• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

7,841アクセス

多忙会社員の不動産投資。私がスキマ時間に活用していたスマホアプリ

尾石晴さん_画像 尾石晴さん 第7話

2021/7/24 掲載

こんにちは。子供の夏休みシーズンですね!共働き親で悩ましいのが、子どもの長期休みのスケジューリングです。

「 学童に行かない 」と言う小3息子のスケジュール調整( 習い事やキャンプ、短期講習で埋める作戦 )をしていると、仕事より複雑な業務( 問い合わせ、予約、見学、申込書類、振り込み等 )を遂行している気分になります。

■ 物件が買えない時期は勉強と情報収集を

さて、久しぶりに物件購入の兆しが見えてきました。条件はほぼ整っているのですが、今回は規模と金額が大きいため、現在、金融機関の役員承認待ちです。決まりましたら、またここでもご報告したいと考えています。

最近は、地銀の融資状況が厳しく( 例えば、3億円の物件( 金利1%、35年 )を打診したところ、私の法人背景では6,000万円頭金が必要との返事でした )、小規模不動産投資家には辛い。ということで、新たな金融機関の開拓も行っています。

今は「 中古物件は高いし、ウッドショックで(?)新築も建築費が高騰しているし、融資状況も悪いし 」という状況です。ここ数年で不動産投資を開始した、経験の浅い方ほど悩ましい情勢なのではないでしょうか( 私もです )

物件を買えない時期や出会えない時期は、不動産投資をしていると必ずあります( ありますよね?)。私も買えない時は「 勉強の時期 」と思い、よくスマホのアプリを活用して勉強( 検索、シュミレーションなど )していました。

有名大家さんたちは、「 夜な夜な、家族が寝静まったらPCを立ち上げて深夜に物件検索していた 」「 毎日検索していたら割安物件が分かるようになってきた 」と、会社員時代から多くの物件を見て目を肥やし、自分に適した物件を積み上げて独立していかれました。

しかし、日中に多くの時間を不動産投資に割くことが難しく、家に帰れば子供の世話や家事も待っており、なかなか「 夜中にもくもく 」とはいかない。子供と一緒に寝落ちなんてこともしょっちゅうだった私は、自ずと「 日中のスキマ時間 」を活用した効率的な情報収集や業務を行うようになりました。

■ 私が不動産活動に使っているスマホアプリ

私が活用していたのは、スマホのアプリです。スキマ時間( ランチタイム、移動時間、子供の習い事送迎待ちなど )を見つけては、アプリで作業( 物件探し、シミュレーション、問い合わせ、終始計算、宅建の勉強まで!)。

PCより精度が劣っても、下調べには有効でした。企業側のDX化、IT化も進み、現在は様々な不動産投資に活用できるアプリがあります。今日は私が使っているものや使い方をご紹介してみます。

まず、私はスマホの画面に不動産アプリを一つの枠に入れて置いています( 私はiPhone )

スマホの不動産アプリ一覧

「 物件が欲しくて、でも買えない 」。そんな時は、日常業務の合間に、スキマ時間ができたら迷わずここを押して、収益物件を見たり、収支計算しているものを呼び出して再計算したりしていました。

例えば、物件探しで築古戸建を探すなら、このニフティ不動産の土地検索がおすすめ。土地を指定して、古家ありにチェックをつけて探すと、いわゆる「 築古戸建 」が見つかります( 広島で不動産投資をされている、ちゃんカジさんに教えてもらいました )。気になるものは保存しておいて、見比べたりすることもできます。

スマホアプリ:ニフティ不動産の土地検索

スマホアプリ:ニフティ不動産の築古戸建

アプリのストアで「 不動産投資 」と検索すると色んな物件検索アプリが出てきます。とりあえず好みのものをダウンロードして、使い勝手や出てくる物件情報を見比べて、調べやすいものを選び、日中はアプリ、夜はPCサイトなど使い分けて探します。

良さそうな物件があり、利回りや収支計算をするという時も、スキマ時間にざっとアプリでやってしまいます。不動産投資の収益計算ツール、これはメモを残しておけるので、過去に試算した物件も見られます。

2年前に「 おお、これ良いかも!」と思ったけど買わなかった物件の数字を今見ると、「 計算が甘いな 」「 出口がないじゃないか 」と感じたりします。( 成長の証 )

スマホアプリ:不動産投資の収益計算

スマホアプリ:不動産投資の収益計算のメモ機能

また、物件を見ていると地価情報を知りたい!( 土地総合情報システムはスマホで死ぬほど見にくい )となる時がありますよね?ざっくりで良ければ、下記のアプリ地価マップで地価を見ることができます。こうやって下調べしておくと、いざPCに向かう時は「 知りたいこと、検討したいこと 」が分かっているので、効率よく問い合わせや計算ができます。

スマホアプリ:地価マップ

スマホアプリ:地価マップの表示例

最近は、お願いしている管理会社さんがWealthParkというアプリの導入を始めたので、新築物件はこのアプリで賃貸管理しています。これも便利です。

私のような兼業大家はエクセルファイルで管理更新するのも、結構時間が取られるので、入金明細や情報をアプリで一元管理できるのはありがたいですよね。しかも、このアプリはPCでも閲覧できて、ファイルを落とせるので便利です。

  • 毎月の入金、経費一覧がひと目で分かる
  • 入居者情報、空室管理が蓄積情報として残る
  • レントロールがすぐにダウンロードできる( 地味にありがたい、銀行さんに見せる資料 )
    ( 先月、退去があったので埋めなければ!と焦ります )

スマホアプリ:WealthParkの表示例

余談ですが、最近は、Twitterで「 宅建士 」「 簿記3級 」を受験する方の投稿を多く見ます。この勉強も、スキマ時間にアプリ活用で合格に近づきます!私もFP2、3級はアプリで取得したようなものなので( スキマ時間学習 )おすすめの勉強法です。( 下記のアプリは実際にいくつか落とした中で、個人的に使いやすいと思ったものです )

スマホアプリ:宅建 過去問集 2021年版「スタケン問題編」

スマホアプリ:パブロフ簿記3級

スキマ時間にアプリで得た情報を、帰宅後にPCで見るなら、スマホとPCの一括管理( Mac、Windows、iOS、Android ) で同期できるNotion( これもアプリ )が使いやすいです。

テーブル( 表計算・データベース )、カレンダー、ToDoリスト、ギャラリーなど、いくつも作成できるのですが、メモ帳機能だけでも十分。集めた情報をアプリ上のNotionにコピペして貼っておく、夜にPCでNotionを開くと、集めた情報が全て揃っており、すぐに作業できます。

スマホアプリ:Notion

検討した物件のURL、結果、自己評価( 土地がいまいち、利回り、出口が見えないなど )を書いて貯めていくだけでも、のちの財産になります。

■ 「 欲しい物件 」が見つかった時に役に立つ

情報収集や勉強が本筋になると本末転倒ですが、スキマ時間を使ってコツコツやっておくと、必ずや自分の不動産知識量を増やしてくれる、欲しい物件が出た時の判断材料になるなど、効果はチリツモですが感じています。

「 時間がない、融資が厳しい、欲しい物件に出会えない 」。そんな壁にぶつかった時は、スキマ時間を有効活用して「 情報収集、シミュレーション力磨き、資格取得 」など、未来に繋がる「 点打ち行動 」を楽しく頑張りましょう。私も頑張ります。

プロフィール

■ ワーママはる(尾石晴)さん

ワーママはるさん

ツイッター:
@wa_mamaharu

Voicy:
https://voicy.jp/channel/862/


■ 投資歴

□2009年
リーマン・ショック後に、日本株200万円(結納金)からスタート

□2010年
ドルコスト平均法でインデックスファンドの積立投資開始

□2014年
不動産投資を考えるものの、知識の無さに挫折

□2017年
不動産の勉強再開

□2018年
新築アパート(1LDK8部屋)取得

□2019年
新築アパート(1DK6部屋)築古アパート(3部屋)取得

□2021年
不動産購入をしたい、果たしてどうなる!?
進捗についてはコラム内でも触れていく予定です!


■ 著書

尾石晴さん:著書-1
やめる時間術 24時間を自由に使えないすべての人へ

何をやるにも、まずは時間の確保から。
不動産投資と仕事と家事に忙しい皆様のお役に立てば幸いです。

ページの
トップへ