• 完全無料の健美家の売却査定で、できるだけ速く・高く売却

×

  • 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集

ランドクルーザーに申し込み!会社員時代は知らなかった社長さんや大家さんが高級車に乗れる理由

ふんどし王子さん_画像 ふんどし王子さん 第98話 著者のプロフィールを見る

2022/7/4 掲載

こんにちは、今年も半分が過ぎたことに驚いているふんどし王子です。( 毎年驚いています )。梅雨も例年より早く終わり、猛暑日が続いております。熱中症など体調の管理が大切ですね。

健康管理と言えば前回のコラムでCPAPを付けていると書いたところ、冗談や面白い感じで書いたつもりがリアルに心配してくれる人が多くて驚きました。頑張って痩せます(笑)

さて、健美家コラム37話で中古車の買い方を書きました。今回はTwitterで少し話題になったランドクルーザーについて書こうと思います。

■ 定価800万円が中古車市場で2,000万円に!

ただでさえランクルは人気の車ですが、コロナの影響、半導体不足による品薄や、円安、インフレにより価格が上がっています。



グレードにもよりますが定価は730万円( プラス消費税10% )で800万円以上する高級車ですが、需要の高まりから、中古価格は高いモノで2,000万円を超えています。

また国内での人気もありますが、海外でも人気のある車です。暑い地域では室内のカラーはベージュや明るい色が好まれ、サンルーフが必要、寒い地域では寒冷地仕様が人気だそうです。

売却の話になりますが、輸出する時は関税関係で、何年後に売るか? どこの国に売るか? などが重要で、車のカラーはブラックとパールホワイトにするとリセールバリューが良いようです。

その時の社会情勢がどうなっているかなど不透明なことは多いのですが、上手く購入できると実質タダや、お金を貰って乗ることが可能ですので、なかなか面白いなと思います。ただし、納期は5年後です(笑)

そして、このランドクルーザー300の新規注文が6月一杯で終了しました。私も申し込みました。( ここだけの話ですが、知り合いの紹介&担当者が同級生だったため44万値引いてもらいました )



抽選ですし、もし購入出来たとしても、転売を防ぐためにディーラーと「 1年間は売却しない 」などの覚え書きを交わさないといけないという話を聞いています。

法律的には覚え書きに売却を止める効力はないそうですが、無視して売却するなどの違反があった場合は、その後の取引が停止になるようです。( 実際に覚書の期間より早く売却して次から購入出来なくなった方がいると聞きました )

初期の頃はコラム37話で書いたように、現金で購入した中古車で、節約しながら投資に回すお金を増やすのも良いですが、ある程度キャッシュフローが回り始めたら、金額が大きくても価値が下がらない、上手くいけば価値が上がる車に乗るのも良いですね。

■ サラリーマン時代には考えもしなかった世界

もちろん、リスクもあります。まず、維持費が高いです。大排気量で車体も大きいので自動車税や重量税も高く、燃費はリッター10キロ以下でガソリンはハイオクです。

また、人気車種ゆえに盗難が多いですし、事故やぶつけるなどすれば価値が大幅に下がります。そこで車両保険や盗難保険をガッツリ付けると年間30万円ほどの保険代が必要です。そういった出費も覚悟しておかなければなりません。

正直、一般的なサラリーマンの給料では購入も維持も難しいと思います。ワタクシもサラリーマン時代の自分だったら「買える」という発想自体が浮かびませんし、欲しくても維持コストで断念していたと思います。

だからといって、現在の自分がラクラク買えるわけでもありません(笑)。そこで、どういう作戦で購入できるかを考えてみました。まず、800万円の本体価格を現金かローンで用意する必要があります。

この資金ですが、コラム96話で書いた経営セーフティ共済が活用できそうです。今後5年以内に上限の800万円に達する予定なのですが、これは税引き前のお金で積み立てることが出来ます( 保険料が全額損金 )



そして、掛け金に応じて一時貸付を利用した「 借入 」を行うことが出来ます。金利は0.9%で推移しており、保証人や担保も不要です。( 積み立てたお金が担保になっていますからね )



ランドクルーザーの納期は5年後ですので、この貸付金を使って購入できれば“税引き前”のお金で買ったのと同じです。また、1年間の貸付だとすぐに返さなくてはいけないと思いますが、借り換え手続きを行い、金利を支払えば1年間延長することも可能です。



さらに、法人名義で買って社用車扱いにすれば、減価償却が使えます。新車の耐用年数は6年間なので800万円だと年間133万円ほどを減価償却できます。また、税金や保険代など車両に関わる費用も経費算入することが出来ます。

サラリーマン時代、実家に住みながら無茶目なローンを組んでヒーヒー言いながら高級車に乗っている知り合いがいました。当時は、そこまでして乗りたくないと思っていました。

また、近所の中小零細の社長さんなど、余裕をもって高級車に乗っている人がいましたが、なぜそんなことができるのか、意味が分かりませんでした。自分が経営者になってみて、「 そういうことだったのね! 」とようやく理解できました。

「 仕組み 」を学ぶと、世の中の見え方が変わりますね。人気の高級車に乗ることも現実的なものとなっています。

■ 申し込むだけならリスクはゼロ

Twitterで「 ランドクルーザーの注文受付が6月末で終了しますよ 」とポールさんとワタクシが書いたところ、知り合いの投資家10名ほどがギリギリで申し込んでいました(笑)

納期は5年後なので、その間にモデルチェンジなどがあれば再度価格等を見ながら双方の合意をもって契約するそうです。( 次のモデルの値段が上がれば購入価格も上がります )。

手付金を払ったわけでもないですし、キャンセル料もかかりません。つまり、今回の申し込みは、「 買う 」という意思表示だけで、リスクはゼロということです。

実際に車の納期が近づいてきて、本当に買うかの判断をすれば良いのです。一時期、品薄で転売するとすぐに儲かったPS5を購入する権利に応募するようなものです。

もちろん先ほど説明したように買うための準備はしておきますが、納期が見えてきた時の相場や社会情勢、自分の状況などでどうするかを決めようと思います。

最初から転売目的や、儲けながら乗れるからとランドクルーザーを選んでいる人を見ると、純粋にランドクルーザーが好きな人にとっては不快に映るかもしれません。

ワタクシは実際にランドクルーザーは良い車だと思っているので、乗れる可能性があると思うとワクワクします。自分の人生にランクルに乗るという選択肢などなかったところに、チャンスが舞い込んだ感じです。

車の買い方に関しては、色々な考え方があります。

一つ言えるのは、今の知識で会社員時代に戻ったとしたら、給料( 税引き後のお金 )を貯金して、もしくはマイカーローンを組み、金利も減価償却も経費計上が出来ない、売る時は買った値段より値下がりする車を買うことは絶対にありません(笑)。

消費に関わる痛みが少なくなれば、消費行動は積極的になりますね。

■ 社長さんやメガ大家さんが高級車に乗れる理由がわかった

話を戻すと、メガ大家さんや、ある程度大きな規模になっている大家さんが高級車に乗れる理由がわかりました。

不動産投資の話に結び付けると、ランドクルーザーのような歪みは存在しており、早く発見して行動することが大事です。儲かる話はアッという間に広がり、扉はパッと閉ざされます。

もしかしたら5年後にはランクルが溢れかえって値崩れしているかもしれません(笑)。もしくは、世界人口79億人と考えると、日本人の駆け込み需要程度は誤差でしょうか( 少し前まで世界人口は60億人と思っていましたが、19億増えていて驚きましたw )

5年後になってみないとわかりませんが、結果が楽しみです。この話を読んで、6月末で終わった話をして遅いよ! もっと早く教えてくれないと意味がないよ! と思われる方もいるかもしれません。

しかし、他に似たような車種( 例えばアルファードやレクサスなど )で出来ないか? と調べることや、考え方を学んで腹落ちさせておければ、別の同じような場面で応用できるかもしれません。

不動産も車も、「 価格 」ではなく「 価値 」を見て判断していきたいですね。

「 富める者はさらに富み、貧しい者はさらに奪われる 」というような格差社会になってきているように思います。お金の知識や知恵を身に着けて資本主義を攻略していきましょう!
無料会員登録

※ 記事の内容は執筆時点での情報を基にしています。投資等のご判断は各個人の責任でお願いします。

アクセスランキング

  • 今日
  • 週間
  • 月間

プロフィール

ふんどし王子さん

ふんどし王子さんふんどしおうじ

高卒・製造業のサラリーマン大家
富山県在住、家族は妻と長男、次男

☆不動産投資を始めたきっかけ等は大家列伝に詳しく載っています
⇒大家列伝【前編】
⇒大家列伝【後編】

プロフィールの詳細を見る

経歴
  • □1985年
    富山県の兼業農家の5人兄弟の末っ子(双子)として誕生する

    □2000年
    『金持ち父さん・貧乏父さん』を読み、お金持ちになることを決意

    □2003年
    工業高校を卒業後、地元の大手自動車メーカー系列の会社に就職
    交代勤務の現場で働きながら1カ月に10万円ずつ貯金する

    □2008年
    株・FXで300万円以上溶かす

    □2009年
    2世帯住宅を建てる
    2,500万円(利回り6.8%)

    □2011年
    6部屋の中古アパートを購入
    1,200万円(利回り21%)

    □2012年
    兄と法人を設立
    高岡市区分購入(売却済)

    □2013年
    8部屋の中古アパートを購入(売却済)
    2,500万円(利回り18%)

    富山駅前区分購入(売却済)
    富山市内区分購入(売却済)

    □2016年
    ガレージハウスを購入
    200万円(リフォーム後利回り18%)

    廃墟購入
    65万円(仲間の投資家がリフォームし4.5万円で賃貸、利益折半)

    廃墟購入
    50万円(仲間の投資家がリフォームし4万円で賃貸、利益折半)

    1,200万円で戸建てを新築する(利回り10.4%)

    □2017年
    1,200万円の中古マンションを購入(利回り23%)
    4,100万円のアパートを新築する(利回り9.8%)

    □2018年
    6,150万円のアパートを新築する(利回り10.2%)
    2,500万円で中古アパートを購入(利回り21%)

    □2019年
    所有物件を複数売却し2,000万円以上の売却益を得る
    戸建て2戸購入、更地一筆購入

    □2020年
    7,200万円のアパートを新築する(利回り10%)

    □2021年
    4,400万円のアパートを新築する(利回り10.6%)

    □2022年
    5,500万円のアパートを新築する(利回り10.8%)

    □2023年
    築古戸建て4戸購入
    2016年に65万円で購入した廃墟を350万円で売却

    □2024年
    2,600万円の中古アパートを購入(利回り16%)
    7,200万円のアパートを建築中(利回り9.5%想定)

閉じる

ページの
トップへ