡県・愛知県、東京都で一棟物件を購入(一部は売却済み)

□2012年(43才)
家賃収入のCFが本業の3倍を超え、セミリタイアを希望するが、会社から引きとめられる

□2015年(46才)
セミリタイア(事業家としてスタート)

□2016年(47才)
所有物件は12棟・約200室。資産20億円・家賃年収2億円

■ 主な所有物件

□埼玉県さいたま市の中古RC一棟マンション(3LDK×21戸+テナント2戸)



□東京都板橋区の中古RC一棟マンション(3LDK×23戸)



□神奈川県海老名市の中古RC一棟マンション(3LDK×24戸)



□神奈川県厚木市の中古RC一棟マンション(2LDK×12戸)



□神奈川県座間市中古RC一棟マンション(1LDK×12戸)



□愛知県名古屋市の中古RC一棟マンション(1K×20戸)



■ 著書




■ 趣味は海外旅行







ページの
トップへ