• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

14,983アクセス

北海道の貸家状況。家を建てる必要がナイ人。

加藤ひろゆきさん_画像 加藤ひろゆきさん 第92話

2012/6/27 掲載

北海道は土地が安く、
建築費も工夫をすれば安く仕上がる。
当然、家を建てる人も多い。
そんな地域で貸家の需要があるのか?
と聞かれる。

ワタクシからの答え。
需要は、ある。

世の中には、財力は十分でも、
家を建てる必要のナイ世帯もアル。
例えば、転勤族。
ご夫婦とも出身が道外で、
その間、会社から家賃補助が出る。
また、会社を経営していて、
家賃が経費として計上できる人もいる。

現在所有する貸家の家賃は7万〜9万円。
北海道にしては、ありがたい金額である。

アパート経営も面白いのだが、
単身者は入退去の回転率が速い。
部屋のリフォームも、
繰り返し実施していると、
初期の頃の情熱が失われて、
効率よく市場に出すことばかり
考えるようになってしまった。

札幌では、古くて狭い物件の家賃が下落している。
2006年に4.3万円で貸していたアパートは、
現在、最低家賃の人は3万円。
下落率3割だ。

その間、供給が増え、需要が減り、
景気が更に悪化したので、仕方がナイ。
しかし、あの時代に長期ローンで大型物件を購入した人は、ローンの支払いが大変だと思う。
場所によっては入居率も激減している。

個人的な感想だが、
現在は田舎の入居率の悪いアパートが安いと思う。
...

この記事は会員限定です。
会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

健美家会員のメリット

  1. 会員限定物件や非公開物件情報が見れる
  2. 最新のコラムニュース情報がメールで受け取れる

プロフィール

■ 加藤ひろゆきさん

加藤ひろゆきさん
加藤さんのブログ

大家・作家・随筆家。

ムービー・スターを夢見て、ハリウッドで200本のオーディションを受ける。マドンナやジャネット・ジャクソンのミュージック・ビデオ。ホンダやコカ・コーラのCMなどに出演していた。
米国スクリーン・アクターズ・ギルド(俳優協会)のメンバー。 渡米後六年間、頑張ってみたが、LA時代の後半は、芸能の仕事も激減、財務がタイトになり、ホームレスになる直前だった。乗っていたキャディラックを売却して、航空券を購入。残った200ドルを握り締めて玉砕寸前で帰国。

その後、つとめ人として再生を試みるが、アメリカナイズされた大和魂の受け皿はなく、挫折。うだつの上がらない人生から脱却するためには、不動産が必要だと感じた。安い中古車に乗って資金を貯め、大家業を目指し、激安アパート経営で再生。

現在の所有物件は一戸建8棟、アパート2棟、商業ビル1棟、貸店舗3棟、貸駐車場2区画、更地5区画。

CASHFLOW101のハンドル・ネームで、楽天ブログ(随筆)を、ほぼ毎日執筆中。
現在は北海道に住み、生きながら解放されることを目指している。晴れた日には土地の開拓、あるいは、マシンの走行実験を実施。雨の日には随筆を綴っている。

著書に

・メールアドレス
cashflow101ss(at)yahoo.co.jp
・楽天ブログ
http://plaza.rakuten.co.jp/investor101/
・HP
http://cf101.chu.jp/

ページの
トップへ