• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

9,338アクセス

今年の不動産はどうなるか? 私は幸せな人生を目指したい!

赤井誠さん_画像 第156話

新年あけましておめでとうございます。赤井誠です。今年もコラムでは少しでも皆様のお役に立てるような記事を書いていきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

昨年末は、様々なトラブルが発生して、正直いろいろ大変でした。特に母が年末に倒れてから様々な検査で病院にいっていたのですが、なかなか根本的な原因はわからず、最終的には対処療法的な薬を出してもらうだけになってしまいました。

そのため、今年は母と正月の間、自宅で一緒に過ごしましたが、随分と体調が回復していてホッとしています。

やはり健康が一番で、周りに身体を不自由を感じている人がいると、家族みんなが心配してしまい、いろいろなことを心から楽しめなくなってしまいます。私も今年はさらに健康に気を付けて生活していきたいと思います。

■ 2018年の不動産業界はどうなる?

それでは、今年第一回目のコラムですので、まずは今年の不動産業界はどのようになって行くと考えているかを最初にお話ししたいと思います。

皆さんもご存知のように、昨年から融資が少しずつ厳しくなって来ています。それでも銀行は融資をしなければ利益をあげられないので、融資そのものは出し続けると思います。

ただ、こうやって融資が閉まってくるといつもそうですが、優良な個人・法人と、そうでない個人・法人への対応差が大きく変わってくると思います。

以前からも何度もコラムでも書いていますが、収益性が悪かったり、返済比率が高い個人・会社は、購入し続けて物件の償却を取り続けないと納税額の増大により財務が悪化します。

そのような運営をしているところはかなり運営が厳しくなるのではないと思います。最近は入居率の低下や家賃の低下なども顕在化してきていて、さらに財務を悪化させる原因になってきています。

やはり、金利が安い時やキャッシュフローが潤沢な時に、ただ単に購入するのではなく、内部留保を厚くするような方向に資金を運用して行くことが長く利益をあげ続ける方法だと思います。この分野に裏技はありません。

また、不正に対するチェックも今後は厳しくなってくると思います。融資を受けやすくするためのテクニックは色々ありますが、銀行を欺くようなものは、テクニックでも何でもなく、下手をすると詐欺行為です。

そんなことより仕訳を見直し決算書の内容をを良くするとか、合法的節税手段で内部留保を大きくするとかいくらでも方法はあります。最終的には、王道的なやり方がかならず成果を上げられる方法だと思います。

■ 不動産に関する目標と事業継承

次にそんな中で、私が今年はどういう目標をもって進めていくかをお話ししたいと思います。まずは不動産関係についてです。

一つ目は、現在手掛けている新築二棟をきちんと完成させることです。

一昨年から仕込んでいた土地ですが、リノベーションで運用するか新築するか検討していましたが、新築を選択し現在進めています。また、それ以外にも首都圏で新築をやりたいと思います。

二つ目は、札幌で物件を購入し、第二の事業拠点とすることです。

札幌は私にとっては第二の故郷であり、パワースポットです。私は都会より大自然の中の方が好きですので、今後の人生においても第二拠点として生活できるように、物件購入・法人設立等を進めて行きたいと思います。

三つめは、海外不動産事業の見極めです。

海外投資はハワイ ホノルルとタイのバンコクで行っていますが、ハワイに関しては所有コンドミニアムに関して民泊に対する風当たりが強くなってきています。万が一にも禁止された場合に備えて、その後どういう手段をとるかの戦略をはっきり決めます。

バンコクに関しては、所有物件は満室経営ができていますが、予定通りBTS( 都市型モノレール )も開通し、新駅も稼働し始めましたので、売却を視野にいれて活動したいと思います。

最後に、今年から事業継承を進めていくことを決意しました。

昨年末に友人が突然亡くなり、その後の事業継承についてものすごく考えさせられました。今は、彼の息子さんたちにできることをやろうと、仲間たちと様々なことを調べています。

私もこの手の方は典型的にダメなタイプで、自分でやった方が手っ取り早いし確実であると思っていて、事業継承に関してはあまり進んでいません。今年はとにかく任せてやらせてみるということを強く意識して進めていきたいと思います。

それ以外には、世界各地・日本各地にどんどん出かけて行きたいです。いろいろな文化や人々と交流するはとても楽しいし、人生が豊かになります。せっかくの人生なので、好きなことをして幸せを感じる人生を送りたいです。

子供の頃から貧乏だったので、今はもう十分贅沢しすぎていると思っています。経済的な裕福さを貪欲に追求するより、今を周りの仲間たちとともに幸せに過ごしていけることを目指したいと思います。

本年もよろしくお願いいたします。

健美家サイト会員登録で最新コラムやニュースをチェック!

健美家不動産投資コラム

プロフィール

■ 赤井誠さん

赤井誠
赤井誠さんのブログ

196X年 横浜生まれ
13棟97室の大家

■ 経歴

北海道大学大学院卒業後、某電機メーカーに就職。2013年に退社し専業大家となる。

不動産投資セミナーの講師等でも活躍。

知識ゼロからはじめて13棟97室。年間家賃収入は約1億800万円(2018年1月時点)

何事にも全力でチャレンジし、現在はアパマン経営に驀進中!

■ 所有物件一覧

□2005年
福岡市アパート 
1DK×10戸
2008年売却済み

□2006年
仙台市アパート 利回り17%
1K+ロフト×10戸
2012年売却済み

横浜市マンション 利回り11%
1K×23戸
2014年売却済み

□2008年
横浜市アパート 新築 利回り11%
1K+ロフト×6戸

横浜市アパート 新築 利回り11%
1K+ロフト×8戸

□2009年
横浜市戸建て 利回り15%
4SLDK+サンルーム

□2010年
横浜市アパート新築  利回り13%
1K×8戸

□2010年
横浜市アパート 利回り20%
1K×4戸

□2011年
横浜市マンション 利回り15%
1K×10戸,1LDK×1戸

□2011年
横浜市マンション 利回り15%
店舗,1LDK

□2012年
杉並区区分マンション 利回り16%
2015年売却済み

□2012年
柏市アパート 利回り20%
1K+ロフト×10戸
2013年売却済み

□2013年
藤沢市パーキング 利回り25%
30台
2016年売却済み

□2014年
横浜市テラスハウス 利回り13%
1LDK x 2

□2015年
横浜市アパート 利回り9%
2DK x 8戸

□2016年
横浜市マンション 利回り11%
2DK x 4戸+ 7LDK シェアハウス

□2017年
横浜市アパート 利回り14%
2DK x 4戸

□2018年
横浜市アパート新築 利回り9.6%
1LDK+ロフト x 2戸

□2018年
横浜市アパート新築中 利回り9.6%
1LDK+ロフト,店舗

□2018年
横浜市アパート新築中 利回り7.6%
1K x 15戸

さらに詳しいプロフィール
幼少期から現在までほか


■ 赤井さんの本

赤井誠
ゼロからの不動産投資(すばる舎)

赤井さん2冊目
本気ではじめる不動産投資(すばる舎)

ページの
トップへ