• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

7,921アクセス

なりたい自分になる3つのステップ

張田満さん_画像 第52話

日本に帰国する度に、友人たちから「 痩せたね 」と言われたりします。実は、3年前と比較すると約12s体重が減りました!

減量12kgというとちょっとスゴい感じがしますよね! でも、12kgといっても3年間ですから、1年で4kgずつ。一カ月だと333g、一日当たりだとたったの11gですから、実はたいしたことはないのです。

実際に特別なダイエット法や運動などは行なっていません。食事の量と回数を少しだけ減らすように、食習慣をちょっと変えただけなので、ストレスやリバウンドもありません。

ほんのわずかなことでも行動を変え、時間を味方に付ける事は確実に成果につながるのだなぁと実感しています。ちなみに、もしも毎日100円貯金していたら、109,500円も溜まっていたんですね...。まさに、継続は力なり、です。



■ 今、なりたい自分になっていますか?

もしも、20才だった過去の自分が、今の自分をウォッチしたとしたら... 一体どんな風に感じるのだろうか? と考える事があります。

未来の自分は成長していて、うれしく思うのでしょうか? それとも、ガッカリ? ビックリ? 当時なりたかった自分になれているのか? 未来の自分がどのようになっているのかは誰もが気になるのではないでしょうか。

私の場合、家族、友達、仲間、仕事、収入、趣味、体重、容姿、健康、人への優しさ、等々、将来の自分はどうなっているかについて、いろいろと心配していたように思います。

当時と同じように、現在の自分も未来の自分をイメージしています。私がダイエットを継続しているのも、不動産投資によって資産構築を進めるのも、マレーシアに移住した事も、すべてなりたい自分に近づくための行動です。

■ 「 なりたい自分になる 」ための3つのステップ

当たり前ですが、今この瞬間の決断と行動の結果が未来の自分を作っているのですから、全てが「 なるべくしてなっている 」ことになります。

逆にいえば、決断と行動によって未来はコントロールできる、ということだと思います。私は、なりたい自分に近づいていくために、以下の3つのプロセスをルーティーンさせるようなイメージを持っています。

@なりたい自分像を描く⇒具体的にイメージする
Aなりたい自分像に近づく⇒やれることはやる
Bなりたい自分像のブラッシュアップ⇒チェック&修正


@なりたい自分像を描く⇒具体的にイメージする

まずは、「 どんな自分になりたいか? 」をできるだけ鮮明にイメージすることから始まります。ライフスタイル、家庭、友人、仕事、服装、住まい、健康、食事、体型、などの理想について考え抜き、「 理想の自分像 」を具体的に描きます。

まるで映画を観るかのように、細部までイメージするのが理想です。不動産投資の場合だと、所有物件のスペックやスケール、借入金額、時間の使い方、などについて、理想の大家像をイメージすることがポイントです。

イメージを描くことによって、そのためには何をすればいいのかが決まり、行動指針ができ上がります。明確な行動指針を持つことで、決断のスピードや精度が飛躍的に高まります

Aなりたい自分像に近づく⇒やれることはやる

次は、@でイメージした、なりたい自分像に近づいていくための行動をします。簡単なことからスタートします。例えば、服を買いかえる事や食生活を改善するなどはすぐにでも始められます。

しかし、この時に気を付ける事があります。例えば服を買う場合、今の自分に似合う似合わないを服選びの基準にしてはいけない、ということです。ポイントは、未来の「 なりたい自分が着ている服装 」を選ぶことなのです。

私は初心者の頃、買付を入れる前に加藤ひろゆきさんの書籍を読み、加藤ひろゆきさんになったつもりで指値を入れる、ということを繰り返していました。思い切った指値を入れるのは勇気がいるものですが、そのおかげでいい物件が買えました。

食事、健康、会話、習慣、仕事...全て同じだと思います。今の自分ではなく、なりたい自分に歩みよっていくように行動するのです。

Bなりたい自分像のブラッシュアップ⇒チェック&修正

人は日々学び、成長していきますので価値観も変化していきます。そう考えると、最初にイメージした自分像にこだわりすぎず、定期的に見直して修正していく必要があると思います。

実は以前の私にとってのなりたい自分のイメージは、豪邸に住み高級車に乗ることでした(^_^;)。しかし、当時と今の私の理想は異なっています。

現在の自分は、所有物を減らして肉体的にも精神的にもフットワークを軽く保っているライフスタイルをステキだと思っていますし、そんな自分になりたいと思っています。

過去の理想像に執着せずに、@⇒A⇒B⇒@⇒A⇒Bを繰り返すうちに、無理なく、なりたい自分近づいていけるように思います。

これは、自分が求める不動産投資の在り方についてもあてはまります。私の場合、「 できるだけ少額の借入金額で木造アパートを増やしていく! 」というのが当初の目標でしたが、実際には、新築RCや海外物件も購入しています。

当初の私が想像していた不動産投資のイメージに固執していたら、おそらく現在の資産構成にはいたらず、まだマレーシアで暮らしていないように思います。もっと言うと、海外に住もうという考えすら浮かんでいなかったかもしれません。

ここでのポイントに、ガマンするやり方はNG、ということがあります。ダイエット、禁煙、禁酒、などを成功するために必要なのは、強靭な鉄の意志でのガマン! と思いがちですが、真実は違います。

家庭、仕事、健康など、人間の営み全てに共通しているのですが、ガマンしていることは継続できません! ガマンはいずれ破たんするのが運命。ガマンを重ねた先に理想の自分でなく、疲れ果てて挫折した自分です。

ガマンすることにフォーカスするのではなく、心の在り方を「 なりたいからする! したいからやる! 」に置き換えることによって物事がカンタンになっていくのを体感しています(^^)



健美家サイト会員登録で最新コラムやニュースをチェック!

健美家不動産投資コラム

プロフィール

■ 張田ミツルさん

horiuchisan

□1972年、北海道生まれ
□5人家族(妻&三姉妹)、マレーシア在住

☆不動産投資を始めたきっかけは大家列伝に詳しく載っています
大家列伝【前編】
大家列伝【後編】

【 YouTube 3チャンネル OA中!】

・ハリー326
「Harry VLOG ハリーブログ」

・インベスター Japan
不動産投資家の本音に迫る! 専門チャンネル

・Malaysia Penang diary326
MYマレーシア暮らしリポート

・ツイッター:@MH_Minority
・ブログ:harry326
・Facebook:張田ミツル
・Instagram:mh.mitsuru

□不動産賃貸業
□講演家
□文筆家
□映像クリエーター

■ 経歴

□1990年
地元の高校を卒業後、メーカーに営業職として入社

転勤で東京勤務になった初日、駅の人出を見て「今日は祭りか」と思ったら普通の日でショックを受ける。
田舎に比べて生活自体にお金がかかる東京暮らしに疲れていたため、数年で再び札幌勤務となりホッとする。

□2002年(30才)
映像制作会社に転職、アシスタントディレクターとなる

□2007年
結婚

□2008年
7月:メニエール病になるが、約3週間でまあまあ回復  
8月:北海道の人気番組のディレクターとなる

□2009年
交通事故に遭ったのを機に不動産投資の勉強を開始

□2010年(37才)
8月:1棟目のアパート購入(2LDK×4)

□2011年
8月:2棟目のアパート購入(1LDK×1、2LDK×2、3LDK×2、テナント×1)


9月:3棟目のアパート購入(1K×10)


□2012年(39才)
2月:4棟目のアパート購入(1DK×8)
5月:5棟目の戸建て購入(6LDK)
6月:映像制作会社を退社
8月:自分の会社を立ち上げる
9月:6棟目の戸建て 購入(4LDK)

□2013年(40才)
2月:7棟目のアパート購入(2LDK×6)
7月:8棟目のアパート購入(2LDK×4)

□2014年(41才)
マレーシアへ移住

□2018年(45才)
札幌の大学(北海学園、札幌大学等)で講師を務める

新築RC物件・海外物件など含め、計100室を所有する

ページの
トップへ