• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

3,347アクセス

意識低い系ハイスペックサラリーマン投資家の登場!(第1話)

不動産投資YouTube動画/ワーママはなさん×火の玉ガールさん_画像 不動産投資YouTube動画/ワーママはなさん×火の玉ガールさん

2020/9/1 掲載


■サラリーマンで一児の母


【火の玉】
健美家動画対談シリーズ、本日のゲストはワーママはなさん。

【はな】
はなです。こんにちは。よろしくお願いします。



【火の玉】
よろしくお願いします。今日わざわざ来ていただいてありがとうございます。ワーママはなさんは私たぶん初めてお会いしたのはあれだよね。私のボロ直したときに、アフターの見学会に来てもらったのがリアルタイムには初ですよね。

【はな】
初です、たぶん。

【火の玉】
なんかね、あのとき会った印象で言うと、そんな髪長かったっけ? 私が長かったからかなあ。

【はな】
そこ?

【火の玉】
うん。なんかすごいねお嬢っぽい人来てちょっとびっくりしたのね、今日。なんかあれこんな人だったっけと思って。なんかもうちょっと、なんていうんですかね。あれは現場だったからかなあ。もっとね作業っぽいっていうかそういう感じがしたのよ。

【はな】
ここでも一応健美家さんのオフィス。南青山から頑張って来たわけですよ。

【火の玉】
そうなんだ。そういうちょっと綺麗目の格好をしてくれたんですね。

【はな】
あのときは姉さんのところに行くのもスッピンのTシャツ。

【火の玉】
だよね。休日スタイルっていうか。

【はな】
スッピンみたいな感じで。

【火の玉】
そうそう。もう家でくつろいでましたみたいな感じで。

【はな】
あれで電車乗るのはなあと思って。

【火の玉】
それで乗っても大丈夫だよ。なんてこと言うんだ。そうなんだね、なるほどなるほど。なんかね、はなさんは私ツイッターで知り合ったのかな。たぶんそうだったと思うんだけど、なんかすごいできる女じゃないですか。

【はな】
いや。

【火の玉】
すごい高年収とってらっしゃるし、サラリーマン大家さんですよね?

【はな】
そうです。サラリーマン大家です。

【火の玉】
そうそう。それで規模も結構大きいし、不動産業の。あとお子さんもいらっしゃって、あとはすごい何もかもやっていらっしゃるじゃん。しかも全部そこそこ上手に。なんかすごいなって思ってるんですけどね。

■サラリーマンであり投資家でありママである


【はな】
意識低い系なんで。



【火の玉】
意識低い系の所得じゃないと思うんだよなあ。なんかまあいろいろねえ、ちょっと面白い方だなと思って声掛けさせていただいたんで今日はいろいろお話聞いていきたいなあと思います。

【はな】
はい。ありがとうございます。よろしくお願いします。

【火の玉】
こちらこそありがとうございます。よろしくお願いします。

【火の玉】
そしたら、はなさんのお姿を見たのが初めてって方はいらっしゃるかもしれないし、ツイッターでお名前は知ってるよっていう方もいるかもしれないんですけれど、簡単に自己紹介をお願いしてもいいですか。

【はな】
はい。ツイッターでは「キラキラしてないワーママはな」ということでツイートさせていただいてるんですけど、なんかいろいろやっております。

【火の玉】
はい。とりあえず不動産投資家兼本業はサラリーマンだよね?

【はな】
そう。サラリーマンですね。

【火の玉】
はい。サラリーマン兼不動産投資家兼、ママみたいな感じですか?

【はな】
ママです。うちは顔バレNGなのでマスク、サングラスという非常に怪しい格好で登場させていただきました。

【火の玉】
いえいえ、ありがとうございます。不動産投資は始めて何年ぐらい? いつ始められたんですか?

【はな】
2014年に始めたんで丁度5年半ぐらいかな。

【火の玉】
ああ、そうだね。2014年の頭からやってるのかな?

【はな】
やってるっていうのがどういう状況かっていうのによるんですけど。

【火の玉】
買い始めた。一棟目買った日。

【はな】
2014年の9月。

【火の玉】
ああ、9月ね。じゃあ勉強を始めたのはいつごろからですか?

【はな】
1年前ぐらいですかね。

【火の玉】
なるほどね。大体そうだよね。で、今は所有物件はどのくらいお持ちですか?

【はな】
今は八棟。六棟と戸建てを2戸で37室。



【火の玉】
六棟2戸建ての37室……。すごいじゃん! めっちゃすごい規模じゃないですか。

【はな】
いやあ、なんか増えてましたね、知らない間に。

【火の玉】
家賃年収とか、良かったらキャッシュフローとか。

【はな】
2800万ぐらい家賃年収があって、キャッシュフローは大体年間1000万弱。

【火の玉】
ああ、なるほど。そしたら出してらっしゃるノートとかも拝見させてもらってるんですけれども、一応は目標達成ですか?

【はな】
そうですね。目標は達成してますね。今年達成したって感じですね。

【火の玉】
なるほど。それはおめでとうございます。

【はな】
はい。

■実はサラリーマンは辞めるつもりだった!


【火の玉】
そしたらサラリーマンはどうするんですか? 今後はどんな考えで。

【はな】
本当は辞めようと思ってたんですよ、今年。

【火の玉】
でもさあ、辞めるんだとこれじゃ足りなくない?

【はな】
そう。それで、一応の目標で辞めようかなと思ってたんですけど、なんか5年前にこの目標を達成したら辞めようっていうのがあったんですけど、達成してみたら会社が意外と働きやすくなってて。

【火の玉】
ああ、待ってる間にね。

【はな】
そうそう。やり始めたきっかけも、丁度子どもができて育休・産休で復帰して半年ぐらい経ったときにこんなん無理だあみたいな。

【火の玉】
ああ。大変だったんだ。

【はな】
そう。大変だったので思い立って会社辞めるって思ったんだけど、何もない状態にいくのもたぶん自分的には無理だったんですよ。1回辞めたいけど、何か自分で稼ぐすべを持ちたいっていうのでふらふらしてたときに、不動産っていうのがあるんだっていうのを。

【火の玉】
ああ、なるほどね。サラリーに代わる収入を得る手段として?

【はな】
そうですそうです。

【火の玉】
それは何で出会ったの?

【はな】
本です、本当に。洒落じゃないよ。

【火の玉】
なんかね、今ちょっとね失笑が聞こえたよね。

【はな】
洒落じゃないんだけど、本当に子どもを抱っこ紐に入れて休日本屋さんでふらっとしてたときに。

【火の玉】
あるよね。不動産投資コーナーみたいなね。

【はな】
そうそう。別に不動産投資をやるとか本当に何も思わずに行って、ぶらぶらしてたときに「お!」と思う本に出会ってですね。

■人生を変えてくれた本との出会い


【火の玉】
ちなみに何の本か聞いていいですか?

【はな】
今ちょっとやられてるか分からないんですけど、吉田彩乃さんの。

【火の玉】
知ってる知ってる。「OLでも1億円!」



【はな】
そうそう。

【火の玉】
ああ、持ってるよ私。すごい。超偶然だね。先に教えてよ、それ持ってきたのに、今日。まじで私あれめっちゃ読んだよ。

【はな】
私もあれでこんな世界があるっていうのを。

【火の玉】
賢いよねあれ。すごい賢いと思う。

【はな】
あの方も別に地主じゃなくて自分で1から始めた方だったので、「あれ? これ私と境遇的にそんなに変わらない人ができてる」っていうのを見て。

【火の玉】
年齢的にもね。

【はな】
そうそう。

【火の玉】
20代の後半とかそれぐらいの年代だったよね確か。

【はな】
そんな若くないですね。なんで、あれを見て、「ああ、これは」っていうのでちょっと見始めたんです。それが本当に2013年の夏ぐらいとかだったんですよ。そこでもうこれはやるしかないと思って。

【火の玉】
ああ。まあでもそうだね。あれはなんていうんですかね。ちょっと簡単に概要を説明しますと、東京のわりといい場所の区分マンションをファミリーでねヤドカリ方式なんだよね。

自分が住んだあとにそれを売却して次に移り住むっていう方式のやり方なんだけど、物件の目利きができれば比較的できるよね、誰でもね。

【はな】
そうそう。できるなあと思って。あれを見て天から降りてきたっていうんじゃないですけど。

【火の玉】
なんだ。そうだったんだ。

【はな】
姉さんも読んだ?

【火の玉】
読んだ。私あれがきっかけじゃないんだけど、読んですごく感心した。お会いしたことあるんですよ私、5分だけ。ある大家の会であの方がゲストのときがあってたまたま聞きに行ったの。

だから本を読むよりも本人のセミナーを先に聞いたのよ。「この人賢い! 美人!」と思って。で、その帰りに本屋さんで買って読んだら、「すご!!」みたいな。でも、あの本読んでる方に初めてお会いしましたよ。

【はな】
ええ!

【火の玉】
そのセミナー以外で。あれさあ、男性にはたぶんあまり受けないよね。

【はな】
受けないかもしれないですね。

【火の玉】
おそらく。爆発的に資産を何十億までしていこうとかそういう系じゃないんだよね。堅実。

【はな】
そうそう。

【火の玉】
なるほど。

【はな】
それで3.11のあとにみんなが引いた状態に買って、やっぱりそれである程度資産を増やしたって方だったのでこんな方法がっていうのは本当にそのときに目からうろこでしたね。

【火の玉】
なるほどね。それで探し始めたんですか?

【はな】
そうです。

【火の玉】
でも、買ったのは区分じゃないですよね? 最初に買われたのは。

【はな】
そうです。

【火の玉】
じゃあ、たぶんそれノートのほうにも書いてたと思うんだけど、最初に結局一棟もの買われたんですよね?



【はな】
一棟ものからでしたね。

【火の玉】
なるほど。じゃあ、最初に物件、物件っていうか本ですよね。本の手法を見たんだけど最初に一等ものを買ったってその流れ。どうしてそこを買ったかっていうのと、買ってからどうだったとかそういう話を聞いていいですか?

【はな】
はい。それで、それをきっかけにめちゃくちゃ本は読みました。特に知り合いでもやってれる方もいないし、今はもしかしたら探せるのかもしれないけど、教えてくださる方を探すっていう頭もなくて。

とにかく自分で勉強しようと思って、本をすごく読んで、あとはそれこそ健美家さんのサイトとかを見て勉強して、最初のうちはよく分からない問い合わせをたぶんしてたと思うんですね。

利回り高いものにとりあえず問い合わせをしてみるとか。それでやってたんですけど、いろいろ本を読んでいくうちに区分だとやっぱり頭打ち、自分のサラリーマン年収を不動産で稼ぎたいっていう目標があったので、

区分マンションってやっぱり自己資金でも、融資で買っても、結局は家賃がそこまで高くないし、あとは管理費・修繕積立費っていうのがあって結局手残りっていうのがすごい少ないんですよね。

まあ、もしかしたらキャピタルが出るかもしれないですけど手残りを私は重視してたので。

【火の玉】
ああ、インカムね。

【はな】
そうそう。インカムを重視してたのでちょっと区分だと気が遠くなるなと。

【火の玉】
そしたら、ちなみにねそれ始めようと思って不動産の本を読んでるということは、一応始めようっていう気持ちにはなってるわけじゃないですか。その投資に使っていい金額ってその当時はどれぐらい頭金として用意できる状態だったんですか?

【はな】
ある程度私も夫も働いていてまあ普通に稼ぎを得ていたんですけど、本当に貯金が少なくて。

【火の玉】
ええ。なんで? でも、そんな贅沢はしないでしょ?

【はな】
うん。贅沢はしないんですけど。

【火の玉】
そんなカツカツにはならないんじゃないの? 2馬力だし。

【はな】
いくらぐらいだっただろう、その当時は。

【火の玉】
投資に回せる金額。全額回せないじゃん。家族いるから。

【はな】
700〜800万ぐらい。

【火の玉】
700〜800万かあ。旦那さんには話しました?

【はな】
話しました。もう、私これやろうと思うっていうような体で。

【火の玉】
それで?

【はな】
「お、おう」みたいな。

■旦那にも本を読ませる作戦


【火の玉】
ああ、そうなんだ。でも、それいいねえ。別に反対はしないってことでしょ? 積極的に賛成ではないかもしれないけど。

【はな】
でも、わりといろいろ旦那にも読ませて、本を。本を読んで、これとりあえず読めと。とりあえずいいコラムがあったら見ろと。見せて、「おお、いいね」みたいな。

【火の玉】
いいねえって?

【はな】
そうそう。旦那のほうは、「お、おう」みたいな。でも私がこれだけやるっていうのを熱くわりと伝えたら、まあじゃあやってみようかと。

【火の玉】
それで700〜800万あった貯金っていうのは結婚してから夫婦で貯めた貯金ですか?

【はな】
お互いのも入りつつの感じでそのぐらいなら使っていいねっていうのが。

【火の玉】
でもそれいいねえ。一棟目から家族で一緒に貯めた共通の貯金に手をつけていいっていう許可が出るのがすごい羨ましい。

【はな】
あんまり何も考えてないんですよ、うちの夫もたぶん。

【火の玉】
そっかあ。いいねえ、そのおおらかな性格。

【はな】
いいのかなあ。

【火の玉】
いいよ、それすごくいい。



【はな】
だったんで、もう本当に家族で、その当時息子は生まれて本当に赤ちゃんだった。

【火の玉】
一人目?

【はな】
そうそう。なんで、車で例えば見に行くと言ったらもう3人で行く。

【火の玉】
それ育児休暇中だよね?

【はな】
あ、でもね、もう明けてました。

【火の玉】
明けてたの?

【はな】
明けてました。

【火の玉】
へえ。そしたら大変じゃん。仕事も大変だし。

【はな】
本当にだから平日も働いて、土日探してみたいな。

【火の玉】
それを子育てしながらでしょ?

【はな】
しながら。

【火の玉】
へえ、大変。しかも結構そのときって体もそんなに万全じゃなくない? 育休明けすぐって。

【はな】
だねえ。ナチュラルハイみたいになってますね。

【火の玉】
なってたと思う。

【はな】
不動産でこういうことができるっていうのを本当に知らなくて目からうろこが落ちて、すごいちょっと言い過ぎかもしれないけど人生の目標ができちゃったんですね。

【火の玉】
ああ、いいねえ。本当に頭の中がキラキラしてたわけね?

【はな】
今まで漠然と生きてたのが、「あ! これだ」と思って。

【火の玉】
ああ、なるほど。道が見えた?

【はな】
そう。しかも私が勤めてるところって一応外資系企業なんですよね。で、わりと今まで首になる先輩方をたくさん見てきたので私もそうなるなっていうのはすごい思ってて。

だから、どちらかっていうと将来が明るくなかった。暗い状態だったんですけど、これをやることによって会社なんて正直どうでもいいじゃんって。

【火の玉】
だからこっちで生きていく道ができたと?

【はな】
今から見るとすごいおおらかなんですけど。

【火の玉】
でもすごい。そういう考えいいんじゃない? まだ始めてないんだけど希望でいっぱいってことでしょ?

【はな】
そう。希望でいっぱいで。だからあのときできた。今やれっていったら……。

【火の玉】
いろいろなリスクを考えちゃうから。

【はな】
そうそう。リスクを考えちゃうから、あのときにやらないとたぶんできなかった。

【火の玉】
ああ、じゃあもう運命だね。その時期に始めるっていうね。

【はな】
吉田さんにはお会いしたこともないんですけどすごく感謝してます。



【火の玉】
本当? 読ませてくれてありがとうって?

【はな】
そうそう。本書いてくれてありがとうと思って、私に不動産っていうことを教えてくれてありがとう。



(第2話につづく)

健美家サイト会員登録で最新コラムやニュースをチェック!

プロフィール

■ ワーママはなさん

火の玉ちゃんクレジット入り

名前:はな


都内在住・40代 外資系企業で働くワーキングマザー

夫と小学生の息子と一緒に暮らしている Twitter @pinky_jp note https://note.com/wmhana

■ 経歴 大学卒業後、教育業界に就職するも会社がすぐ倒産。派遣、ダブルワークなどを経て外資系企業に転職。

育休復帰後、育児と仕事の両立に疲れ、さまよっていた時に不動産投資本と出会い、1年間勉強の末1棟目の物件を取得。

1年に1-2棟のペースで買い進め今に至る。

■ 物件取得歴
□2014年
東京都下中古S造マンション 購入(2017年売却済)
千葉県中古アパート購入
□2015年
神奈川県新築アパート購入
□2016年
神奈川県新築アパート購入
□2017年
東京23区内戸建購入
□2018年
東京都下中古アパート購入
神奈川県中古RCマンション 購入
□2019年
東京23区内戸建購入
東京23区内中古アパート購入
□2020年6月現在
家賃年収は約2800万




■ 火の玉ガール
火の玉ちゃんクレジット入り


不動産投資家
インバウンド系会社員
都内で夫と息子と3人暮らし
ブログ:不動産投資で人生が熱くなる

■ 経歴

□197×年
東京で生まれる

□2011年3月
東日本大震災後、旅行代理店の仕事が暇になったことから、FP等の資格試験の学習を開始。
資格試験の勉強を通じて不動産投資の魅力を知り、2012年4月から本格的に不動産投資について学ぶ。

□2013年1月
最初の投資物件として東京都三鷹市に中古区分物件を購入。

□2013年7月
千葉県千葉市に中古区分物件を購入(2016年12月売却済)

□2014年3月
埼玉県川越市に中古戸建てを購入(2017年12月売却済)
以後、戸建て、一棟と物件を買い増していく。

□2017年
東京都23区内に戸建て2棟購入
うち、1棟をシェアハウスに改修後、2018年現在法人社員寮として一棟貸し賃貸中

□2018年
年間キャッシュフローは約1,000万円

著書
『不動産投資で人生が熱くなる!?サラリーマン・OLの将来を豊かにする「3点倒立生活」のススメ?』(ごま書房新社)


ページの
トップへ