• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

6,476アクセス

苦手克服に時間を使うな。自分と向き合う「海外ひとり旅」のススメ

張田満さん_画像 第91話

先週から日本に一時帰国しています。
帰国目的はいろいろとありますが、大きな理由のひとつは確定申告です。

■ 弱点克服のために、限りある人生の時間を使ってはいけない

私は税務が大の苦手であり、投資家として大きな弱点を持っています。といっても、優秀で信頼おける税理士先生に全てをお願いしていますので、書類を整理して提出するぐらいのライトな作業で済みました。

大家になった当初3年間は、税務申告の概要を把握したいと思い、自分で確定申告にチャレンジしていましたが、税務署に行き担当者の方に教えてもらいながら書類を作成していくのは本当に苦しかったのです。

自分で書類をまとめ計算を入れていく業務から多くを学べましたが、そもそも数字が苦手な私にとってはストレスフルなチャレンジでした。そんな経験をした結果、今は税理士先生にお任せして良かったと思っています。



実は昨年、やはり弱点は無い方が良いだろう、簿記の勉強をして弱点を克服するべきだ、と考えて取組んでみたのですが、やっぱり興味がないことは継続できません。あっさりと挫折してしまい、今は弱点克服をキッパリと諦めました。

というか最近では、そもそも弱点を克服する必要などあるのか? と考えています。

この先、税金が得意な自分になるためには、多くの時間を簿記の勉強に費やす必要があるでしょう。しかし、人生の時間は有限です。苦手なことはその道のプロに依頼して、それぞれの立場で「 自分らしくあるために時間を使う 」ことが、ハッピーな選択だと思うのです。

私の場合、娘たちと遊んだり学んだりして一緒に時間を共有することや、情報発信して家族で海外移住して暮らしてきた経験を伝えるなど、「 自分にしか出来ないこと 」に時間を使いたい、と考えました。

ちなみに、税金の勉強自体には時間をかけてはいませんが、税理士選びには時間とお金を使ってきました。税理士事務所を三社、担当税理士5名とのやり取りを経て、現在の信頼できる税理士先生と出会えました。

ストレスフリーなライフスタイルを目指すには、税理士先生とのパートナーシップこそが重要なポイントになる、と思いエネルギーをかけたのは正解でした。

不動産投資も、気持ちよく楽しい仕事だと感じながら取組む姿勢は素敵です。一方で、お金のために、あまり乗り気じゃないけど続けている、という今の私のような状態は残念だと思うのです。( 当初のような不動産投資への情熱を取り戻せない私… )



■ ひとり旅のすすめ

人が死ぬ間際に後悔することナンバーワンは「 もっとチャレンジすればよかった 」ということだそうです。自分にしか出来ないことをしたい。そんな人にオススメしたいことがあります。それは「 ひとり旅 」です。

できれば、日本国内の旅行ではなく、海外へのひとり旅がおすすめです。自分を客観的に観察したい!自分の内面と向き合いたい!新たな気づきを得たい!そんな方には特に得るものが多いと思います。

理由は明確。それは「 自分だけのかけがえのない経験 」をたくさん得られるからです。知らない文化、知らない旅先、ただそこにいるだけで、自分の価値観がバージョンアップされていく感覚…。 世界が広がることを実感できます。



■ タイで見た光景とその後の決意

私の初めてのひとり旅は、タイのバンコクでした。「 変わりたい、成長したい」 と、勇気を持って出発しました。知らない国で知り合いゼロ、言葉も通じず不安だらけでした。行ってみてわかったのは、「 なんとかなる 」という事です。

例えば、料理を注文する時も表記がわかりませんので、メニューを指差しながら適当に注文していました。イメージと異なる料理が出てきたりもしますが、まぁ、食べられればOKです。( 現在は他の客のテーブルを見てまわり同じ料理をオーダーしています )

タクシーに乗ったら、目的地と全く違う場所へ連れて行かれたり、ボッタクリな観光ボートに乗せられそうになったりしたこともありました。でも、それもなんとかなりました。そのうち、「 何が起きても、なんとかなる… 」というナゾの自信もわいてきました。

日本で生まれて日本で暮らしていると、考えることなく、オートマチックな日常になります。一方、知らない国でのひとり旅は、行動の全てが脳トレです。相談できる仲間もいないので、一つひとつのアクションごとに、あーでもない、こーでもないと、思考がぐるぐる巡ります。



「 現状を打破したい 」「 生き方を見直したい 」という思いがある方にとってはチャンスです。そんな思考が巡る刺激によって、新たな行動を起こすための「 気づき 」を得られるキッカケになるかもしれません。

私は旅をより楽しむためにマイルールを設けています。それは、予算を抑えること。自由きままなひとり旅ですので、安易にお金で解決するのではなく知恵を使うのです。限られた予算というマイルールの中で、創意工夫を楽しんでいます。

ベトナムではバイク軍団にまぎれてレンタル自転車で汗だくで疾走してみたり、台湾では現地人だけしかしらないような秘境温泉へ潜入したり( 日本人が珍しいのかジロジロと観察されました )、カンボジアではトゥクトゥクを一日チャーター( 800円 )してマニアックな場所を巡ってみたり…。

タイのバンコクは夕方5時には、コンビニ前で車座になって、ビールで乾杯している大人たちで溢れていました。皆さん笑顔いっぱいで楽しそうなのが印象的でした。その時なぜか突然に、東京でのサラリーマン時代に乗っていた満員電車のハードな日常を思い出していました…。

そして衝動的に「 こんな風になりたい! 」という想いが、強く心を撃ち抜きました。私にとってその感覚は、予期せず宝物を発見したかのような衝撃でした。この経験だけでも、勇気を出して、ひとり旅をした価値があったと思っています。



■ 不動産投資への執着が解ける

この海外ひとり旅の後、家族でマレーシアへ引っ越しすることを決めました。そのマレーシア暮らしも、気づけば6年目となりました。

札幌の所有アパート達のおかげで実現した海外生活ですが、不動産投資にへの執着が解けていくような心の変化を感じています。お金を得ることは大切ですが、不動産投資に依存しない自分になりたいと思っています。

お金、時間、仲間、色々なことのバランスを取りながら「自分にしか出来ないこと」へシフトしたい。「 自分の人生を何に使うのか? 」。また、ひとり旅に出て自分と向き合ってみたいと思います。

最後にお知らせです。これまでの私の経験をシェアするセミナーを4月13日に福岡で行います。テーマは、「 人生の時間の使い方 」。サラリーマン卒業後の経験談を軸に、情報、価値、お金、などについてみんなでシェアできればと思います。

詳細・お申し込み⇒コチラ


健美家サイト会員登録で最新コラムやニュースをチェック!

健美家不動産投資コラム

プロフィール

■ 張田ミツルさん

horiuchisan

□1972年、北海道生まれ
□5人家族(妻&三姉妹)、マレーシア在住

☆不動産投資を始めたきっかけは大家列伝に詳しく載っています
大家列伝【前編】
大家列伝【後編】

【 YouTube 3チャンネル OA中!】

・インベスター Japan
不動産投資家の本音に迫る! 専門チャンネル

・Malaysia Penang diary326
MYマレーシア暮らしリポート

・ハリー326
「Harry VLOG ハリーブログ」

・ツイッター:@MH_Minority
・ブログ:harry326
・Facebook:張田ミツル
・Instagram:mh.mitsuru

□不動産賃貸業
□講演家
□文筆家
□映像クリエーター

■ 経歴

□1990年
地元の高校を卒業後、メーカーに営業職として入社

転勤で東京勤務になった初日、駅の人出を見て「今日は祭りか」と思ったら普通の日でショックを受ける。
田舎に比べて生活自体にお金がかかる東京暮らしに疲れていたため、数年で再び札幌勤務となりホッとする。

□2002年(30才)
映像制作会社に転職、アシスタントディレクターとなる

□2007年
結婚

□2008年
7月:メニエール病になるが、約3週間でまあまあ回復  
8月:北海道の人気番組のディレクターとなる

□2009年
交通事故に遭ったのを機に不動産投資の勉強を開始

□2010年(37才)
8月:1棟目のアパート購入(2LDK×4)

□2011年
8月:2棟目のアパート購入(1LDK×1、2LDK×2、3LDK×2、テナント×1)


9月:3棟目のアパート購入(1K×10)


□2012年(39才)
2月:4棟目のアパート購入(1DK×8)
5月:5棟目の戸建て購入(6LDK)
6月:映像制作会社を退社
8月:自分の会社を立ち上げる
9月:6棟目の戸建て 購入(4LDK)

□2013年(40才)
2月:7棟目のアパート購入(2LDK×6)
7月:8棟目のアパート購入(2LDK×4)

□2014年(41才)
マレーシアへ移住

□2018年(45才)
札幌の大学(北海学園、札幌大学等)で講師を務める

新築RC物件・海外物件など含め、計100室を所有する

ページの
トップへ