• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

6,641アクセス

サラリーマンが副業で得るのはお金だけではない。大雪の富山で起きたこと。

ふんどし王子さん_画像 ふんどし王子さん 第73話

2021/1/22 掲載

こんにちは!ふんどし王子です。去年はコロナ禍で大変な年でしたが、今年も引き続きコロナからスタートですね。

インフルエンザの患者数ですが、2020−21年シーズンの8月31日から1月3日までの18週間の累積の患者数は、全国で591人だったそうです。過去5年間の同時期平均は約25万人で、2020−21年シーズンはその0.1%にも届きません。

どこの世界もポジション争いが繰り広げられているようです( 笑 )。今シーズンはインフルエンザが負けて、コロナが席巻しています。逆に言うと、これだけ感染対策しているのにコロナが流行しているのは感染力の強さの証明とも言えます。

新型コロナウイルスは誰も経験をしたことがない未知のウイルスなので、いまだに正解はわかっていません。今後も、変異株や毒性を強めたウイルスが流行する可能性はあります。

ワタクシは比較的に楽観的な考えではありますが、適当なことを言って間違った考えを広めたいとは思いません。人は自分の責任を考えたとき、「 悲観的な発言 」を選びます。

楽観視していたことが、そのまま問題なく終われば「 ふーん 」となりますが、仮に酷い結果となった場合は「 楽観視し、適当なことを言って感染を拡大させた! 」と魔女狩りのように、追及されます。

テレビに出てコメントする学者や、有識者の立場であれば、「 必ずしも安全とは言えない 」というような発言となり、それが過剰自粛に繋がるケースが考えられます。テレビのニュースは参考までにとどめて、自分なりに調べて判断していくのが良いと考えています。

■ 大雪の富山で起きたこと

さて、富山県や北陸地方では記録的な豪雪となりました。富山市に1メートル以上積もるのは35年ぶりとのことです。「 こんな大雪、生まれて初めて! 」と思っていましたが、自分は35歳なので合っていました( 笑 )



大雪の期間は自宅に引きこもり、備蓄していたカップラーメンやパスタなどを食べて過ごしました。大雪の初日は用事があり出かけていたのですが、普段なら50分の道のりが4時間くらいかかりました。

それでもまだマシな方で、立往生して12時間以上車で過ごした方や、高速などでは2日ほど動けなかった方もいたようです。ここ2年ほど暖冬が続いていたので、自分も含めて多くの人が、完全に油断していたといえます。

不動産の対応としては、建築会社に連絡をして、現場に重機を入れ、排雪してもらいました。降ったばかりの時は道に雪が積もっていて、近くまで入ることも出来ませんでした。

近所の方から、ワタクシのアパートの屋根の上に雪が積もり、その影響でBSのテレビが映らないというクレームもありました。しかし、雪下ろしの作業は今は危険なので待ってもらうことになりました。



今年は35年ぶりの大雪でしたが、次の大雪が35年後とは限りません。北海道のように、毎年雪が降れば除雪と排雪をしてくれる会社を選定して、次の雪に備えたいと思います。

火災保険の雪害や凍結などのオプションに入っていない人は、加入しておくのもリスクヘッジになります。( ワタクシは汚損、破損、雹災( ひょうさい )、落雷等すべて加入しています )。雪が溶けてから発見した被害であっても申請すれば保険で対応出来ます。

自然災害への備えの大切さは、あちこちでいわれています。しかし、人間はどうしても忘れる生き物であり危機感が薄まってしまいます。そして、「 どうせ大したことはないだろう 」とか「 自分だけは大丈夫 」などの生存バイアスがかかります。

例えば、東日本大震災の後には、多くの家庭で地震対策として棚などには突っ張り棒をしていましたが、今使っている人は、少なくなっているのではないでしょうか。



油断という意味では、不動産経営も数年間良い状況が続いているので、金利の上昇や想定以上の空室率の上昇などのリスクに対して、甘くなっている人もいるかもしれません。しかし今後、入居者に飲食店関係者の方がいたりすると、少しずつ影響が出てきそうです。

悲観的になり過ぎて動けなくなるのも行けませんが、楽観的に考えすぎて対策を講じないのも危険です。できることを、できるときに、やっておきましょう。

■コロナの影響はホテルや飲食だけではない

コロナに話が戻りますが、緊急事態宣言も範囲が広がり11都府県になりました。初めて緊急事態宣言が発令された時に比べて危機感も薄れていますし、補償など部分も限定的になっていると思います。

一律1日6万円の協力金は、一人で経営している飲食店などは問題ないか、むしろ通常の営業より儲かるかもしれませんが、10人でも人を雇っている中型から大型の店舗は焼け石に水でしかありません。

大手の居酒屋チェーンのモンテローザが東京都にある2割弱の61店舗を閉店するとニュースになっていました。そのような影響で、おしぼりや割り箸など生産提供している業者の売り上げが6割や7割になっているとニュースで報じていました。

また漁業や農業などの市場の相場もモノによっては3割ほど下がっているそうです。すべての業界は繋がっており連鎖的に広がっていきます。売り上げ減となれば働いている人の所得にも影響があるのは簡単に想像できます。

ちなみに、割り箸やおしぼりの売り上げ減のニュースの際、ひたすら箸を機械に並べる作業や、おしぼりを畳んで機械に乗せる方が映っていました。派遣やパートの方かもしれません。自分は正社員でしたが、2年ちょっと前まで同じことをしていたなと思い出しました。

今回のような売り上げ減の状況では、派遣やパートやバイトの方から解雇となってしまいます。世の中には、単純な仕事をしている人を見下す人がいますが、真面目に働いてくれる人がいるから、モノやサービスを受け取ることが出来ます。

一生懸命に働いている、立場の弱い方から困るのはおかしなことです。真面目に働いている人が報われるような世の中になって欲しいと思います。しかし、現実は目の前の仕事を真面目にこなしているだけでは社会的弱者になってしまうのが資本主義です。

単純作業では技術が身に付かず、機械や安い賃金で働く外国人労働者に取って代わられてしまいます。いままで以上にお金の知識を学ぶ必要性のある時代になったと思います。

■ 自分でビジネスをすることのメリットはお金だけじゃない

労働収入だけに頼っていると、働けなくなったら収入もストップしてしまいます。他に毎月10万円でも不動産収入があれば豊かな気持ちになります。

実際にワタクシもリーマンショックの時に給料が減りましたが、副収入が10万円あったので、しのげました。以前勤めていた会社はコロナ禍でボーナス0になったそうです。もし自分が今も働いても、ダメージは少なかったと思います。

副収入があることのメリットは、それだけではありません。自分の場合、不動産収入を得る過程で学んだ金融や税金、決算書を読む知識などは資本主義を生きる上で、大きな財産になりました。

勉強する中で、なぜ政府は損益通算や経費算入などを認めているのかということを疑問に思いました。答えは「 投資や事業する人を求めている 」からでした。雇用されている人ばかりでなく、雇用を生み出し、投資をして、経済を回す人が求められています。

不動産投資家も例外ではありません。居住を提供することの価値に加え、例えばアパートを建築すれば、様々な業界に経済効果が波及します。( 設備、建材、外壁、サッシ、電気、上下水、外構工事・・・etc )

例えば5,000万円のアパートを融資を引いて建築すると、世の中に出回る「 お金の総量 」が増えます。若手大家の仲間だけでも20億円以上は借り入れがあります。しかも一回転ではおわりません。世の中に売り上げや、所得( 雇用 )を生み出していると思います。

不動産収入を得ている人をズルいと考える人もいます。でも、考えてみてほしいのです。リスクをとっている投資家と、毎年同じ仕事をして給料を上げろー!と交渉する労働者ではどちらがズルいのでしょう?

資本主義の仕組みを理解して、資本家側になるように努力しましょう。お金のことは学校では教えてくれないので、自分から掴みに行くしかありません。大切な家族や、生活を守るために頑張っていきましょう。

■ マジメに働いている人こそ副収入の道を作ってほしい

1冊目の本がコツコツと売れて6刷になりました。これを書いたときはワタクシはまだ工場勤務の勤め人でした。工場などで真面目に堅実に働いている人にこそ読んで欲しいと思います。



本当に偉いのは現場で働いている皆さんです。なんとかこの難局を乗り越えていきましょう! それでは次回またお会いしましょう!

プロフィール

■ 大日本☆ふんどし王子さん(命名 加藤ひろゆきさん)

fundosi

高卒・製造業のサラリーマン大家
富山県在住、家族は妻と長男(5才)次男(1才)

ブログ:高卒・製造業が不動産投資でお金持ちになる方法!

☆不動産投資を始めたきっかけ等は大家列伝に詳しく載っています
大家列伝【前編】
大家列伝【後編】

■ 経歴

□1985年
富山県の兼業農家の5人兄弟の末っ子(双子)として誕生する

□2000年
『金持ち父さん・貧乏父さん』を読み、お金持ちになることを決意

□2003年
工業高校を卒業後、地元の大手自動車メーカー系列の会社に就職
交代勤務の現場で働きながら1カ月に10万円ずつ貯金する

□2008年
株・FXで300万円以上溶かす

□2009年
2世帯住宅を建てる
2500万円(利回り6.8%)

□2011年
6部屋の中古アパートを購入
1200万円(利回り21%)

□2012年
兄と法人を設立

高岡市区分購入(売却済)

□2013年
8部屋の中古アパートを購入(売却済)
2500万円(利回り18%)

富山駅前区分購入(売却済)

富山市内区分購入(売却済)

□2016年
ガレージハウスを購入
200万円(リフォーム後利回り18%)

廃墟購入
65万円(仲間の投資家がリフォームし4.5万円で賃貸予定、利益折半)

廃墟購入
50万円(仲間の投資家がリフォームし4万円で賃貸、利益折半)

1200万円で戸建てを新築する(利回り10.4%)

□2017年
1200万円の中古マンションを購入(利回り23%)

4100万円のアパートを新築する(利回り9.8%)

□2018年
6150万円のアパートを新築する(利回り10.2%)

2500万円で中古アパートを購入(利回り21%)

□2019年
所有物件を複数売却し2000万円以上の売却益を得る
戸建て2戸購入、更地一筆購入

□2020年
7200万円のアパートを新築する(利回り10%)

■著書


高卒製造業のワタシが31歳で家賃年収1750万円になった方法!

ページの
トップへ