• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

8,693アクセス

思い出いっぱいの1棟目アパートを売却。利益を確定して次に欲しいもの。

張田満さん_画像 第88話

11月1日、8年前に購入した記念すべき所有一棟目のアパートを売却しました。当時、サラリーマンだった私が大家デビューさせてもらった思い出深い物件であり、平凡なサラリーマンだった私が大家として独立し、海外へ移住するに至るキッカケを与えてくれたアパートでした。

そんな特別なアパートではあったのですが、今回、思い切って売却という決断をしました。

< 平成22年8月に購入した1棟目アパート / 購入から売却までの収支 >

【 購入時 】
物件構造 木造アパート( 築7年 )
物件間取 2LDK×4世帯( 空室3世帯 )
購入価格 1,900万円
借入金額 1,700万円( 10年固定金利1.85% )
満室家賃 約26万円/月

【 所有期間98ヶ月 】( フル満室想定での概算 )
総家賃収入 2,548万円
ローン残債 1,000万円弱

【売却時】
売却価格 2,500万円オーバー、満室引き渡し

■ 売却を決意した理由

私にとって家賃収入は、会社員にとっての給料のようなベーシックインカム的な大事な存在です。初めて購入した思い出たっぷりの1棟目アパートですので、売りたくない気持ちもありました。

8年前、独立起業する準備も度胸もない、でも、自由な時間を確保したい! そんな中途半端な私が自分を変えるきっかけになった初めの物件でした。それでも今回、売却を決意したのは、利益を確定させたかったからです。

「 投資なんだから当たり前じゃないか! 」と言われてしまいそうですが、私は不動産投資を「 時間の自由を得る 」「 自動的にお金を得る仕組み 」を実現するための手段としてスタートしており、ずっと持ち続けるという選択もありました。( スタート時はそのつもりでした )

しかし、私は「 ゆるい大家 」であり、運営はできるだけ簡潔でありたいと常に考えていました。その結果「 物件ごとに確実に利益を確定させていく 」という、超シンプルな売却指針をとることに決めたのです。



■ 自由でありたい!「 選択肢 」を増やしていく

家賃収入からのキャッシュフロー( 以下CF )を収入源として暮らしているわが家にとって、毎月のCFは文字通り生きる上での生命線です。

そんな私が大家になって8年。やっと「 毎月のCFでこの先も安定安心な生活ができる! 」という状態になれたのに、物件を売却して利益を確定させたのにはわけがあります。

それは、「 一度の人生、このまま専業大家として資産を増やし続けるだけで本当にいいのか??? 」という野心( ? )がムクムクと成長してきたためです。

参照:不動産投資で生きる現状に満足している自分。こんな俺ってダサいんじゃねぇ?

今回の売却決済時に、買主さんから「 今回の売却益の使い道は? 新たに物件購入をするのですか? 」と尋ねられました。私は「 今のところ、物件購入の予定はなく、使用目的も特にありません 」と、正直にお話しました。

ただし、使用目的については、正確にいうと若干事実と違います。確かに物件購入の意志はないのですが、他に欲しいと思っていることがあるのです。私は、もっと自由になりたいのです。「 不動産投資にしばられない自由 」が欲しかったのです。

私は、「 自由 」とは「 選択肢がふえること 」でもあると思っています。私にとって、まとまった現金を手にすることは、自由に近づくことと同じなのです。

まとまった現金⇒選択肢が増える⇒自由になる



■ 手持ちの現金は自由につながる

今回の物件売却のポイントは3つあります。

・物件所有への執着を捨てさることができた
・所有物件の規模拡大への興味が完全に失せた
・新たなステージへの挑戦モードの入口に立てた


今は所有物件が多少増えたこともあり、「 時間とお金の使い方 」を、不動産投資とは異なる事業へと移行することを進めています。

現在の、【 不動産投資8:2ビジネス 】の状態から、【 不動産投資2:8ビジネス 】へと転換するイメージです。言い換えれば、経営者として「 選択肢を増やしたい 」という思いがありました。

私は今46才です。自分の興味の対象が不動産投資から別のビジネスにシフトした今、物件を売ったそのお金とこれからの私の時間は、そちらに投資していくつもりです。

これまで、資産の組みかえを行わずに物件購入を続けてきたため、余剰金といえる手持ちの現金は常にギリギリ。やっと現金が貯まってきたら新たに物件を購入、を繰り返していました。

安い時期に仕入れた物件をこのタイミングで売却できたのは幸運だったと感じています。

余談ですが、今回の決済でいろいろと考えさせられることがありました。買主さまは30歳後半で会社経営者。私のアパートは二棟目として購入されたということでした。

本業が絶好調で、儲けを現金ではなく不動産資産として所有していきたい! とのこと。不動産投資の王道を走っていました。社宅としての活用も考えているそうです。

「 一棟目はいつ購入したのですか? 」とたずねると、「 昨日買いました! 」との返事。一同ビックリで大笑いでした。カラダにもエネルギーが満ちていて、イケイケの上昇パワーが眩しいほどでした。

自分が不動産投資を始めたころのドキドキ感を思い出しました。また味わいたいなぁ、と楽しくなってきました。



■ セミナーのお知らせ

今年「 アウトプット 」をマイテーマとして、各地で開催してきたセミナーも、札幌と名古屋のラスト2回となりました。

そして、今年限りでセミナーは終えます。ビジネスモードに入りますので来年の開催予定はありません。今年セミナー会場でお会いできるのを楽しみしております。

◇2018年11月24日( 土 ) 札幌
極東船長プレゼンツ
「 張田ミツルと30才大家さんコラボセミナー 」in 札幌
詳細・お申し込み→コチラ
※ご不明点やお問い合わせがある方は、リンク先のページからお願いします。

◇2018年12月1日( 土 ) 名古屋
波乗りニーノ&張田ミツル のWセミナー
「 3年以内に会社を辞めたい大家さん限定セミナー 」in 名古屋
詳細・お申し込み→コチラ
※ご不明点やお問い合わせがある方は、リンク先のページからお願いします。

健美家サイト会員登録で最新コラムやニュースをチェック!

健美家不動産投資コラム

プロフィール

■ 張田ミツルさん

horiuchisan

□1972年、北海道生まれ
□5人家族(妻&三姉妹)、マレーシア在住

☆不動産投資を始めたきっかけは大家列伝に詳しく載っています
大家列伝【前編】
大家列伝【後編】

【 YouTube 3チャンネル OA中!】

・インベスター Japan
不動産投資家の本音に迫る! 専門チャンネル

・Malaysia Penang diary326
MYマレーシア暮らしリポート

・ハリー326
「Harry VLOG ハリーブログ」

・ツイッター:@MH_Minority
・ブログ:harry326
・Facebook:張田ミツル
・Instagram:mh.mitsuru

□不動産賃貸業
□講演家
□文筆家
□映像クリエーター

■ 経歴

□1990年
地元の高校を卒業後、メーカーに営業職として入社

転勤で東京勤務になった初日、駅の人出を見て「今日は祭りか」と思ったら普通の日でショックを受ける。
田舎に比べて生活自体にお金がかかる東京暮らしに疲れていたため、数年で再び札幌勤務となりホッとする。

□2002年(30才)
映像制作会社に転職、アシスタントディレクターとなる

□2007年
結婚

□2008年
7月:メニエール病になるが、約3週間でまあまあ回復  
8月:北海道の人気番組のディレクターとなる

□2009年
交通事故に遭ったのを機に不動産投資の勉強を開始

□2010年(37才)
8月:1棟目のアパート購入(2LDK×4)

□2011年
8月:2棟目のアパート購入(1LDK×1、2LDK×2、3LDK×2、テナント×1)


9月:3棟目のアパート購入(1K×10)


□2012年(39才)
2月:4棟目のアパート購入(1DK×8)
5月:5棟目の戸建て購入(6LDK)
6月:映像制作会社を退社
8月:自分の会社を立ち上げる
9月:6棟目の戸建て 購入(4LDK)

□2013年(40才)
2月:7棟目のアパート購入(2LDK×6)
7月:8棟目のアパート購入(2LDK×4)

□2014年(41才)
マレーシアへ移住

□2018年(45才)
札幌の大学(北海学園、札幌大学等)で講師を務める

新築RC物件・海外物件など含め、計100室を所有する

ページの
トップへ