• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

8,053アクセス

山奥のスナックはブルーオーシャンー3日間のビル投資セミナーを終えてー

広田健太郎さん_画像 第43話

■ 山奥のスナックはブルーオーシャン

先日帰国した際に主催した3日間のセミナーでのエピソードを紹介します。今回のセミナー開催場所となった山奥のホテルに向かう途中に、1軒だけポツンと「 わたなべ 」という看板を出しているスナックがありました。

山奥のオンボロスナックでしたが、僕は一瞬にして「 買いたい! 」と欲情しました。運転席のジム鈴木さんに「 ジムさん、見ました? アレが売りに出てるとしたら買いますか? 」と聞いてみました。

「 え? アレ? 」と言って運転席のジムさんが見ていたのは右側のオンボロ戸建。助手席の僕がみていたのは左側のオンボロ店舗。自分の興味あるものだけを追う2人。思わず笑ってしまいました。


こんな山の中のスナックに勝機はあるのか?

セミナー会場で参加者の方に「 あの店舗が、もし100万円なら買いますか? 」と聞いてみましたが、反応はあまりよくありませんでした。理由は「 周りに他の店舗がないし、住居もまばらだから 」等々。

しかし、僕はそうは考えません。

「 他にお店がないということはチャンスです。田舎のおじいさま達が昼間畑仕事をして夜はカラオケくらいしか何もすることがない土地です。

昼間見ればオンボロスナックにしか見えませんが、夜になればカブトムシが光に集まるようにお金をたくさん持ったおじいさま達がスナックの光に集まって来ます。

さらにホテル周辺にもお店は何もありません。ホテルに宿泊している男性達も一杯飲める場所が必要です。そう考えるとこんなブルーオーシャンな立地はありません 」

参加者の方の僕を見るまなざしが熱を帯びてきました。さらに僕は続けました。

広田
「 みなさまだったらいくらでこの店舗を貸しますか? 」

皆さん
「 3〜4万円かな 」

広田
「 わかりました。僕は5〜6万円で貸せると思いますが3万円でも構いません。この物件、僕は100万円くらいならいけると思います。100万円で購入したものを3万円で貸せたら利回りはどのくらいですか? 」

皆さん
「 36%! 」

広田
「 そう、36%です。そして、この店舗を100万円で買ったら、近くのもっと大きな町でスナックをしている方に出店をしないかオファーをしてみるのです。

家賃を3万円で良いと言ったら喜んでオープンするでしょうし、おじいさま達も大きな町から若くて洗練された女性がきてくれれば、今まで以上にお店に通うと思いませんか?

100万円で買ったみなさまもスナックをやるお店の人もお客様のおじいさま達もみんなが喜ぶ三方良しの素晴らしいビジネスモデルです 」

皆さん
「 なるほど!!! 」

広田
「 そして、女性の方の社員寮として右側にあるジム鈴木さんが見ていたボロ戸建てを借りてもらえば良いのです! そこで質問です。この店舗を買いたい方はいますか? 」

皆さん
「 ハイ! 」

10名中2名の方から手が上がりました。

広田
「 では、購入の際は僕を客付の仲介業者として間に入れてくださいね・笑 」

そんな風に、その日に見たスナックを題材に店舗購入の考え方を説明させていただきました。

参加者の方からは「 これがライバル不在のブルーオーシャンの考え方なのか 」「 物件の見方を変えるということはこういうことなのか 」という驚きの声が聞こえてきました。

どこにでもあるようなオンボロ物件が見方を変えるだけでお宝物件に変わるのです。僕がいつも言っている「 物件を買える自分になる。自分が変われば物件の見え方が変わる 」ということを理解いただけたと思います。

その他、セミナーでは、ネットに掲載されている販売中の格安店舗を題材に、僕がどのような物件を買うことにしているのかといった解説もさせてもらいました。

この物件は、セミナー用のダミーではなく、僕が以前から気になっていたもので、売れ残っていたら来年くらいに買おうかなと考えていた物件です。

参加者の方で、セミナー終了後に、「 あの店舗が忘れられない 」と見学に行った方がいました。この方は学びにアクションを加えたことで、さらに深く、ビル投資家に近づいたことになります。

■ 予定外の物件ツアーと高崎ダルマ

セミナー後の懇親会の前に、僕の物件見学ツアーをしました。さらには懇親会の最後に、予定にはなかった2度目の物件見学ツアー、コインパーキングや僕の会社、自宅まで公開してしまいした。皆さんの熱意に感動したからです。



本当は8月に購入したロードサイドの店舗に入居してくれた四川料理のお店が改装中だったのでそちらもお見せしたかったのですが、今回は叶いませんでした。そちらは完成したらいつかみなさんと一緒に食べに行きたいと思います。

最後に、ダルマの生産量日本一の高崎に来ていただいた記念として、皆さんにダルマをお配りました。背中に来年の目標を書くとその通りになる( 絶対に達成させるために必死で努力する )という僕のジンクスも伝えました。

このセミナーは、健美家のコラムを読んでくださっている方への感謝の気持ちとして開催したものです。しかし、参加者の皆さんの熱意に、僕の方がたくさんのパワーをもらいました。

ギター持参で来て下り、僕の好きな布袋寅泰さんの「 さらば青春の光 」を歌ってくれた方、海外移住の苦い思い出をシェアしてくれた方等、セミナーを通じて、多くの人の思いや、人生に触れることができました。

反省や後悔は山のようにありますが、熱意ある参加者の皆さんと、協力してくれたジム鈴木さんのおかげで、無事に終えることができました。感謝しています。

今はペナンに戻り、リラックスしています。まだ胸の中は余韻で一杯ですが、これから頭を切り替えて、次の目標に向けて集中したいと思います。

☆追伸
後日、参加者の方から写真が送られてきました。嬉しいですね。ぜひ、2018年の目標をこのダルマと共に達成してほしいと思います。もちろん、僕も達成してみせます。



健美家サイト会員登録で最新コラムやニュースをチェック!

健美家不動産投資コラム

プロフィール

■ 広田健太郎(ひろたけんたろう)さん

hirotasan

不動産投資家
マレーシア・ペナン島在住

ツイッター
https://twitter.com/kentarohirota

ブログ
walk on the blue ocean.

■ 経歴

□1975年
群馬県高崎市に生まれる

□1997年
早稲田大学スポーツ科学部卒業(サッカー部所属)

□1998年
シンガポールプロサッカーリーグDIVISION1でプレイ

□1999年
個人事業主として「サファリレコード」創業

□2005年
結婚
父親のすすめで1棟目のビルを購入

□2008年
レコード店を閉め、父親の不動産会社へ入るも2カ月で退社

□2009年
宅建免許取得

□2017年 マレーシア・ペナン島に移住

□2018年
宅建免許返納

■ 所有物件

□2005年
11月:商業ビル購入(4テナント)20%

□2011年
3月:商業ビル購入(3テナント、1住居)売却済

□2012年
7月:商業ビル購入(4テナント、1住居)26%
9月:商業ビル購入(3テナント)28%
9月:中古戸建購入(売却済)

□2013年
3月:商業ビル購入(売却済)
6月:区分マンション購入(売却済)
9月:自宅近くの中古戸建購入
10月:土地購入⇒コインパーキング(23台)
12月:中古戸建店舗購入(売却済)
12月:自宅隣の中古戸建購入

□2014年
3月:商業ビル購入(2テナント) 20%
7月:商業ビル購入(売却済)br /> 10月:商業ビル購入(2テナント)32%

□2015年
3月:中古戸建店舗購入(売却済)
3月:土地購入⇒コインパーキング(35台)
6月:土地購入⇒コインパーキング(5台)
10月:転売用土地購入(売却済)
11月:自宅近くの中古戸建購入

□2016年 4月:店舗購入
5月:牢屋ビル購入(売却済)
8月:店舗購入

□2017年
3月:全空ビル購入
8月:ロードサイド店舗購入
10月:駅近ビジネスホテル隣の店舗購入
10月:上記店舗向かいのビル購入

2018年現在の家賃年収約5,400万円

月に5〜10日、一日に数時間働く狩猟型の生活を満喫している

不動産投資を始めるきっかけや初期の苦労については大家列伝(前編・後編)を参照ください。

ページの
トップへ