• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

14,116アクセス

シェアハウスの経費削減の戦い!!

赤井誠さん_画像 第87話

こんにちは赤井誠です。今週、無事に私の新刊 <めざせ! 満室経営 本気ではじめる不動産投資>が発売されました。アマゾンと楽天ブックスの不動産部門で1位も取れてほっとしています。



本当に多くの方に購入していただき、ありがとうございます。紙面を借りて御礼を申し上げます。これからも是非、売れ続けて増刷になってくれることを願っています。

今日は、本でも少し触れていますが、細かい経費削減のお話をしたいと思います。私はサラリーマン時代に徹底した経費削減を経験していますので、これは非常に重要なことだと思っています

さて、昨年の今頃、シェアハウスを始めてからそろそろ1年になります。当初は出入りも多くて、なかなか安定しなかったのですが、だんだん、このシェアハウスを気に入っている方が残ってくれて、最近はずっと安定して満室になっています。

表面利回りは32%。ものすごい収益です。この満室パワーは本当にすごいです。

しかし、毎月悩ましいのが、光熱費です。だいたい今のシェアハウスの個室での光熱費の相場は1万円。これ以上はなかなかいただくことができません。私のシェアハウスは6部屋ですので、合計で6万円。これで、すべての光熱費をまかなう必要があります。

消耗品やらインターネットなどで月6,000円以上はかかりますので、光熱費としては5.4万円。ちなみに我が家は一軒家ですが、昼間はそれほど家にいないので、電気・ガス・水道、合わせても月2−3万程度しかかかりません。

シェアハウスでも無駄なく生活すればそれほどかからないかと思うのですが、うちは個室タイプのシェアハウスですので、自分の部屋にこもっている時間も長く、それなりにかかってしまうかもという懸念はしていました。

結局、ここ一年間の平均は次のようになりました。

○ 電気 平均34,000円 最大51,000円
○ ガス 平均21,000円 最大35,000円
○ 水道 平均15,000円 最大17,000円


電気・ガス・水道・インターネットなどを足すと平均76,000円。月1.6万円の赤字になります。

うちの物件は女性専用ですが、サービスを良くするために、洗濯機などは無料ですし、お風呂も入れます。もちろん、各部屋にはテレビもエアコンもついていますし、冷蔵庫などはトラブル防止のため、各部屋に一台ずつ置いて共有部には置かない仕様にしました。



そんなこともあり、当初から光熱費を気にはしていたのですが、やはり、この部分はかなりの赤字になります。特に、冬場はエアコン暖房による電気代とお風呂によるガス代がかさみました。

シェアハウスの先輩たちからは、光熱費を一括式にするとどうしても入居者が使いすぎる傾向があるということはお聞きしていましたが、やはり現実になるとちょっとショックです。

シェアハウスに行くと、昼間でも玄関の電気はつけっぱなしだったり、換気扇が回しっぱなしになっていることも良くあります。共有部の電灯はすべてLED化していますがやはり気になります。

さらに、外出している部屋のエアコンもついているときがあります。この辺はホテル感覚になってしまうこともあるとは思いますが、もう少し何とかしないといけません。そこで今回、いろいろ対策をしてきました。

まずは、つけっぱなしが多いところに明るさセンサーと人感センサーの設置。



さらに、節水型のシャワーヘッドへの交換。構造に工夫があって吐水だけで40%も削減になって、さらに止水ボタンもあるので、水道とガスの両方が削減できるらしいです。



さらに、トイレの節水。家庭での生活水で、水道局の調べではトイレの水使用が3割を占めているらしいので、ボールタップを節水タイプのものに交換しました。



とりあえず、まずは変更できるものは変更して、ランニングコストがどの程度変わるか調べていきたいと思います。

あとはお金がかかりますが、最新型のエアコンに変えるなども検討していく予定です。この結果は、また半年後にでもご報告したいと思います。
こういう細かい経費削減はボディーブローのように効いてきますから、小さいことから積み上げていきたいと思います。

ただ、やっぱり入居者の意識が高まって節電・節水に協力してもらえるような仲になるのが一番効果があるかもしれません。

毎回、旅行に出かけると旅先でお土産などを買ってきて、皆さんに配ったりしながら、シェアハウスを好きになってもらう努力もやっていますので、絶対に効果がでてくると信じて今後もやっていきたいと思います。


健美家サイト会員登録で最新コラムやニュースをチェック!

健美家不動産投資コラム

プロフィール

■ 赤井誠さん

赤井誠
赤井誠さんのブログ

196X年 横浜生まれ
13棟97室の大家

■ 経歴

北海道大学大学院卒業後、某電機メーカーに就職。2013年に退社し専業大家となる。

不動産投資セミナーの講師等でも活躍。

知識ゼロからはじめて13棟97室。年間家賃収入は約1億800万円(2018年1月時点)

何事にも全力でチャレンジし、現在はアパマン経営に驀進中!

■ 所有物件一覧

□2005年
福岡市アパート 
1DK×10戸
2008年売却済み

□2006年
仙台市アパート 利回り17%
1K+ロフト×10戸
2012年売却済み

横浜市マンション 利回り11%
1K×23戸
2014年売却済み

□2008年
横浜市アパート 新築 利回り11%
1K+ロフト×6戸

横浜市アパート 新築 利回り11%
1K+ロフト×8戸

□2009年
横浜市戸建て 利回り15%
4SLDK+サンルーム

□2010年
横浜市アパート新築  利回り13%
1K×8戸

□2010年
横浜市アパート 利回り20%
1K×4戸

□2011年
横浜市マンション 利回り15%
1K×10戸,1LDK×1戸

□2011年
横浜市マンション 利回り15%
店舗,1LDK

□2012年
杉並区区分マンション 利回り16%
2015年売却済み

□2012年
柏市アパート 利回り20%
1K+ロフト×10戸
2013年売却済み

□2013年
藤沢市パーキング 利回り25%
30台
2016年売却済み

□2014年
横浜市テラスハウス 利回り13%
1LDK x 2

□2015年
横浜市アパート 利回り9%
2DK x 8戸

□2016年
横浜市マンション 利回り11%
2DK x 4戸+ 7LDK シェアハウス

□2017年
横浜市アパート 利回り14%
2DK x 4戸

□2018年
横浜市アパート新築 利回り9.6%
1LDK+ロフト x 2戸

□2018年
横浜市アパート新築中 利回り9.6%
1LDK+ロフト,店舗

□2018年
横浜市アパート新築中 利回り7.6%
1K x 15戸

さらに詳しいプロフィール
幼少期から現在までほか


■ 赤井さんの本

赤井誠
ゼロからの不動産投資(すばる舎)

赤井さん2冊目
本気ではじめる不動産投資(すばる舎)

ページの
トップへ