• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

6,718アクセス

アパート用地の活用の前提として、大衆車でよいですか? 〜大量生産はNG〜

大長伸吉さん_画像 大長伸吉さん 第16話

2008/8/20 掲載

今回は、一般的な土地活用方法の欠点と、私が建物のプランをどのように知ることが出来きたのか?ということについて、お話します。

土地を探し出した後、どのようにその土地を活用するのかはとても大事ですし、土地を探す前でも、建物プランを想定しておくことで、厳しい土地争奪戦に勝ち残ることができるはずです。

まず、一般的に図面を見る機会は、広告のチラシ ( 間取りですが ) や販売業者が提供してくれる建築図面ですね。

それは1戸建てのもの ( 多いのは2階建ての4LDK )、マンションの間取り ( 特に多いのが田の字型の3LDK )、または中古住宅の1K ( 20u程 ) の6戸などであり、どれも似たような間取りで、大手メーカーでさえも横並びですね。

まるでトヨタのカローラのように大衆向け ( 個性の少ない ) の住宅が列挙されています。

その建物に本人が住みつづける場合は良いかもしれませんが、これだけ多く同じようなものが作られていると、それを所有して賃貸に出すオーナーとしては、いずれ古くなったとき、近隣の新しい同じような建物に対して、競争力が無くなり、空室時間が増え、家賃を下げざるを得なくなることも予想され...

この記事は会員限定です。
会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

健美家会員のメリット

  1. 会員限定物件や非公開物件情報が見れる
  2. 最新のコラムニュース情報がメールで受け取れる

プロフィール

■ 大長伸吉さん

大長 伸吉さん
大長さんのブログ

「サラリーマン大家サポーターズ」
セミナー開催

1棟4室『クズ土地』アパート経営術
出版1年記念追加セミナー

〜実情に近い応用編〜
  • 日時:2010/3/6(土)10:00〜12:00
  • 会場:渋谷フォーラム8
  • 受講料:4,000円
  • 限定8名(先着)
※満員御礼となりました※
⇒ 詳細はこちら

2003年に
投資マンション1室を購入し、
不自由さを実感

2004年に
中古アパートを購入し、
空室と修繕の苦労を実感

2006年に
初めて王道型アパートを世田谷区に新築し、
ようやく落ち着いた大家を実感

2007年に
北関東にて2棟目の王道型アパートを新築後、企業を退職し、 現役大家さん・未来の大家さん ( サラリーマン ) のサポートを心がけています

2008年
東京都下で1棟竣工

サラリーマン大家サポーターズ

世田谷のアパート

北関東のアパート

東京都下のアパート

【 大長さんの著書 】

ページの
トップへ