• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

18,325アクセス

成功大家が絶対にやらないこと〜お金の使い方上級者たちの3つの特徴〜

張田満さん_画像 第46話

7年程前、不動産投資へのタネ銭を作るべく、ガマン生活を続けていたある日、ハッと次のような考えが頭をよぎりました。


「 ケチケチ節約生活の先に、豊かな人生が待っているのだろうか? 」


今思えば当たり前すぎるようなことですが、当時の私にとっては、日々の行動を見直さなければいけないほどの、根源的な気づきでした( 笑 )。

そもそも、幸福に生きている方の多くは、お金持ちになる以前から、お金の使い方にコツがあったのではないか?

将来、たくさんのお金を稼げるようになったとしても、お金の使い方が下手なままでは、豊かさを感じることはできないのでは・・・?


そんなことに気づいたのです。特別裕福でも貧乏でもない普通の家庭に生まれた私は親から、「 とにかく貯金が大切だ! 」と聞かされて育ちました。当然のごとく「 お金持ち=貯金額 」だと思い込んでいました。

不動産投資を始めた頃も同じです。そもそも、会社員としての収入が頭打ちになり、子供も増えたため、「 手取り収入を増やしたい!⇒貯金も増える! 」という単純な思いだけで不動産投資を志したのです。

当時はとにかく「 お金の節約 」にフォーカスし、お金を使う前に必ず、「 投資・消費・浪費 」のどれにあたるかを意識していました。浪費はもちろん、消費も可能な限り排除するように努めていたのです。

しかし、そんなケチケチ生活にも限界がやってきました。そして、冒頭のような考えを持つに至るのです。そして、私は不動産投資を始めた頃から、お金に対する考え方を変えたのです。



■ お金の使い方上級者たちの3つの特徴

どう変えたかというと、ただ「 貯金の額を増やす 」という考えはなくなり、その代わりに、お金の使い方に強いポリシーを持つようになりました。扱う金額自体には大ざっぱなのですが、目的や用途に対してはシビアになった感じです。

私が思う、お金の使い方上級者は次の3つの要素を持っています。

@なんとなくムードでお金を使ったりしない!
Aお金の使い方にポリシーを持っている!
B浪費や消費に見えるものを投資に変えていく!


専業大家になり、自営業者の方とお付き合いする機会が増えたり、海外に住んで幅広い価値感の人と話す時間が増えたりしてからは、このことを確信しています。

@なんとなくムードでお金を使ったりしない!

これまで、物件を購入時の勢いで買ってしまったという人にお会いしたことがあります。物件調査における直感はとても尊重すべきものですが、もちろんそれだけで進むのは危険です。

相場並みの価格なのに、豪華だったりキレイだったり、完ぺきな管理状態だったりするものは、購入後の創意工夫による「 付加価値の伸びしろがない 」不動産ということでもあります。

少ない資金から資産拡大を狙う初心者の場合は、最初に買うべきではないNG物件といえます。しかし、実際には「 勉強のために見に行った平凡なスペックの物件 」が欲しくなって買ったという人は、珍しくありません。

そういう私自身も、ショッピングに行った時、買いたいとすら考えたこともない物なのに、実物を見てつい衝動買いをすることがよくありました。予算がオーバーしているのに勢いで買ってしまった経験も多数あり反省しています(^_^;)

しかし、不動産投資上級者を見ていると、決して瞬間の衝動では動かないのです。営業マンの言葉やその場のムードに流されるようなことは絶対にありません。本当に徹底しています。私もそうなれるように日々精進しています。

Aお金の使い方にポリシーがある!

お金を何に使い、何に使わないか? 自分にとって必要と不必要な事が明確になっている人は少数派ではないでしょうか?

もちろん、お金の使い道は人それぞれです。そして、私の周りの成功者たちは「 周りの人の為に時間とお金を使っている 」という特徴があります。この人たちに近づくべく、自分自身も意識的に行動するよう心がけています。

自慢ではありませんが、私は衣服のほとんどがユニクロ。しかもバーゲンで安く購入したものばかりです。そんな節約家の私ですが、知人や友人との食事代を出すことは、もったいないとは感じません。


物より経験にお金を使いたい!と思っているからです。


最近は家族や仲間との食事代や旅行、習い事や体験などの、無形な事にお金を優先的に使いたいと考えていて、物として形が残るものにはお金を使ったら負け!ぐらいに思っています( 笑 )。

とはいえ、必要なものは買っています。例えば、不動産投資を始めると決意した当時、高いコストパフォーマンスだと感じていたものがあります。それは、書籍、CD教材、パソコン、の3つです。

これらは投資家の知り合いがいなかった私にとって、投資の師匠ともいえる存在です。しかも、いつでもどこでも自分の都合で教えを受けれるのです( 笑 )。

そして、現在、私が絶対に手放せないアイテムがあります。それは「iPad」。インターネット、学習、動画、カメラ、メール、SNS、辞書、翻訳、ゲーム等々、ありとあらゆることを1台で可能にしてくれるのです!

私にとって特に嬉しいのは「 電子書籍 」です。iPadに不動産関連の書籍60冊をはじめ、800冊ほどを入れているのですが、これら全てを世界中のどこへでも持ち運べてしまうのは驚きです。



B浪費や消費に見えるものを投資に変えていく!

お金を使う目的が、「投資or消費or浪費」の中のどの支出に該当するのか? を意識することは、とても重要な習慣だと思います。私が考える3つの違いは、次のようなものです。

・投資⇒「 支払額<価値 」( 学習、自己向上など )
・消費⇒「 支払額=価値 」( 絶対に必要なお金の使い方 )
・浪費⇒「 支払額>価値 」( 贅沢品や無駄な出費 )


日々の生活の中で、できるだけ、「投資」にお金を使うように意識することが自己を向上させて「 稼げる自分 」へと成長していけると思っています。

不動産投資の場合だと、関連書籍、DVDなどの教材、関連資料、セミナー参加、PCやスマホなどの通信機器、自動車など移動手段、などへの支払いが該当するでしょうか。

実際に、たった一冊の書籍代1,500円がキッカケで、人生を一変させた人も存在しています。セミナーも同じです。数千円の代金で、現在進行形の活きた情報や人脈を得るきっかけにすることが可能です。

ただし、注意点もあります。書籍や教材を購入したり、セミナーに参加したり、本人は投資だと思っている行為でも、その後なにも行動しなければ、それは「 浪費 」になってしまう!のです。

逆に一見、浪費に見える行為でも、自分次第で「 投資 」に変換することも可能だったりします。例えば、ゴルフを楽しみながらも、その人脈ネットワークから新たなビジネスにつなげることができたら、ゴルフ代は投資だったということになります。

他にも、海外旅行、高級レストラン、ゴルフ、スーパーカー、趣味など、後の行動力によって浪費を投資に変えてしまっているケースもあるでしょう。

私自身も当初、「 ススキノに行きすぎ! 」と妻に言われ続けていましたが、その甲斐あって、不動産投資家の方々と短期間で仲良くなれたので、浪費を投資に変えたんだ! とその時の自分の判断に満足しています( 笑 )。

これらを考えると、出費が「 投資・消費・浪費 」のどれに当たるかは、その瞬間ではなく、その後の行動で決めていける! といえるのではないでしょうか?

■ ケチケチをやめて「 使いたいことにお金を使う 」生活へ

今の私は、あれこれ考えすぎずに「 その時、使いたいことにお金を使ってもイイ 」と考えています。

ケチケチしない。でも、決して「 浪費 」にならないよう、その後でポリシーを持って行動するのです。そうすれば、日々の生活の中で、スキルや情報などの価値が増大していきます。

実は、このコラムを書き終えたら、友人とビールを飲みに行く約束をします(^_^;)。もちろん、浪費ではなく投資になるように楽しんできます!( 笑 )



健美家サイト会員登録で最新コラムやニュースをチェック!

健美家不動産投資コラム

プロフィール

■ 張田ミツルさん

horiuchisan

□1972年、北海道生まれ
□5人家族(妻&三姉妹)、マレーシア在住

☆不動産投資を始めたきっかけは大家列伝に詳しく載っています
大家列伝【前編】
大家列伝【後編】

【 YouTube 3チャンネル OA中!】

・インベスター Japan
不動産投資家の本音に迫る! 専門チャンネル

・Malaysia Penang diary326
MYマレーシア暮らしリポート

・ハリー326
「Harry VLOG ハリーブログ」

・ツイッター:@MH_Minority
・ブログ:harry326
・Facebook:張田ミツル
・Instagram:mh.mitsuru

□不動産賃貸業
□講演家
□文筆家
□映像クリエーター

■ 経歴

□1990年
地元の高校を卒業後、メーカーに営業職として入社

転勤で東京勤務になった初日、駅の人出を見て「今日は祭りか」と思ったら普通の日でショックを受ける。
田舎に比べて生活自体にお金がかかる東京暮らしに疲れていたため、数年で再び札幌勤務となりホッとする。

□2002年(30才)
映像制作会社に転職、アシスタントディレクターとなる

□2007年
結婚

□2008年
7月:メニエール病になるが、約3週間でまあまあ回復  
8月:北海道の人気番組のディレクターとなる

□2009年
交通事故に遭ったのを機に不動産投資の勉強を開始

□2010年(37才)
8月:1棟目のアパート購入(2LDK×4)

□2011年
8月:2棟目のアパート購入(1LDK×1、2LDK×2、3LDK×2、テナント×1)


9月:3棟目のアパート購入(1K×10)


□2012年(39才)
2月:4棟目のアパート購入(1DK×8)
5月:5棟目の戸建て購入(6LDK)
6月:映像制作会社を退社
8月:自分の会社を立ち上げる
9月:6棟目の戸建て 購入(4LDK)

□2013年(40才)
2月:7棟目のアパート購入(2LDK×6)
7月:8棟目のアパート購入(2LDK×4)

□2014年(41才)
マレーシアへ移住

□2018年(45才)
札幌の大学(北海学園、札幌大学等)で講師を務める

新築RC物件・海外物件など含め、計100室を所有する

ページの
トップへ