• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

6,796アクセス

中古マンションは住んでいた人によっても資産価値が変わる

ニュース編集部_画像 ニュース編集部 第22話

2009/1/27 掲載

東京都でいま人口の流入が加速的に増えているのが江東区だ。特に豊洲の埋立地にできたマンションに住む人を 『 キャナルシティ 』 と呼び、マスコミでも取り上げられることが多い。有明でも東京建物が高級高層マンションを開発し、09年 3月末に完成する。その横には住友不動産が開発に取り掛かった。埋め立てによって江東区の土地は拡大している。

中古市場を見据えれば、人口が多くなれば多くなるほど将来の需給関係から考え、築年数が経過したマンションでも資産価値が下がりにくくなる環境を生み出す。
うまく相場に乗れば資産価値は上昇する。人口増はウエルカムだ。

ただ、中古マンションの資産価値は、需給関係と立地が非常に重要な要素を占めているものの、それまでに住んでいた人の住まい方によってその価値は上にも下にもぶれが生じてくるのではないか。個別に取材した例を挙げると、まず、江東区の大島駅近辺の中古マンションで、専有面積 75u程度で 3LDK、売り出している価格帯は両方とも 3700万円台の物件を見比べた。築年数は共に 10年程度。しかし、部屋の中を見ると、これまでの住人の使い方が歴然としていた。

一方は、明らかに

...

この記事は会員限定です。
会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

健美家会員のメリット

  1. 会員限定物件や非公開物件情報が見れる
  2. 最新のコラムニュース情報がメールで受け取れる

プロフィール

■ 健美家ニュース編集部

健美家ニュース編集部

健美家ニュース編集部では、皆様に旬な不動産市場ニュースをお届けします。

ページの
トップへ