• 完全無料の健美家の売却査定で、できるだけ速く・高く売却

×

  • 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集

3,300坪の土地を購入した方法。開店前から不動産会社の前に並ぶ。レクサスのボンネットの上で買い付け。天才CMプランナー・岡康道氏の訃報。

加藤ひろゆきさん_画像 加藤ひろゆきさん 第304話 著者のプロフィールを見る

2021/8/26 掲載

五月の3,500坪に続き、先週、3,300坪の土地を購入した。
間口135m×奥行80mのほぼ長方形。
芥川龍之介先生の「 杜子春 」が、仙人になれず、最後に仙人からもらった、緩い南向きの斜面だ。



この物件、どうやって発見したか?
土曜日の朝の四時頃、尿意で目が覚め、二度寝できなくなった。
玄関フードでタバコを吸いながら、工作員の陸軍トラック野郎様から受信した、毎月2万円で賃貸中の80万円の土地を、購入検討していた。

遠いし、ロットが小さいなと思っていたら、見ていたサイトで「 あなたにオススメの物件 」として、3,300坪の土地を紹介された。
長方形の広い土地で、間口が広い。
何よりも売値が安い。

3,500坪の土地を購入したばかりで、どうしようかと思ったが、頑張れば現金で買える。
こうなると、ワタクシの脳ミソは、どうしたら買えるか、しか考えない。

土曜日は10時からパピちゃんの塾だ。
朝、9時に出発して、9:30に塾の前で降ろし、9:45に不動産会社の玄関の前に行く。
その間、クルマの中から、何度も電話を発信したが、営業が10時からなので、つながらない。
ビルの玄関も施錠されている。

10時ピッタリに電話がつながる。
物件購入希望の旨を告げると、ビルの四階のオフィスから、休日当番の女性が出てきた。

☆仲介担当の女性

休日は入居ビルの制度で、オフィスの中に入れない。
効率のよくないビルだ。
そこで、玄関先から、休日当番女性が、この土地の売買担当者につないでくれた。

すでに何人か土地を見に来ていて、購入を検討している人が一人いるとのこと。
この日は16時から中古車販売業者と、更地の契約が入っていたので、月曜日に現地で待ち合わせることにした。
ただし、ひょっとすると本日の夕方に、現地に行けるかもしれないとも伝えた。

☆中古車販売業者アポ前倒し

16時アポの業者は、普段は大型車に乗っており、これまでに副業で中古車を50台ほど売却したそうだ。
ビジネスが軌道に乗ったので、そろそろ、在庫を置く土地が必要になった。

ワタクシの所有する100坪の土地のうち、半分の50坪を貸すことになった。
更地をそのまま貸し、月3万円だ。
ビジネスが軌道に乗れば、残り半分も借りたいといふ。

時間を変更できないかと何度もメールを打つが、連絡が取れない。
13頃にようやく返信アリ。
16時のアポを15時に変更。
パピちゃんを後部座席に乗せたまま、30分位で契約は終了。
これで、太陽が沈む前に土地を見られる。

出発の準備をしていると、直前で年老いた母が、「 ワシも行く 」といい出す。
一緒に行くと必ず反対されるので嫌だったが、仕方がないので、後部座席に年老いた母も乗せ、目的地まで走る。



☆土地にたどり着く

現場に到着。
陽当たりもよく、間口が広い。
いい土地だ。

しばらくすると、仲介業者の美人担当者が、売主の中年男性と、その母親を連れてやってきた。
現場で一時間以上話し込む。
売却理由は、農業の廃業。
但し、農地転用してからの売却になる。

数日前に見た人は、大変気に入っていて、数日考えてから買い付けを入れるとのこと。
年老いた母には、絶対に買うなと、釘を刺されたが、
「 わかった、わかった、大丈夫だ 」
といい、母から見えないように、高級中古車レクサスのボンネットの上で、買い付けを入れた。

売却希望価格から、20万円引きの金額を買付用紙に記入。
いつも財布に入れている三文判で捺印。
特約事項として、「 農地転用できない場合は買えない 」と付け加えた。
この物件を現地で見た時に、すでに購入を決断していた。

☆三日後に着信アリ

三日後に担当者から着信アリ。
ひとつだけ条件があるといふ。
20万円引きは無理。
10万円引きならOKだといふ。
その場で合意し、マネー成立( by吉田B作 )。

「 加藤さん、あの日、その場で買い付けを入れて、本当によかった。実は加藤さんの前に土地を見ていた人が、翌日に、やっぱり買いたいといってきたのです 」。

ギリギリのタイミングだった。



☆農地転用

買い付けを入れたのが六月下旬。
売却が決まってから、農地転用の手続きをするといふ。
この時点で決済は八月下旬といわれていた。

ラジオや健美家随筆で発表したくてウズウズしていたが、決済前に発表すると、ロクなことがナイ。
「 話す=離す 」といふ説もアル。
決定するまで我慢した。

八月上旬、農地転用完了。
農業委員会が現場を見に来て、面接もあるそうだ。
八月中旬、決済。
3,300坪の土地の所有者になれた。

☆正しいチップの渡し方

この時、担当者に謝礼を渡そうと考えた。
しかし、決済には仲介会社の人、司法書士が来るので、タイミングを計るのが難しい。

そこで、封筒に「 感謝の手紙 」と書き、一万円札を入れて、
「 大事なお手紙が入っています。ひとりの時に読んでクダサイ 」
と、みんなの前で手渡した。

契約が終わり、司法書士のクルマで、銀行に行き、振り込み。
ワタクシのクルマを仲介会社の近くの駐車場に取りに戻る前に、担当者に挨拶に行った。

社内に入り、宅建主任者と担当者に挨拶。
担当者がエレベーター前まで送ってくれた。
乗り込む直前に、
「 ステキなお手紙、読ませていただきました。ワタクシ、あんなステキなお手紙いただくのは、初めてです。嬉しいです 」
と、感謝感激していた。



☆物件を購入できた理由

・早朝に発見し、不動産会社に特攻
・賃貸契約を前倒しし、夕方現場
・一時間くらい土地を見て、その場で買付
・現場である程度、売主親子と話せた
・美人担当者がその日、売主と一緒にいた
・購入を優先し、賃貸は後で考える

いい物件は皆ほしがるので、決断はできるだけ早くする。

☆天才CMプランナー・岡康道氏の訃報

元・電通社員、タグボート社長の、天才CMプランナー・岡康道氏の死を、最近知った。
昨年の7月31日に病気で亡くなっていた。

享年63歳。
まだ若い。
大柄で、健康的だった天才の死を知った時、しばらくクルマの中で動けなくなった。

岡さんとの出会いは、1986年頃、岡さんが台本を書いたCMに、主演させていただいたのがきっかけだ。
岡さん29歳、ワタクシ21歳の頃だ。
とてもよくしていただき、国立の岡さんの一軒家にも泊めてもらった。
翌日、当時築地にあった電通本社に、一緒に出社した。

電通で年収二千万円。
独立後の年収は、一億五千万円。
「 それも、10年続いているよ、カトー 」
とニヤリと笑っていた。
脳ミソから産まれる、究極の利回りだ。

ハリウッドで夢破れて帰国し、うだつの上がらない人生を送っていた時は、恥ずかしくて連絡できなかった。
不動産で再生し、本を数冊書いた頃、勇気を振り絞ってタグボートに送った。

数日後、岡康道氏本人から着信アリ。
東京で数回会った。
ワタクシの血糖値が高い事を報告すると、「 カトーもオトナになったね 」と、ニヤリと笑う。
お洒落な表現だった。

再会できて、本当によかった。
いつでも会えると思っていた人でも、急に亡くなることがある。
読者の皆様も、会いたいと思っている人に、積極的に会いにいこう。

岡康道氏の出身地は佐賀。
「 大空のサムライ 」坂井三郎先生も佐賀。
不思議なご縁を感じる。

岡康道氏のご冥福を祈る。



CASHFLOW101
https://note.com/cashflow101/
https://voicy.jp/channel/856

8/26/2021

アクセスランキング

  • 今日
  • 週間
  • 月間

プロフィール

■ 加藤ひろゆきさん

加藤ひろゆきさん

加藤さんの楽天ブログ


■ 主な経歴

大家・作家・随筆家。

ムービー・スターを夢見て、ハリウッドで200本のオーディションを受ける。マドンナやジャネット・ジャクソンのミュージック・ビデオ。ホンダやコカ・コーラのCMなどに出演していた。
米国スクリーン・アクターズ・ギルド(俳優協会)のメンバー。
渡米後六年間、頑張ってみたが、LA時代の後半は、芸能の仕事も激減、財務がタイトになり、ホームレスになる直前だった。乗っていたキャディラックを売却して、航空券を購入。残った200ドルを握り締めて玉砕寸前で帰国。

その後、つとめ人として再生を試みるが、アメリカナイズされた大和魂の受け皿はなく、挫折。うだつの上がらない人生から脱却するためには、不動産が必要だと感じた。安い中古車に乗って資金を貯め、大家業を目指し、激安アパート経営で再生。

現在の所有物件は、戸建8棟、アパート2棟、商業ビル1棟、貸店舗3棟、貸駐車場2区画、更地5区画。

CASHFLOW101のハンドル・ネームで、楽天ブログ(随筆)を、ほぼ毎日執筆中。
現在は北海道に住み、生きながら解放されることを目指している。晴れた日には土地の開拓、あるいは、マシンの走行実験を実施。雨の日には随筆を綴っている。


■ 主な著書


□メールアドレス
cashflow101ss(at)yahoo.co.jp

□楽天ブログ
https://plaza.rakuten.co.jp/investor101/

□HP
http://cf101.chu.jp/

ページの
トップへ