• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

4,256アクセス

セミリタイアは通過点。FIRE後も社会との接点を持ちつつハッピーな時間を増やしたい【後編】

FIRE/天方エバンさん_画像 FIRE/天方エバンさん

2021/4/6 掲載

前編に続き、ハワイ在住の天方エバンさんにお話をうかがいます。セミリタイアするために必要なこと、人生における目標設定の大切さなどエバンさんの体験をもとにお話を伺います。これからセミリタイアを目指す人へのメッセージにも注目してください。

■ 50歳を過ぎて健康に留意するように

編集部

セミリタイアすることについて、家族や周りの人の反応はいかがでしたか?

エバンさん

特に反対はなかったです。妻も私と同じ金融機関に勤めていましたが、キャリアを追い求めるというより家族の幸せを優先したいタイプで、自分とベクトルがあったのだと思います。

余談ですが、妻に2棟目の物件の連帯保証人になってほしいとお願いしたときに、一度断られたんですよ。この時は不動産投資に詳しい私の両親に説得してもらったんですが、当時から「 この人は突拍子もないことをする人だ 」という認識があったようです(笑)。

編集部

ハワイでは1日、どのようなタイムスケジュールで生活されていますか?

エバンさん

朝4時に起きて子どもが起きる前に少し仕事をして、子どもたちを学校に送り、14時まで仕事をして子どもを迎えに行き、3人の習い事の送り迎えを終えると夕方になり、時間があればサーフィンや水泳をして、帰ってきてご飯を食べて夜になったら寝るという生活です。

編集部

最高の暮らしですね。

エバンさん

そう、最高の生活(笑)。ただ、50歳になってから、より健康的に生活することを意識するようになり、少しずつライフスタイルを調整しています。例えば、睡眠時間が短いとアルツハイマーや早死にのリスクが高まると知り、最近になって睡眠時間を8時間に増やしました。

また、以前は365日お酒を飲んでいましたが、週末に限定するようにしたら、体重が減りました。つい働きすぎてしまいますが、そのせいで健康を損なうことがないよう気を付けています。

写真:趣味はゴルフ、サーフィン、スノーボード
趣味はゴルフ、サーフィン、スノーボード

■ アメリカの大学進学には1人年間500万円は必要

編集部

お子さんたちの教育について教えてください。

エバンさん

3人の息子たちは全員、公立学校に通わせています。ハワイに限らず、アメリカ全体の公立の教育レベルはそれほど高くないので私立を選ぶ人も多いのですが、私たちは夫婦で公立出身ですし、高校までは子どもたちにも公立に行ってもらうつもりです。

ハワイは自然が多く、イメージとしては日本の田舎で子育てをしている感覚です。日本の子どもたちのように、学校まで電車で通って、放課後は塾というような感じではありません。太陽の下でのんびりと育っています。

彼らは日本語よりも英語の方が得意です。バイリンガルとして育っていますが、それだけでは意味がないので、好きなことを見つけて、それを追及していってくれることを願っています。

編集部

教育に関して何か心配な点はありますか?

エバンさん

日本語の補習校に週に1回通わせていますが、「 身長が短い 」と言ったりすることがあるので、日本語が変にならないか少し心配です。また、日本の方がレベルが高い分野もあり、十分な教育を受けさせているのだろうかと不安になることもあります。

でも、基本的には仲間を大切にできて、素直な子に育てばいいかなと思っています。最初の子が生まれた時は、「 スーパーダッドになるぞ 」と思いましたが、実際はなれませんでした(笑)。ちなみに、子供たちが独立して自分たちも年をとったら、日本に戻るつもりです。それまでは、こちらの生活を楽しみたいです。

編集部

エバンさんはなぜ、42歳でご自身がセミリタイアできたと思いますか?

エバンさん

「 42歳で必ずセミリタイアする 」と数値目標を設定したからだと思います。行動力がある人であれば、目標を設定することで「 そろそろこういう風に行動しなければ 」というサインが内側から沸き出てくるんじゃないでしょうか。

編集部

元々の目標を達成されたとのことですが、更に今後の目標はありますか?

エバンさん

1つの目標は息子たちの教育費ですね。きっとアメリカ本土の大学に行くと思います。その場合、1人当たり年間で約500万円は必要です。今でも学費を出せる用意はありますが、投資活動をする上で、「 息子たちの教育のため 」と思うことで、張り合いが生まれるのはいいことだと思います。

写真2

それと、アメリカは寄付の文化が浸透しています。今でも寄付はしていますが、その金額を大きくして、どんどん社会還元をしていきたいと思っています。

■ コロナ禍においても不動産ビジネスは好調

編集部

現在のコロナ渦で、ビジネスに影響はないのでしょうか?

エバンさん

リモートワークが普及したことで、アメリカ本土のビジネスマンの中にハワイに住んで働きたいというニーズが高まっており、実際の物件を見ずに買うトレンドが発生しています。主にテレビ電話を使い、私が現地の物件に赴いてリモートで内見をしてもらうのですが、去年も複数の成約がありました。

日本円で1億円前後の物件であれば、1つの物件に買付が20〜30件来ることもあります。2〜3億円するような物件でも、リモートで購入を決める人がいます。観光客が来られなくなっても、ハワイの物件が値下がりすることはありませんでした。逆に金利が下がったので、借り換えなども含めた不動産への投資が増加しているくらいです。

編集部

では、息子さんたちがどんな進路に進んでも心配はいりませんね。

エバンさん

コラムにも書いたテキサスの$3.775M( 約4.6億円 )の物件も、数年間保有してインカムを得た後、2倍でエグジットできました。不動産はビジネスでもありますが、同時に投資活動が楽しいからやっているという面も強いです。楽しいし好きだから勉強ができるし、続けられるのだと思います。

写真:2倍で売却したのテキサス物件
$3.775M( 約4.6億円 ) で購入して2倍で売却した12棟88戸のテキサス物件( 3人の投資家での共同購入 )

■ 命題は「 一分一秒でも多くハッピーな時間を過ごすこと 」

編集部

生きる上でのモットーのようなものはありますか?

エバンさん

「 より一分一秒でも多くハッピーな時間を過ごすこと 」です。生きている時間は限られているので、そのハッピーな時間をどう増やすかが命題です。自分だけでなく、奥さんがハッピーでいられることも大事です。お金がたくさんあっても自分や家族が幸せだなと思えなければ意味がありません。

実は、ここ2年で近しい友達を続けてなくしてしまい、かなりショックを受けました。そういうことが増えるにつれ、生きる意味をより深く考えるようになりましたね。どんな経済レベルでセミリタイアしても、ハッピーに生きることは人間にとっての大きな目標であると思います。

編集部

オリンピックの仕事を続けてきたのもそのためですか?

エバンさん

そうですね。いよいよ今年の東京オリンピックの開催も決まりました。長野からずっと連続で続けてきたオリンピックの仕事ですが、今回が僕のオリンピック人生の最後になると思うので、やりとげたいですね。

■ セミリタイアは通過点。セミリタイア後にどう生きるかをイメージしておこう

編集部

最後に、セミリタイア、FIREを目指す人へのアドバイスをいただければと思います。

エバンさん

FIREという言葉は初めて聞きました(笑)。しかし、いいトレンドだと思います。私の場合、自分の好きなリズムで仕事ができるのがセミリタイアしたことの一番の成果であり、メリットです。中にはそうではないという人もいると思いますが、セミリタイアした人の多くの人はそう感じているのではないでしょうか?

アドバイスですが、私のように会社を辞めることを第一目標にしてしまうと、辞めた後にまた新たな目標が必要になってしまいます。あくまでも、セミリタイアは通過点。セミリタイアの計画を立てる時は、同時にその先でどんな風に社会と繋がっていくかをポジティブなイメージで持っておくのがいいと思います。

フルリタイアでは、定年退職した70歳の人と同じです。辞めた後の目標があれば、次の人生にスムーズにシフトすることができて、多くの人が直面する「 セミリタイアしてから何をするか 」という壁にぶつからずに済むのではないでしょうか。

写真4

編集部

確かに、やることがゼロではないとはいえ、不動産投資だけですとフルリタイアに近い状態になる人もいそうです。

エバンさん

人間は社会との接点を本質的に求めていると思います。私がそうでしたが、会社を辞めてから、誰にも会わない日が何日も続いたり、SNSで周りの人間の活躍を見たりすると、自分が社会と切り離されている感覚に陥ります。

会社を辞めて、自分は人との繋がりを求めていたことを知りました。例えば、ハワイでは午前中に投資物件に関する打合せを行い、午後に賃貸物件の案内でお客さんと話すというような生活をしています。仕事ではあるんですが、それよりも「 周りの人と繋がっている 」ことを実感している自分がいます。

編集部

起業をすすめますか?

エバンさん

起業とは限りません。セミリタイアをすると、好きなことをできて、嫌な人とは会わなくてもいいというすごく良い環境で生きられます。それにプラスして、どんなことでもいいので、社会との接点を持てる環境があれば快適に暮らせると思います。

私の場合は海外に移住し、不動産の資格を取り、起業することでした。でも、好きなことや得意なことは人によって違います。例えば、絵が好きなら絵を描いて売るといったことでもいいですよね。ボランティア、NPOの活動に携わるというのも1つだと思います。

写真5

編集後記

セミリタイアすることはあくまでも通過点であり、人生における目標を見つけることが大事だという言葉がとても参考になりました。家族との時間を大切にするエバンさんのライフスタイルに憧れる人も多いのではないでしょうか?エバンさん、ありがとうございました!

プロフィール

■ 天方エバンさん

天方エバンさん

Oceans Real Estate代表(https://oceanshawaii.com/
ハワイ在住
家族は妻と息子3人

ブログ: https://www.hawaiideohyeah.com/
Youtube: https://www.youtube.com/channel/UCpP1Uw03-ANhqgK9mjNm4lQ

□ハワイ州公認不動産取引士
□東京都知事宅地建物取引主任者


■ 経歴

□1970年生まれ

□1996年
IBM入社
長野五輪プロジェクトに配属され、テレビ解説者向けシステムの開発に携わる

□1999年
IBMオーストラリア シドニー五輪プロジェクトで主にイントラネットシステムのパフォーマンステスト担当

□2000〜2002年
ソルトレイク五輪組織委員会 スノーボード競技システムの責任者としてイベント運営の成功に寄与
その後本番時のみ国際映像関係の仕事で2004年アテネ、2006年トリノ、2008北京、2010年バンクーバー、2012年ロンドン、2014年ソチ、2016年リオ、2018年平昌五輪に従事し、現在足掛け21年、10大会連続で参画中

□2002〜2012年
日本に帰国後、外資系証券会社システム部に勤務

不動産投資を1998年より開始
2007年にFXで1,000万円の損失を出し、貯金ゼロになり不動産に集中する事を決意

□2012年
家族でハワイ移住
ハワイ不動産の売買仲介の仕事を始める

□2016年
ハワイ州ブローカーライセンスを取得し独立


■ 投資に関する経歴

□1998年
港区南青山に新築1Rマンションを購入

□2002年
港区南青山の両親が住むマンションに、ファミリータイプの区分を購入

□2002年
資産管理会社を立ち上げる

□2007年
FXで1,000万円の損失を出し、貯金がゼロになる

□2007年
目黒区に自宅用区分マンションを購入

□2010年
目黒区の自宅用区分マンションを売却

□2010年
神奈川県内に1棟マンション(1K×40戸)を購入
(2015年に売却)

□2011年
港区南青山の1Rマンションを売却

□2011年
埼玉県内に一棟マンション(3LDK×36戸、店舗2戸)を購入
(2016年に売却)

□2012年
港区南青山のファミリータイプ区分を売却

□2012年4月
家族でハワイへ移住
移住後はアメリカ本土、ハワイの物件に投資している

□2021年
不動産投資&不動産ビジネスから、
セミリタイア時と同等以上の収入を得ている


■著書

著書:不動産投資で”ハワイ”へ移住
不動産投資で”ハワイ”へ移住
(ごま書房新社)

著書:憧れの”ハワイ”の物件を買って、賃貸収入で「優雅な人生」!
憧れの”ハワイ”の物件を買って、賃貸収入で「優雅な人生」!
(ごま書房新社)


(取材・執筆協力 アリ)

ページの
トップへ