• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

9,519アクセス

今年買った3棟の物件のその後。自分への投資は10年単位で。

広田健太郎さん_画像 第18話

■ 今年買った3棟の物件のその後

約3カ月、コインパーキングのコラムが続きました。お読みいただいた方々、ありがとうございました。今回は、近況報告です。

まずは、8月中旬に購入したロードサイドの戸建店舗ですが、賃貸申込みを頂きました。家賃交渉が少し厳しいのですが、とても素敵なお店さんに借りていただけそうなのでOKをしました。近日中に契約です。

空き店舗として購入しましたが、約3カ月で利回り25%の収益物件となります。この物件を含めて、今年購入した物件は以下の3つです。

@3月に290万戸建店舗を購入。7月に利回り25%で契約
A4月に牢屋ビルを購入。9月に売却
B8月に200万戸建店舗を購入。近日中に利回り25%で契約予定


今年は物件購入が少ないですが、僕の基準で買えるものだけを買っているのでこれで問題ありません。

@とBはどちらも空店舗で購入しましたが、どちらも利回り25%で仕上がったので利回り12%で売却して、そのお金で海外に遊びに行くのも面白いと思っています。

ちょうどイースター島に子供たちと行きたいと思っていたので、その費用にするのもありかもしれません。冗談に聞こえるかもしれませんが、そういうお金の使い方もありかなと僕は思っています。

もちろん物件に再投資が基本ですが、最近はそれだけじゃ人生つまらないと思える余裕が出てきました。

■ 今のうちに世界を回って見聞を広めたい

実際にAで得た売却益で9月末のマレーシアから始まり、この1カ月で大阪、沖縄、バンコク、北京、メルボルンと海外に行ってきました。僕は現地に到着してすぐにエネルギッシュに行動開始できるように移動にはお金を使います。



今回も移動の疲労を少しでも軽減させるために、飛行機の座席は国内はプレミアムクラス、国外はビジネスクラスかプレミアムエコノミーにしましたし、ホテルも高級なホテルに宿泊しました。

良いホテルに泊まると、お客様へのサービスや室内の内装、家具など勉強になることが多く、不動産投資にとってもプラスになります。もちろん僕の趣味であるホテルプール、ラウンジでの読書やノート書きもたっぷりとしてきました。

そしてまた、今日からマレーシアに1週間行ってきます。今の僕には必要以上にお金を貯めることより、自分への再投資が優先です。体力もあって感性もある今のうちに可能な限り世界中を回って、見聞を広めたいのです。

投資対象となる不動産が良い物件であるべきなのは当然ですが、誰が見てもわかる良い物件は高いし手に入れるための競争は激しい。ならば、物件を選び投資をする自分にフォーカスして、「 他の人は気付かない良い物件 」を見つけられる自分になるしかないと考えています。

他の人と違う視点や発想を得るためにハングリー( 時にはラグジュアリー )でワイルドな旅をしながら、世界中のビルや店舗を見て来るのです。

■ 自分への投資は10年単位で考える

投資というのは、不動産投資もそうですが、すぐに結果が出るものではありません。特に自分への投資は10年単位で考えるべきだと思っています。いや、20年、30年単位だと思っています。

例えば今回、バンコクに訪れましたが、僕が初めてバンコクに行ったのは小学生の頃。伯母さんの家族がバンコクに住んでいて、住み込みのメイドさんや運転手がいたり、カルチャーショックを受けたのを覚えています。

バンコクではコーラが30円で飲めるのが衝撃で、じゃあバンコクからたくさんコーラを日本に持ってくればいいじゃん、と思ったのは、僕が大人になって中古レコードを買い付けてくるような仕事をしたことと無関係ではないと思います。

また、中学2年生の頃にオーストラリアに2週間ファームステイをさせてもらって、その時に一緒だった高校生のお兄さん、お姉さんにたくさん悪いことを教えてもらったことが、今の僕の自由な人生を生きたいという欲求にもつながっていると思っています。

( そのお金を僕に投資してくれた両親が意図した道とは違う方向へ進んで行ってしまっているかもしれませんが・・・ )

そう考えると、何かを見て感じて体験して刺激を受けて、その衝撃を自分の中に取り込んでから何十年もかけてゆっくりと熟成して、その経験が思いがけず何かの役に立つ、芽が出るなんてことがたくさんあるわけです。

ただし、何が役に立つのか、どんな芽が出るのかは全くわからないわけで、だからこそ色々なことを体験しておきたいと思うわけです。



■ 元サッカー日本代表の加藤久さんの言葉

この1カ月間、アジア、オセアニアをサンダルでひたすら歩き続けました。バンコクは意図せず国王がなくなった2日後に訪れることになりました。昼間のカオサン通りはまだ人通りがある方でしたが、夜の街は真っ暗で誰もいませんでした。2度とない貴重なタイミングで訪れることができたと思います。

メルボルンにはカフェがたくさんありましたから、そこでカフェラテを飲みながら頭に浮かぶことをノートに書いていました。また、レコード屋さんがたくさんあったので1日中レコード屋さん巡りをしました。

時代は今、一周回ってレコードやカセットテープがブームです。音楽が好きな人は感性が高い方がたくさんいますから、レコード屋さんではとても良いエネルギーを浴びてきました。

一人旅の一番良いところは、話す人がいないので自分と向かい合わざるを得ないというところです。今回の旅を終え、ノートは67冊目に入りました。この1カ月は、飛行機の中でも旅先のホテルでもカフェでも本当によくノートに色々と書きました。

特に、飛行機はとても快適ながらもある程度の不自由さがあるので、ものすごく集中してノート書きができました。なぜ僕がいつもそんなに書くことにこだわるのか。それはいつも飛行機に乗る時に僕が思い出す心構えがあるからです。最後にそちらをご紹介しようと思います。

僕の大学時代の恩人の一人が元サッカー日本代表の加藤久さんであることは以前書きました。大学2年生の時に、僕は1年間加藤久さんの授業を受けさせてもらいました。

加藤久さんは当時、清水エスパルスでプレーしていたのと並行して早稲田大学で助教授として授業を持たれていたのです。その授業は週1回毎週火曜日の朝9時から行われるものでした。

加藤久さんが毎回ご自身の経験を元に色々な話をしてくれるその授業は、今から考えると夢のような時間でした。その中で、こういう話をされたのです。

当時、テレビでのサッカー解説や新聞や雑誌でのコラム執筆、そして現役選手としてプレーをしていた加藤久さんがどのようにそんな大変なことを両立していたかというお話でした。

「 試合が終わって、電車や飛行機で移動する。チームメイトはみんな疲れているから寝ている。俺も眠りたい。しかし、そういう時間に文章を書くんだ。みんなは俺だけそういう仕事がもらえて羨ましいというが、俺はみんなが寝ている時に努力をしているんだ 」。

この1カ月。約5万キロの飛行機に乗った僕ですが、20年前のあの日の授業を思い出して飛行機の中で一生懸命ノートに文章を書いていました。書きながら、来年はまた大きく、人生も不動産投資も変わる予感がしました。



健美家サイト会員登録で最新コラムやニュースをチェック!

健美家不動産投資コラム

プロフィール

■ 広田健太郎(ひろたけんたろう)さん

hirotasan

不動産投資家
マレーシア・ペナン島在住

ツイッター
https://twitter.com/kentarohirota

ブログ
walk on the blue ocean.

■ 経歴

□1975年
群馬県高崎市に生まれる

□1997年
早稲田大学スポーツ科学部卒業(サッカー部所属)

□1998年
シンガポールプロサッカーリーグDIVISION1でプレイ

□1999年
個人事業主として「サファリレコード」創業

□2005年
結婚
父親のすすめで1棟目のビルを購入

□2008年
レコード店を閉め、父親の不動産会社へ入るも2カ月で退社

□2009年
宅建免許取得

□2017年 マレーシア・ペナン島に移住

□2018年
宅建免許返納

■ 所有物件

□2005年
11月:商業ビル購入(4テナント)20%

□2011年
3月:商業ビル購入(3テナント、1住居)売却済

□2012年
7月:商業ビル購入(4テナント、1住居)26%
9月:商業ビル購入(3テナント)28%
9月:中古戸建購入(売却済)

□2013年
3月:商業ビル購入(売却済)
6月:区分マンション購入(売却済)
9月:自宅近くの中古戸建購入
10月:土地購入⇒コインパーキング(23台)
12月:中古戸建店舗購入(売却済)
12月:自宅隣の中古戸建購入

□2014年
3月:商業ビル購入(2テナント) 20%
7月:商業ビル購入(売却済)br /> 10月:商業ビル購入(2テナント)32%

□2015年
3月:中古戸建店舗購入(売却済)
3月:土地購入⇒コインパーキング(35台)
6月:土地購入⇒コインパーキング(5台)
10月:転売用土地購入(売却済)
11月:自宅近くの中古戸建購入

□2016年 4月:店舗購入
5月:牢屋ビル購入(売却済)
8月:店舗購入

□2017年
3月:全空ビル購入
8月:ロードサイド店舗購入
10月:駅近ビジネスホテル隣の店舗購入
10月:上記店舗向かいのビル購入

2018年現在の家賃年収約5,400万円

月に5〜10日、一日に数時間働く狩猟型の生活を満喫している

不動産投資を始めるきっかけや初期の苦労については大家列伝(前編・後編)を参照ください。

ページの
トップへ