• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

5,353アクセス

資金調達に少人数私募債の活用

ニュース編集部_画像 ニュース編集部 第42話

2009/11/24 掲載

不動産会社の大型破綻が一服している。昨年から今年の半ばにかけて上場不動産会社が毎月のように破綻し、業界は不動産市況の急転直下を実感した。ほとんどが金融機関による資金絞り込みが背景としてある。

銀行や信用金庫といった金融機関には要注意から破綻懸念まで段階的な融資審査がある。すでに融資をしている危なげな会社を救うためとして、新たに事業資金を出し、収益力が増した際に貸付を回収することを狙った資金は出ているようだ。P社は、10億円でビルを購入した。利回りは10%で30年ローン。元利返済が5%だったので、残りの5%分を返済が滞っていた塩漬け不動産の返済に充て、金融機関から救済的な追加融資をしてもらった例もある。しかし、不動産事業者向けの融資が根本的に改善されたわけではない。特に中小企業や地元に根付いた不動産事業者ほどそうした実感を強く持つ。

ある中堅不動産会社は、 「 メガバンクはみんな切り捨て方式だ 」 と言い切る。債権回収の方法には 「 早く処理する 」 、 「 多く回収する 」 という二つの種類がある。早く処理する方はだいたいメガバンクだという。金融機関側は、一般個人の預貯金にほとんど金利を付...

この記事は会員限定です。
会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

健美家会員のメリット

  1. 会員限定物件や非公開物件情報が見れる
  2. 最新のコラムニュース情報がメールで受け取れる

プロフィール

■ 健美家ニュース編集部

健美家ニュース編集部


健美家ニュース編集部では、皆様に旬な不動産市場ニュースをお届けします。

ページの
トップへ