• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

21,796アクセス

第二話 不動産投資に向いているサラリーマン

赤井誠さん_画像 第2話

今回で2回目のコラムです。今回は、購入する前に今流行のインカムを中心にした不動産投資にどういう人が向いているかを書きたいと思います。

サラリーマンで不動産に興味を持って、物件を購入したいと思っている人はとても多いと思います。私のブログの読者さんにもとても多いです。
私も始めてから6年ほど経ち、いろいろな人から数多くの相談を受けるようになりました。その時に、この人は絶対にうまくいくなと思う人と、この人は向いていないと思うタイプの人がいます。

またその後の状況を聞くと、向いていると思った人は、着実に物件を増やしたり、リスクを減らしたりしています。一方、向いていないと思う人は、物件が思うように増やせなかったり、入居率が悪くなって苦労している話を聞くことが多いです。
もちろん、これには、勉強が足りないという側面はあるのですが、その人の根本的な考え方の差が大きいと思っています。

自分自身の考え方や行動が、不動産投資に向いているかどうかをきちんと考えてから始めることはとても大切です。購入してから向いていないと気がついても手遅れだからです。
とくに、長期のインカムを目的にした不動産の購入では、購入時はもちろん、購入してからもそれ以上に重要です。購入後に自分がどう考え行動できるかが、成功するための鍵になるのは間違いありません。


私の場合、もうずいぶん長い間サラリーマンをやっているので、それなりの数の部下がいるのですが、やはり優秀だと感じたり、期待できると感じる人とそうでない人はすぐにわかります。そこには、やはり根本的な考え方に違いがあり、これは不動産投資の世界と同様の事がいえると思っています。

優秀だと感じる人は、うまくいった時には周りの人が協力してくれて、自分は運が良かったと考えます。さらに、うまくいかなかった時には自分の努力が足りないと考える人です。一方、そうでない人はうまくいった時には自分の力であると考えて、うまくいかなかった時には周りが協力してくれなくて運が悪かったと考えるのです。

いくら言葉でごまかしても、思っていることはどうしても言葉や態度にでてしまい、その差はすぐわかります。
もちろん、運不運があるのは間違いありません。ただ、いつもついていないわけではなく、運のいいときもあれば、悪いときもある。それは、外部要因として想定内とすべきです。

ただ、サラリーマンの場合、優秀な部下もそうでない部下もそんなに給与に差がつくわけではなく、失敗したからといって、個人が借金を背負うわけでもないし、リストラされるわけでもありません。
サラリーマンはそういう意味では本当に恵まれている商売です。「 運が悪かった 」で片付けても誰かがなんとかしてくれるし、なんとかなるからです。

もちろん今は、サラリーマンにもリストラはあるし、給与も成果給もだいぶ取り入れられています。ただ、自営業に比べれば、いろいろな意味で守られていることは間違いありません。
うまくいかないときに人のせいにする人は「 不動産で一儲け 」なんて考えないで、だまってサラリーマンを続けていくべきだと思います。

それと同じ考えで不動産を購入したらどうなるか。
悪い物件を買ったのはこんなものを紹介した販売会社が悪い。
満室にならないのは、客付けをきちんとやらない管理会社が悪い。
と考えてしまうのではないでしょうか。

もちろんそう考えるのは自由ですが、人のせいにしたって、つぶれるのは自分ですよね。
借金を背負うのも自分。自分だけならまだしも、家族や両親に迷惑をかけることになったら本当にいい迷惑です。


不動産投資の世界では、誰かのせいにしても自分が困るだけであり、誰かが代わりにやってくれるわけではない。自分がもっと自分の責任をきちんと感じて行動しないと、自分が困ることになります。
少なくとも高額の借金をして不動産の世界に入るのであれば、すべての事は自分自身で判断し、決めてください。

多くの人の意見を聞くことはとても重要です。ただ、人の意見に左右されているうちは、万が一のときに人のせいにしてしまいます。
失敗はすべて自分の責任です。成功は多くの人の協力により成立します。

私も自分は向いている側にいるはずと信じて頑張っていますが、傍目からはどう見えているかはわかりません。
これからも自分を信じて続けていくしかないと思っています。

健美家サイト会員登録で最新コラムやニュースをチェック!

健美家不動産投資コラム

プロフィール

■ 赤井誠さん

赤井誠
赤井誠さんのブログ

196X年 横浜生まれ
13棟97室の大家

■ 経歴

北海道大学大学院卒業後、某電機メーカーに就職。2013年に退社し専業大家となる。

不動産投資セミナーの講師等でも活躍。

知識ゼロからはじめて13棟97室。年間家賃収入は約1億800万円(2018年1月時点)

何事にも全力でチャレンジし、現在はアパマン経営に驀進中!

■ 所有物件一覧

□2005年
福岡市アパート 
1DK×10戸
2008年売却済み

□2006年
仙台市アパート 利回り17%
1K+ロフト×10戸
2012年売却済み

横浜市マンション 利回り11%
1K×23戸
2014年売却済み

□2008年
横浜市アパート 新築 利回り11%
1K+ロフト×6戸

横浜市アパート 新築 利回り11%
1K+ロフト×8戸

□2009年
横浜市戸建て 利回り15%
4SLDK+サンルーム

□2010年
横浜市アパート新築  利回り13%
1K×8戸

□2010年
横浜市アパート 利回り20%
1K×4戸

□2011年
横浜市マンション 利回り15%
1K×10戸,1LDK×1戸

□2011年
横浜市マンション 利回り15%
店舗,1LDK

□2012年
杉並区区分マンション 利回り16%
2015年売却済み

□2012年
柏市アパート 利回り20%
1K+ロフト×10戸
2013年売却済み

□2013年
藤沢市パーキング 利回り25%
30台
2016年売却済み

□2014年
横浜市テラスハウス 利回り13%
1LDK x 2

□2015年
横浜市アパート 利回り9%
2DK x 8戸

□2016年
横浜市マンション 利回り11%
2DK x 4戸+ 7LDK シェアハウス

□2017年
横浜市アパート 利回り14%
2DK x 4戸

□2018年
横浜市アパート新築 利回り9.6%
1LDK+ロフト x 2戸

□2018年
横浜市アパート新築中 利回り9.6%
1LDK+ロフト,店舗

□2018年
横浜市アパート新築中 利回り7.6%
1K x 15戸

さらに詳しいプロフィール
幼少期から現在までほか


■ 赤井さんの本

赤井誠
ゼロからの不動産投資(すばる舎)

赤井さん2冊目
本気ではじめる不動産投資(すばる舎)

ページの
トップへ