• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

10,417アクセス

10年前の自分に伝えたい。「不動産投資はカンタン」です。

張田満さん_画像 第62話

■10年前の自分へ伝えたいこと

私の暮らすマレーシアでは2月に新年が訪れます。そして、新年を迎えると何故か、「 初心忘るべからず 」という言葉が思い浮かびます。

【 初心忘るべからず( しょしんわするべからず ) 】
「 物事に慣れてくると、慢心してしまうことがある。何事も、それを始めようとした時の志、謙虚さや真剣な心構えを忘れてはならない 」。

アパート経営を始めてすでに7年以上が経過しましたが、この言葉を胸に、気を引き締めてこれからもアパート経営へ取り組む思いでおります。

などとカッコつけておきながら、あえて言いたい事があります! それは「 不動産投資はカンタン である! 」ということ。まぁ、こんなこと書こうものなら「 そんなわけないだろ! 」「 なめるな! 」などお叱りが飛んで来そうですね(^_^;)

このコラム、私は想定している読者像を持っているのです。それは「 サラリーマンから脱却したいが、どうしていいのかわからない 」という方。つまりそれは、10年前の自分自身なのです。

ですから、批難を覚悟して過去の自分へ伝えたいのです。「 不動産投資はカンタン 」なことを。なぜなら、社会人として、これまでに身つけたスキルがそのまま役立つからです。だから、大丈夫ということです。

■ 不動産投資がカンタンである3つの理由

私が不動産投資がカンタンである思う理由は、3つあります。@ 特別な才能がいらない、A 成功するために必要な情報が豊富にある、B サラリーマンとしてのノウハウが生かせる、という3つです。

@ 特別な才能がいらない

まとまった資金を用意できれば、誰もが大家としてデビューできます。社会人経験があり、関連書籍で知識を学べば、アパートを安定して運営できる可能性は高いといえます。

安価な物件なら、リターンは大きくない分、リスクも最小限でスタートできます。それに、アパート経営は、特殊な知識やスキルも不要ですし、瞬間的な判断力も必須ではありませんので、石橋を叩いて渡るタイプの方も取り組みやすいといえます。

インテリアのセンスがなければ、雑誌などの情報を真似すればいいですし、運営方法で困ったら大家仲間に相談して解決できるでしょう。逆にいうと、センスがあって決断力と行動力が高い人は圧倒的優位に立てるということです。

A成功するために必要な情報が豊富にある

書籍やセミナー、この健美家サイトなど不動産投資にまつわる情報は溢れかえっています。選べないほどに充実しすぎた不動産書籍のコーナーを前にすると、不動産投資家は全員学び続けているような錯覚をうけてしまうかもしれません。

でも私の経験上、「 継続して学び、成長しつづけていく方 」は少数派だと感じています。ときどき、セミナー等に行くと、いつも決まったメンバーが参加しています。それは逆に言うと、それ以外の人たちは最初から積極的に学ぶ気がないのだと思われます。

世の中の建築物のほぼ全てに所有者がいるのですから、もしも皆学ぶ姿勢を持っていたとしたら、不動産投資本がミリオンセラーになったり、セミナーは数年先まで予約で埋まっていることでしょう( 笑 )。しかし、実際にはそうではありません。

このコラムを読まれている方のように、自分の時間とお金を使って学んでいる意識の高い方はほんの一握りしかいないといえるのです。逆にいえるのは、学ぶ姿勢と情報を取捨選択するセンスがあれば圧倒的優位に立てるということです。

Bサラリーマンとしてのノウハウが生かせる

これから不動産投資にチャレンジしたいと考えた時、サラリーマンは、最高に恵まれた環境にいると言えます。属性による融資の優位性はもちろんですが、なによりもアパート経営に必要な基礎的なスキルが身につているからです。

あいさつ、会話力、電話応対、指示、報告、チーム力、資料作成、接客、クレーム対応、運転、FAX、パソコン、ネットなど… サラリーマンであれば、当たり前のスキルでしょう。ワードやエクセルを普通に使えるのも、サラリーマン経験のおかげです。

そして、今、サラリーマンの方にとって、普段使いしているスキルをそのまま活用できて、なおかつ収入源にできる仕事というのは限られています。そう考えると、かつての私のような平凡なサラリーマンでも成功できる不動産投資は、他の事業に比べて、カンタンだと思うのです。

( ただし、サラリーマンは大きな借金に関する知識はないので、いきなり大きな借金をするのは無謀のように感じます )。

■【 難しい 】?【 カンタン 】は紙一重

同じことでも、カンタンと受け止める人と、難しいと受け止める人がいます。例えば、空室の多い商業ビルを購入した場合、活用方法の選択肢はたくさんあります。

現状のままテナントを募集してもいいし、シェアオフィスや貸し会議室として運営する選択もあります。状況によってはトランクルームもアツいかもしれません。もちろん、そのまま転売することも考えられます。

この事実ひとつをとっても、「 たくさんの選択肢の中から当たりそうな一つを選べばいいから、カンタン 」という人もいれば、「 選択肢がたくさんありすぎて、どれを選べば成功するかわからないから難しい 」という人もいます。

ここでの違いは、難しく考える人は、「 完璧 」を目指す傾向があり、「 カンタン 」と考える人は、「 まずは、そこそこ 」を目指してみて、そこから最善策を目指していくということです。

つまり、難しいも、カンタンも、捉え方次第というわけです。そして、難しいと考える傾向にある人は、なかなか前に進むことができず、悩みを抱えやすくなってしまいます。

ちなみに、私自身はバリバリ稼ぐ不動産業者を目指しているわけでもないので、「 そこそこ 」の利益を得ながら、ゆるい生き方をしたいと考えながら、今に至ります。

最初の一歩を踏み出すのが怖いという人は、完璧な成果を目指しすぎているのかもしれません。小さなリスクで、小さな一歩を踏み出してみてはどうでしょう。意外とカンタンに進んでいけるものですよ。

楽天家は、困難の中にチャンスを見出だす。
悲観論者は、チャンスの中に困難を見る。


ウィンストン・チャーチル



健美家サイト会員登録で最新コラムやニュースをチェック!

健美家不動産投資コラム

プロフィール

■ 張田ミツルさん

horiuchisan

□1972年、北海道生まれ
□5人家族(妻&三姉妹)、マレーシア在住

☆不動産投資を始めたきっかけは大家列伝に詳しく載っています
大家列伝【前編】
大家列伝【後編】

【 YouTube 3チャンネル OA中!】

・ハリー326
「Harry VLOG ハリーブログ」

・インベスター Japan
不動産投資家の本音に迫る! 専門チャンネル

・Malaysia Penang diary326
MYマレーシア暮らしリポート

・ツイッター:@MH_Minority
・ブログ:harry326
・Facebook:張田ミツル
・Instagram:mh.mitsuru

□不動産賃貸業
□講演家
□文筆家
□映像クリエーター

■ 経歴

□1990年
地元の高校を卒業後、メーカーに営業職として入社

転勤で東京勤務になった初日、駅の人出を見て「今日は祭りか」と思ったら普通の日でショックを受ける。
田舎に比べて生活自体にお金がかかる東京暮らしに疲れていたため、数年で再び札幌勤務となりホッとする。

□2002年(30才)
映像制作会社に転職、アシスタントディレクターとなる

□2007年
結婚

□2008年
7月:メニエール病になるが、約3週間でまあまあ回復  
8月:北海道の人気番組のディレクターとなる

□2009年
交通事故に遭ったのを機に不動産投資の勉強を開始

□2010年(37才)
8月:1棟目のアパート購入(2LDK×4)

□2011年
8月:2棟目のアパート購入(1LDK×1、2LDK×2、3LDK×2、テナント×1)


9月:3棟目のアパート購入(1K×10)


□2012年(39才)
2月:4棟目のアパート購入(1DK×8)
5月:5棟目の戸建て購入(6LDK)
6月:映像制作会社を退社
8月:自分の会社を立ち上げる
9月:6棟目の戸建て 購入(4LDK)

□2013年(40才)
2月:7棟目のアパート購入(2LDK×6)
7月:8棟目のアパート購入(2LDK×4)

□2014年(41才)
マレーシアへ移住

□2018年(45才)
札幌の大学(北海学園、札幌大学等)で講師を務める

新築RC物件・海外物件など含め、計100室を所有する

ページの
トップへ