• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

5,541アクセス

内需業界の不動産も回復は外資頼みか

ニュース編集部_画像 ニュース編集部 第36話

2009/8/18 掲載

米不動産会社のジョーンズ・ラング・ラサール ( JLL ) が 7月中旬に発表した世界の不動産マーケットの分析によれば、イギリスが最も早く価格の調整を果たし、その他の主要都市でも大幅な価格下落が見られ、ミュンヘン、パリ、シンガポール、メルボルンにおいて米ドルベースで 50% 〜 70%の下落が記録されたとしている。ただ、世界的に商業用不動産の価格調整が進んだことで売り手と買い手の取引希望価格のギャップが縮まり、売買取引が記録的な低水準から脱却しつつあるとし、価格が下落した主要なマーケットでは、Aクラスビルで入札者が現われ始めているという。

日本では今年になって大手保険会社のAIGが東京・丸の内に保有していたビルを日本生命に売却し注目を集めた。その 「 大手町AIGビル 」 は、約 12億ドル ( 約 1155億円 ) で売却され、市場では 「 都心一等地のオフィスビルのキャップレートがほとんど上昇していない証左になった 」 という見方が出た。

6月 30日には、約1年半ぶりのクロスボーダー取引が成立した。ケネディクスが昨年春からなかなか売却できなかった 「 KDX豊洲グランスクエア...

この記事は会員限定です。
会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

健美家会員のメリット

  1. 会員限定物件や非公開物件情報が見れる
  2. 最新のコラムニュース情報がメールで受け取れる

プロフィール

■ 健美家ニュース編集部

健美家ニュース編集部

健美家ニュース編集部では、皆様に旬な不動産市場ニュースをお届けします。

ページの
トップへ