• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

6,671アクセス

固定観念が自分の視野を狭くするー変わる時代の中で住居はどう変わるのか-

赤井誠さん_画像 第173話

こんにちは、赤井です。1カ月間のヨーロッパツアーから帰国し、毎日、たまった仕事をこなしながら多忙な日々を送っています。

新築していた二棟も無事完成し、来週には引渡しとなります。ただ、空室に関しては、新たな退去も重なり、色々対応しましたが満室にすることができず、苦戦している日々です。

今は空室対策に対して、従来とは違うアプローチをとれないかということを考えています。そのため本日は、自分の中にはびこっている固定概念についてお話ししたいと思います。

■ 30年で大きく変わった日本の環境

私は現在、札幌に移住することを真剣に考えています。実は、学生時代に札幌に住んでいた私は、このまま北海道で起業しようか、東京に戻ってサラリーマンをやるか真剣に悩んでいた時期がありました。

そして、ある吹雪の晩、駅からたった徒歩5分の家に着いて、全身を見ると雪で真っ白でした。当時、住んでいたのは断熱材もない木造アパート。もちろん誰も待っていない一人暮らしです。

室内はほぼ0度、真っ暗な部屋で凍える手でストーブをつけ、身体がまともに動くようになるまで火にあたりながら、呆然としていました。その時、心の糸が切れました。

「 もう無理。ここには住めない 」。



それから、東京の会社に就職し35年。時代も大きく代わり、黒電話の時代から携帯電話・インターネットが当たり前になり、航空会社も増え、LCCなどによりものすごく安く世界中に出かけられるようになりました。

当時の憧れのスーパーコンピューターCRAY−1が80MFlops、最新のiphoneで1TFlops程度と言われています。もう私が学生時代のスーパーコンピューターの10,000倍くらいのコンピューターがポケットの中に入っています。

国際電話も3分で1,000円くらいしていたものが、ネットでテレビ電話をしても0円という時代になりました。

私はこのような時代を生きてきましたが、今の20代の人であれば、最初から無料で世界中の人とテレビ電話で話すのは当たり前、数万円で世界中どこにでも行けるようになっています。

そんな激変している環境の中で、会社に朝から満員電車で出社し、夜遅く帰ってくる。夢のマイホームを莫大な借金で買って、ローン返済生活をするというのはほとんど変わっていません。

なぜなのでしょうか。社会がそのようにできているから、仕方がないのでしょうか。

世界中にはこのネット環境を利用して、ちょっとしたスペースで世界中とビジネスをしている人がいます。また、ワールドワイドで様々なところに出かけながら、ネットで仕事している人もいます。

お店で物を買わずにネットでしか買わないという人も多いです。私もほとんどネットでしか買い物しません。お店なんか出さなくても、e-bayやAmazonなどを使えば個人で世界中に物を売ることができます。



■ 仕事と住居を切り離せないという時代は過去の物

我々大家は、住居を提供するという仕事に携わっています。でも、これだけ世の中が変わった今、住居という形態はこれからもこのままなのでしょうか。

昔は固定の場所で仕事をして、家なども終の住処などと考えて、仕事と住居は切り離せないという考えだったと思います。しかしながら、今の時代、そんな考え方はもう古くないですか。

このような固定観念に囚われるのでなく、もっと柔軟に考えなくてはならないのではないでしょうか。

札幌は冬は辛いけど、夏は最高!
沖縄は台風の季節は辛いけど、冬は暖かくて最高!
ハワイはグリーンカードは取るの大変だけど、日本人なら一回の渡航で最大90日まで観光ビザで滞在可能!

私は暑すぎるのも寒すぎるのもつらいので、一年中、暖かい環境で過ごしたいと思っています。逆に、スキーが好きな方なら夏は南半球・冬は北半球というのもいいですね。

好きな季節に好きな場所へ移動しながら暮らすこともできる時代です。仕事とセットで住居を考えるのではなく、それぞれ好きなように住めばいい時代も、すぐのような気がします。

今までもタイムシェアというリゾートホテルの方式はありましたが、住宅もこれからはすべてタイムシェアでもいいのかもしれません。クルマもだんだんそういう方が増えてきていますね。



■ 固定観念を捨てて、新しい住居のあり方を考えよう

私は以前から、日本中の大家間で部屋を共有して、行きたい時期に行きたい場所に住むことができるような仕組みをつくれれば、もっと色々なところに簡単に行けると思っていました。

今は、部屋の空いている時は民泊運用するという考えもできます。世界中の人が手軽に色々なところに出かけて、仕事をしながら暮らすという時代も当たり前になるかもしれません。

なんせ、たった30年くらいで、コンピューターや通信の世界は劇的に変わっているのですから。

前回のコラムでも書きましたが、こういう生活がしたい人は、できる方法を探せば必ずできます。最大の障害は「 固定観念に囚われた自分の頭 」です。

自分の頭から従来の固定観念を取り除いて、新しい住居のあり方を考えていきませんか。

単なる空室対策と言う対処療法ではなくて、抜本的な住まいの利用方法を考えたいと最近はいろいろ妄想しています。いいアイデアがあったら是非、ご連絡ください。一緒に議論しましょう。

健美家サイト会員登録で最新コラムやニュースをチェック!

健美家不動産投資コラム

プロフィール

■ 赤井誠さん

赤井誠
赤井誠さんのブログ

196X年 横浜生まれ
13棟97室の大家

■ 経歴

北海道大学大学院卒業後、某電機メーカーに就職。2013年に退社し専業大家となる。

不動産投資セミナーの講師等でも活躍。

知識ゼロからはじめて13棟97室。年間家賃収入は約1億800万円(2018年1月時点)

何事にも全力でチャレンジし、現在はアパマン経営に驀進中!

■ 所有物件一覧

□2005年
福岡市アパート 
1DK×10戸
2008年売却済み

□2006年
仙台市アパート 利回り17%
1K+ロフト×10戸
2012年売却済み

横浜市マンション 利回り11%
1K×23戸
2014年売却済み

□2008年
横浜市アパート 新築 利回り11%
1K+ロフト×6戸

横浜市アパート 新築 利回り11%
1K+ロフト×8戸

□2009年
横浜市戸建て 利回り15%
4SLDK+サンルーム

□2010年
横浜市アパート新築  利回り13%
1K×8戸

□2010年
横浜市アパート 利回り20%
1K×4戸

□2011年
横浜市マンション 利回り15%
1K×10戸,1LDK×1戸

□2011年
横浜市マンション 利回り15%
店舗,1LDK

□2012年
杉並区区分マンション 利回り16%
2015年売却済み

□2012年
柏市アパート 利回り20%
1K+ロフト×10戸
2013年売却済み

□2013年
藤沢市パーキング 利回り25%
30台
2016年売却済み

□2014年
横浜市テラスハウス 利回り13%
1LDK x 2

□2015年
横浜市アパート 利回り9%
2DK x 8戸

□2016年
横浜市マンション 利回り11%
2DK x 4戸+ 7LDK シェアハウス

□2017年
横浜市アパート 利回り14%
2DK x 4戸

□2018年
横浜市アパート新築 利回り9.6%
1LDK+ロフト x 2戸

□2018年
横浜市アパート新築中 利回り9.6%
1LDK+ロフト,店舗

□2018年
横浜市アパート新築中 利回り7.6%
1K x 15戸

さらに詳しいプロフィール
幼少期から現在までほか


■ 赤井さんの本

赤井誠
ゼロからの不動産投資(すばる舎)

赤井さん2冊目
本気ではじめる不動産投資(すばる舎)

ページの
トップへ