• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

7,198アクセス

今年の不動産市況と「セミリタイアと人生の時間の使い方」について

赤井誠さん_画像 第179話

平成最後の年がはじまりました。今年は、多くの不動産会社も1/4から稼働しているようで、新年早々2部屋と駐車場にお申し込みをいただきました。

また、昨年売買契約を結んだ札幌の物件も、1/7に無事決済が済み、私の所有物となりました。今年もいい感じにロケットスタートを切ることができました。昨年も良い年だったと思いますが、さらに良い年になるように日々努力を積み重ねていきたいと思います。

今日は今年最初のコラムになります。まずは今年の不動産市況の予測と自分の計画をお話ししたいと思います。


申し込みの入った新築の部屋の写真

■ 今年の不動産市況について思うこと

一昨年に発生したかぼちゃの馬車に関するスルガ銀行問題やTATERUの問題など、不動産業界にはびこっていた不正の数々が公になるにつれて、銀行融資は相当しまってきています。

特に、始めたばかりの方やこれから始めるサラリーマン投資家に対しては厳しくなります。

スルガ銀行とのやり取りを見ていると、( 同情はするものの )、サラリーマン投資家は事業意識が低く責任感もないとみられても仕方ありません。 全員がそうではないでしょうが、銀行側からみると、ああいった対応をする可能性がある人に多額の資金を融資するのは控えめになって当然だと思います。

年末年始に都銀・信金さんとお話ししましたが、「 サラリーマンへの新規の融資に関しては、原則ださない 」とのことでした。 もうすでに不動産事業者として活動している人に関しては特に変化はないという話でしたが、昨年末から決算書の内容に関しては細かくチェックしているようです。

私も質問を受けましたが、問題ありませんでした。ただ、ある日突然、銀行から過去のエビデンスを求められることもあるので、きちんと準備しておいた方がいいですね。

もし不正が発覚して融資が受けられなくなったり、金利が上がったりすれば、破綻への道まっしぐらということもありえるでしょう。 今年はそんな「 膿出し 」がしばらく続いた後に、サラリーマン投資家向けに企画された、新築とか地方物件に関しては一段の値下がりがあると思います。

もうすでに年末には年末割引、年初には新年割引の情報が毎日のように来ますが、まだまだ高いですね。おそらく3月の期末に向けて、一段安になると思います。さらに土地や物件を抱えて乗り切れない業者もそれなりに出てくると思います。

ただ、今回、買い意欲が落ちたのは新規に参入したがっていたサラリーマン大家さんだけです。そのため、都心の一等地とか富裕層が狙うような物件に関しては買い意欲が落ちているわけではありません。そこはリーマンショックとは違うところで影響は軽微でしょう。

安く買えそうな物件は予想できるので、そのなかでも立地の良い物件を上手く手持ちのキャッシュを利用して購入したいと思います。

■ 読者さんから「 時間 」に関する質問について

健美家さんに多くの方から質問をいただいていたので、今日はその中から一つ、私の考えをお話ししたいと思います。

◇質問

サラリーマン大家です。所有物件は5棟で、月のキャッシュフローは約30万円です。小学校と保育園の子供2人が本当に可愛くて、サラリーマンの仕事を辞める決断をしました。

不動産の収入と、妻の収入があれば、贅沢はできませんが細々と暮らしていけます。子供達との時間を一緒に過ごすことに価値があるし、その時間をサラリーマンの仕事に持っていかれることがいかに馬鹿げていると気づいたのです。

赤井さんは「 時間 」についてどのように考えていますか?


ここからは私の返答です。なかなか難しい質問なのですが、「 時間 」についてですね。私は、どんな人間にでも平等に与えられているのが「 時間 」だと思います。

お金持ちも貧乏人も社長も平社員も同じだけ持っています。人生における時間は有限で人あり、残り時間は増えることはなく、減るしかありません。その減ってい行く時間を自分がどう考えどう使うかだと思います。

ただ、これには正解・不正解の解はありません。年齢や抱えているものによってその価値は変わると思うからです。

例えば、Iさんは子供たちとの時間を優先してサラリーマンを辞めたということでしたが、それによって充実した時間を得ることができるメリットがある一方で、将来への不安というデメリットもあります。

私は子供が小さい時は土日にできるだけ一緒にいましたが、平日に親と離れて子供だけで遊ぶ時間も重要だと思っていました。それに、私にとってサラリーマンの仕事は"生きがい"として重要で、子供とどちらが大事かと比較できるものではありませんでした。

私は、「 自分自身が充実していなかったら、家族も幸せにすることはできなかった 」と感じています。このあたりの考え方は各自の価値観だと思います。

私は収入より好きな仕事をすることを優先して、就職先を選びました。そのためサラリーマンが無駄な時間と思うことはなかったです。でも、そういう仕事についていなかったら、無駄な時間と感じたかもしれません。

それと、幼いころに子供と一緒に過ごすことはもちろん重要ですが、今は育休などもあるので、そちらでも良いという考えもあるでしょう。

私は、奨学金とバイトで大学を出たので、「 子供には教育費が出せない 」ということだけはしたくありませんでした。そのためなら、少しでも働いてお金を貯めておこうという選択をしていました。ただ、これは父が倒れて私がお金に苦労した反動で、気にしすぎだったのかもしれません。

不動産投資というものにもう少し早く出会っていたら、Iさんのように別の選択もあったかもしれません。ただ、こうして”たられば”を並べても仕方ないですよね。

とにかく、「 時間 」を何に使うかは、個々の判断で決めればいいと思いますが、メリットしかない選択というものはないので、デメリットもしっかりと考えて、貴重な「 時間 」を分配していくしかないですね。

今、私は多くの時間を自分の楽しみのために費やしていますが、常に子供たちに「 自分の生きざまを見せる 」ということを意識しています。決していい加減な「 時間 」の使い方をしないようにしています。

今年ももうすでに10日が経ちました。どんどん「 時間 」は経過しています。この貴重な「 時間 」を有効に使ってたった一度の人生を豊かに過ごせるようにしたいですね。

最後になりますが、今年度も皆さんのお役に立てるように自分の感じたこと考えたことをコラムでお話ししていきたいと思います。今年もどうぞ、よろしくお願いいたします。

健美家サイト会員登録で最新コラムやニュースをチェック!

健美家不動産投資コラム

プロフィール

■ 赤井誠さん

赤井誠
赤井誠さんのブログ

196X年 横浜生まれ
13棟97室の大家

■ 経歴

北海道大学大学院卒業後、某電機メーカーに就職。2013年に退社し専業大家となる。

不動産投資セミナーの講師等でも活躍。

知識ゼロからはじめて13棟97室。年間家賃収入は約1億800万円(2018年1月時点)

何事にも全力でチャレンジし、現在はアパマン経営に驀進中!

■ 所有物件一覧

□2005年
福岡市アパート 
1DK×10戸
2008年売却済み

□2006年
仙台市アパート 利回り17%
1K+ロフト×10戸
2012年売却済み

横浜市マンション 利回り11%
1K×23戸
2014年売却済み

□2008年
横浜市アパート 新築 利回り11%
1K+ロフト×6戸

横浜市アパート 新築 利回り11%
1K+ロフト×8戸

□2009年
横浜市戸建て 利回り15%
4SLDK+サンルーム

□2010年
横浜市アパート新築  利回り13%
1K×8戸

□2010年
横浜市アパート 利回り20%
1K×4戸

□2011年
横浜市マンション 利回り15%
1K×10戸,1LDK×1戸

□2011年
横浜市マンション 利回り15%
店舗,1LDK

□2012年
杉並区区分マンション 利回り16%
2015年売却済み

□2012年
柏市アパート 利回り20%
1K+ロフト×10戸
2013年売却済み

□2013年
藤沢市パーキング 利回り25%
30台
2016年売却済み

□2014年
横浜市テラスハウス 利回り13%
1LDK x 2

□2015年
横浜市アパート 利回り9%
2DK x 8戸

□2016年
横浜市マンション 利回り11%
2DK x 4戸+ 7LDK シェアハウス

□2017年
横浜市アパート 利回り14%
2DK x 4戸

□2018年
横浜市アパート新築 利回り9.6%
1LDK+ロフト x 2戸

□2018年
横浜市アパート新築中 利回り9.6%
1LDK+ロフト,店舗

□2018年
横浜市アパート新築中 利回り7.6%
1K x 15戸

さらに詳しいプロフィール
幼少期から現在までほか


■ 赤井さんの本

赤井誠
ゼロからの不動産投資(すばる舎)

赤井さん2冊目
本気ではじめる不動産投資(すばる舎)

ページの
トップへ