• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

7,244アクセス

フレームを外せ!セミリタイアは「選択肢がMAX化」した世界へのパスポート

張田満さん_画像 第81話

前回のコラムで「 アルコールを卒業 」したことをお伝えしたところ、「 ガマンして辛いでしょ? いつまで続けるの? 」など、多くの反響をいただいています。やはり世の中、「 お酒をやめたい 」と思っている方が多いようです。

ちょっと誤解があるようなので、改めて。大好きだったビールを飲まなくなって6週間がたちました。その間の私はお酒をガマンしている、という状態ではありませんでした。

言うなれば「 卒業した 」という感じですので、これからも挫折してビールマンに復活してしまうことはありえません。それは、以下のように自己マインドセットを完了させたからです。

ビールをガマンする!→×( 禁酒 )
ビールはもう必要ない!→ ○( 卒業 )


毎日通っていた学校も、卒業したら行く必要がないのと同じです。お酒はもう必要ない!という結論に至り、「 飲まない自分 」を選択したのです。

日本では20才以上であればお酒を飲んでOKですが、同時に飲まない、という選択肢もあります。今更ですが、飲まない自分へと選択し直したという感じです。

日頃から「 自分の人生をコントロールしたい 」と思っています。そのためにも、「 自分で決めた本気の決断はやり遂げる!責任を持つ! 」という姿勢を貫く自分でありたいのです。



■ セミリタイアして一番変わったのは選択肢が増えたこと

6年前、サラリーマンを卒業しました。
20年以上続いたサラリーマン生活と、現在の自由奔放なライフスタイルを比較すると、全てが異なっています。

会社員としての拘束時間が消滅しましたので、自由な時間が増えたというのはもちろんですが、他にもお金の使い方、出会う方や会話内容など、日常生活のあらゆる部分が別物になりました。

さらに、決定的に大きく増大したことがあります。
それは、「 選択肢がMAX化! 」したということ。

サラリーマン時代を振り返ると、その時は自分で自由に決めていると思っていたことが、実は狭く限定された領域での選択だった、ということに、今更ですが気が付きました。

例えば、起床時間は自分で決めている気になっていましたが、本当は「 起きなければいけない時間 」内のとても狭い選択肢の中から決めていました。

今は起きる時間は完全に自由です。だいたいは目が覚めるまで寝ることが多いですが、いつでも昼寝OKなので、逆に早朝3時に起きるときもあります。

■「 フレーム 」にとらわれていないか?

会社というフレームがなくなると、選択肢は一気に広がり「 MAX化 」します。毎日の食事、服装、持ち物、髪型、移動をどうするか。いつどこで過ごすかも好きなように選べます。

サラリーマンを卒業して独立を目指す方であれば、今のうちから、従来のフレームを外してみる、今までと異なる選択をする、ということを意識するといいと思います。

これまで、自分の思考と行動が「 いかに、サラリーマンというフレームに縛られていたのか? 」ということに気づくでしょう。そうすることによって、今のうちから精神的な自由に向かっていけます。

これは、サラリーマンに限ったことではありません。現在の私は、自分の物件購入や売却などについての考え方やアプローチが、専業大家としてのフレーム内に小さく収まっていることを痛感しています。

「 その小さなフレームを外せ! 」と自分に言い聞かせる日々です( 笑 )。経営者はもちろん、スポーツ選手の決断や行動、自然科学や宇宙など、広い分野からの学びを反映したいと思うのです。



■ 不動産投資は「 サラリーマンというフレーム 」の中で選んだ稼ぎ方

最近は、講師としての活動する機会が増えてきました。そこで必ず「 なぜ不動産投資を選んだのですか? 」と質問されます。その時は不動産投資のロジックや合理性などを説明するのですが、その回答では十分ではありません。

補足するなら、「 当時の私はサラリーマンというフレームから物事を思考していました。そのフレーム内で考えたお金儲けの選択肢の中で、不動産投資がベストと感じたから 」ということになります。

そして、状況は変わりました。現在の自分は、「 稼ぐ方法 」が無限にあると知っています。家賃収入も自由な時間もあり、選択肢はMAX化したのですから、ここから新しい稼ぎ方でお金を得ることも可能でしょう。

不動産投資にこだわる必要はありません。選択肢が無数にあるステージに行くために不動産投資をブースターとして使ったけれど、あまり情熱がわかないのでこれからは別の道でがんばるという人がいたって当然です。

向き不向きは誰にだってあります。サラリーマン時代、私は出張が大好きでしたが、嫌がる方もいました。逆に、私は事務処理が苦手なので、楽しそうに取り組んでいる方を見ると、尊敬します。

のんびりした生活が合わないという人もいると思います。そういう人は、そこにとどまることにこだわらず、また違う生き方に挑戦すればいいと思います。選択肢はMAXなんですから。

■ 世界へ出よう。日本の面積は地球上のわずか0.074%

「 なぜ海外に行くのか? 」という質問も受けます。海外に行く理由はいろいろありますので、その時々でアレンジしてお答えしているのですが、実はちょっとこの質問に違和感を覚えています。

そもそも「 なぜ海外に行くのか? 」と疑問に思ってしまっていること自体がまずいのです。それは、完全に「 日本にずっといるのが普通というフレーム内で物事を考えている証拠 」だからです。

私たちは地球という惑星フィールドを楽しむために生まれてきました。

日本の面積は、およそ378,000平方キロメートル
地球の面積は、およそ510,100,000平方キロメートル
地球上における日本とは、わずか0.074%のフィールド!!


つまり、日本に留まり続けるということは、0.074%の超限定フレーム内での選択肢しか持てない!ということなのです。(^_^;)



もしも、ドラクエやFFなど、壮大なRPGゲームだと知って買ってきたのに、フィールドの0.074%の範囲でしか遊べなかったら…。クレームで返品したくなるのではないでしょうか( 笑 )

私は最近、学生の皆さんに話をする機会が多いのですが、そこでしつこく言っていることのひとつに、「 まずはパスポートを取りましょう! 」ということがあります。

自動車の運転免許証の取得よりも安価で早い! 試験もなし!
取得費用は2万円かからず、しかも10年間有効!
どんな資格を取得するよりもまずはパスポートをゲットしましょう!


0.074%の限定を解除して、100%の世界へと可能性が広がるチケット、パスポートはまさに「 神アイテム 」なのです。持っていない、という選択はありえません。

■ 7月21日の健美家セミナーのお知らせ

セミリタイアと、学生のパスポート取得には、重なる点があると思います。私たちが得るのは、選択肢をMAX化できる世界へのパスポートです。( 責任を自分で負う世界のパスポートでもあります )。

さて、7月21日( 土 )、健美家さんで「 3年以内に会社を辞めたいサラリーマン大家さん限定セミナー 」を開催することになりました。東京では初めてのセミナー。今からワクワクしています。



健美家サイト会員登録で最新コラムやニュースをチェック!

健美家不動産投資コラム

プロフィール

■ 張田ミツルさん

horiuchisan

□1972年、北海道生まれ
□5人家族(妻&三姉妹)、マレーシア在住

☆不動産投資を始めたきっかけは大家列伝に詳しく載っています
大家列伝【前編】
大家列伝【後編】

【 YouTube 3チャンネル OA中!】

・インベスター Japan
不動産投資家の本音に迫る! 専門チャンネル

・Malaysia Penang diary326
MYマレーシア暮らしリポート

・ハリー326
「Harry VLOG ハリーブログ」

・ツイッター:@MH_Minority
・ブログ:harry326
・Facebook:張田ミツル
・Instagram:mh.mitsuru

□不動産賃貸業
□講演家
□文筆家
□映像クリエーター

■ 経歴

□1990年
地元の高校を卒業後、メーカーに営業職として入社

転勤で東京勤務になった初日、駅の人出を見て「今日は祭りか」と思ったら普通の日でショックを受ける。
田舎に比べて生活自体にお金がかかる東京暮らしに疲れていたため、数年で再び札幌勤務となりホッとする。

□2002年(30才)
映像制作会社に転職、アシスタントディレクターとなる

□2007年
結婚

□2008年
7月:メニエール病になるが、約3週間でまあまあ回復  
8月:北海道の人気番組のディレクターとなる

□2009年
交通事故に遭ったのを機に不動産投資の勉強を開始

□2010年(37才)
8月:1棟目のアパート購入(2LDK×4)

□2011年
8月:2棟目のアパート購入(1LDK×1、2LDK×2、3LDK×2、テナント×1)


9月:3棟目のアパート購入(1K×10)


□2012年(39才)
2月:4棟目のアパート購入(1DK×8)
5月:5棟目の戸建て購入(6LDK)
6月:映像制作会社を退社
8月:自分の会社を立ち上げる
9月:6棟目の戸建て 購入(4LDK)

□2013年(40才)
2月:7棟目のアパート購入(2LDK×6)
7月:8棟目のアパート購入(2LDK×4)

□2014年(41才)
マレーシアへ移住

□2018年(45才)
札幌の大学(北海学園、札幌大学等)で講師を務める

新築RC物件・海外物件など含め、計100室を所有する

ページの
トップへ