• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

お金持ちになるルールを知っているか? 不動産投資のルールを知らず遠回りをする人たち

江古田島平八さん_画像 江古田島平八さん 第17話 著者のプロフィールを見る

2021/10/17 掲載

■ キャッシュフローゲームと不動産投資との共通点

ワシが『 富導算塾 』塾長、江古田島平八である!!

10月2日に、埼玉県飯能市にある自己所有のBBQ場でCFゲーム会とBBQ大会を行った。( 過去に水害に遭ったあのBBQ場じゃ⇒その時の話はコチラ

古くからの友人で『 貯金すらまともにできていませんがこの先ずっとお金に困らない方法を教えてください!』の著者で税理士の大河内薫君も来てくれた。参加者にはサイン本も付いてくる。

大河内薫さんの著書

夏にワシのお芝居を観に来てくれたファンの方へのお礼の企画じゃ。
参加者は16名、ワシと大河内氏を入れて18名。
お手伝いの塾生を入れて総勢20名以上のイベントは楽しかった。

キャッシュフローゲームは3つ用意した。
いざ始めてみると、一つのチームで、「 借入金( 教育ローンや車のローン )は繰り上げ返済が出来る」というルールを誰も知らず、ほとんどの人がラットレースから抜けられないという事態が発生した。

キャッシュフローゲームでは、「 支出を不労所得が上回る 」とファーストトラックに移行できる。
支出の金額が高いと、不労所得がそれを上回るまでに時間が掛かる。
繰り上げ返済をしないで支出の金額を減らせないと、違うゲームをやっているのと同じことになってしまう。

これはお金の特性を学ぶためのとても良い事例になったなと思い、ゲーム大会が終わった振り返りのタイミングで参加者にワシなりの感想をお伝えした。

  • 繰り上げ返済をしなかったチームは、繰り上げ返済できることを知らなかった。そのチームの人は全員そのルールで戦っていて、チームの中では公平なゲームだったが、別のチームに比べると結果に大きな差がついた。
  • これは不動産投資でも同じ。ルールを知っている人は上手くやるし、早く進める。しかし、やり方をわからない人はなかなか進めない。そして、なかなか進めないグループの人も、周りが同じ状況だと問題に気づけない。
  • 自分はゲームのルールを知っているのか?自分がルールを知らないなら、知っていて教えてくれる人は近くにいるのか?一緒にやる人次第でゴールまで近くなるのか遠くなるのかが変わる。
  • ゲームを正しく進めるためには、たくさんある『 ルール 』をきちんと知ることがとっても大事なんじゃ!

■ ルールを知っているか、知らないかで行動も結果も変わる

キャッシュフローゲームでは高所得の人は高支出だし、低所得の人は低支出という縛りがある。
すると、戦い方や戦略はおのずと変わって来る。

ルールを熟知していれば、返済のタイミングや現金の残し方など、効率的にゲームを進める方法はいくらでも思いつく。
『 知っているか 』『 知らないか 』で、ゲームの進め方が大きく変わるため、結果も当然、差がつく。

『 知らない人 』のまま始めて、『 分からない人 』のままゲームを終える人もいるし、『 知らない人 』から始めて『 分かる人 』になって自分の手順を反省して、次やった時には『 知っている人 』になる人もいる。
気付くまでの時間は『 センス 』で変わる。

これは、現実での不動産投資のセンスにも通じるものがあると思う。

これだけ情報ツールが発達した世の中。
書籍でも、健美家コラムでもYouTubeでもTwitterでもStand.fmでも『 知るために 』学べる場所はたくさんある。
学べる情報を出している人もたくさんいる。
自分で色々なやり方の中から、自分に合った道を選ぶことが可能じゃ。

ボロ戸建てでも、アパート一棟投資でも区分投資でも、新築でも中古でも、方法論はたくさんある。
そして、そのすべてに見えるルールと見えづらいルールが存在する。
知っている人に教えてもらえばスピードは早くなる。
時間が掛かっても良いなら、自分で探し当てることも出来ると思う。

■ 事故責任は自己責任

人生というゲームは、学校では教わらない『 お金の勉強 』を上手に出来た人が上手くいく。
ゲームの進め方は、戦略はプレイヤーの自由。
プレイする前にどれだけ準備するかが重要。

不動産投資なら、物件に課金するのか、リフォームに課金するのか、誰かに課金して教えてもらって時間を短縮するのか、自主勉強のツールに課金するのか。
バランスを考えて自分で課金額と対象を決めないといけない。

バランスが悪い課金は結果に繋がらない。
課金結果には自分で責任を持たないといけない。
『 大人 』なんだから。

『 子供 』がやっていることで『 明らかに間違っていること 』に周りが口を出すのは大事。
『 大人 』が『 自分で選択した間違い 』に周りが口を出すのは余計なお世話。

事故責任は自己責任。
責任が取れる大人は自分で責任を取らないといけない。

株でもFXでも仮想通貨でも不動産投資でも、知らない奴が負ける。
負ける『 判断 』をした当人が悪い。
そういう世界。

不動産で儲けている人や、勝っている人の陰には負けている人がいる。
安く買えた人がいれば安く売ってしまった( 高く売れなかった )人がいる。
誰かの損の上に誰かの得があるんだから、当然じゃ。

■ 教育に投資しない国、ニッポン

『 お金 』の勉強をした人が『 勝つ側 』に廻れる。
『 大人 』の失敗は、特にお金の失敗は、ピンチになっても基本的に誰も助けてくれない。
だから、自分で負けないように準備をしないといけない。

冒頭に上げた大河内薫氏の新著で、一番ワシの心を抉ったのが282ページからのあとがき。

公共政策を分析して、一番費用対効果が高いのは『 子供への教育 』と判明している。適切な教育を受けて大人になると優秀な働きをしてたくさん稼いでたくさん税金を納めると分かっている。
そんななか2018年に経済協力開発機構が公開した資料では小学校から大学までの教育機関への公的支出の割合は、資料内の34カ国中で日本が最下位。 教育に投資しない国、ニッポン。

詳しくは購入して読んでみて欲しいが、ワシは心を抉られた。
国が教育に投資しないなら自分で投資しないといけない。
ワシは家族を教育移住させた判断に、自信を持っている。
日本で無料で学ぶこともできるのに、海外で学ぶことを選んだ。
子供たちの教育に課金した。

投資も移住も自分で何に課金するかを選択したんじゃ。
失敗したら責任はワシに飛んでくる。
覚悟して自分の現在を、未来を自分で決めている。

自分の選択肢を自信を持って決められる『 大人 』になる為に、何を選択するかを吟味して、選択した結果に責任を持てるようになることが大事なんじゃ。

アクセスランキング

  • 今日
  • 週間
  • 月間

プロフィール

■ 江古田島平八(えこだじまへいはち)さん

江古田島平八さん

不動産『闘志』家
東京都在住
家族は妻と子供二人
妻と子供たちはマレーシアへ留学中

ブログ:
ワシが『富導算塾』塾長、江古田島平八である

ツイッター:
江古田島平八 @ekdjm_heihachi


■ 経歴

□1979年
福島県に生まれる

□1998年
日本大学芸術学部演劇学科演技コース入学

□1999年
劇団立ち上げ

□2000年
練馬のピアノバーの店長に就任

□2001年
劇団解散

□2002年
個別指導塾に就職

□2003年
営業成績全国1位を獲得

□2004年
社長と大喧嘩して辞職
人事コンサルティング会社に転職

□2005年
起業(弁当屋)

□2006年
日本橋でカフェをオープン
借金つきの雀荘を購入

□2007年
雀荘の社員寮として第1号物件を現金購入
自営業は住宅ローンがつかないと知り、大手企業に就職

□2008年〜20101年
物件を買い進める

□2011年
雀荘売却
東日本震災で実家が全焼

□2012年
江古田で立飲み屋を後輩と共同購入

□2013年
立ち飲み屋を売却

□2014年
西麻布でパフォーマンスパブを企画も頓挫

□2015年〜22017年
戸建てやアパートを買い進める

□2018年
家族がマレーシアに移住

□2019年
埼玉県飯能市にバーベキューハウスを購入

□2020年
アパートを3棟購入
サラリーマンを卒業する


■ 不動産投資の経歴

□2007年
板橋区小竹向原区分所有
720万、利回り10%(現金購入)

□2008年
石川県金沢市一棟AP(1R×8)
750万、利回り25%(現金購入)←2015年売却済

□2009年
富山県高岡市一棟MS重量鉄骨(1K×12)
2,000万、利回り30%(公庫融資10年)←2015年繰上げ返済済

□2010年
豊島区賃貸併用住宅(2LDK+1K×3)
3,850万(住宅ローン35年1.075%)

□2015年
茨城県行方市 戸建(2LDK+P10)
550万、利回り13%(現金購入)

千葉県千葉市中央区 重量鉄骨MS(1K×15+P1)
6,200万、利回り13%(三井住友トラスト30年2.9%)

□2016年
板橋区一棟AP(1R×6)
2,280万15%(三井住友トラスト30年2.9%)

□2017年
石川県小松市新築一棟アパート

□2019年
埼玉県飯能市にバーベキューハウスを購入

□2020年
第11−13号アパート(2DK×6戸×2棟、3DK×6戸)購入
サラリーマンを卒業する

□2021年
満室時家賃収入は年間約3,300万
年間CF約2,500万円、返済比率約25%

ページの
トップへ