• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

6,818アクセス

学習ステージで実践したこと、避けたことー結果を出すための読書術ー

広田健太郎さん_画像 第46話

今日は僕が不動産投資を勉強するタイミングで大事にしていたことについて、特に読書を中心に紹介します。

読書で基本的な知識を身につけることは、海外に行く前にその国の言葉を知るようなものです。全く知らないままでは、悪いガイドに騙されても、騙されていることにさえ気づけません。

投資では自分の頭で考えられない人は、儲けられません。なんとなく読んでいたという人は、目的を持って読むことで、成果に差がつくと思います。

1.はじめに

ここでの読書とは、「 不動産投資で結果を出すための読書 」のことです。結果を出すことにフォーカスしているため極端な内容に聞こえるかもしれませんが、「 結果が出るまでの間 」と決めて、期間限定で禁欲的に行ってみてください。

2.本を読む時間がないという人へ

結果を出すための読書とは、「 時間があったらする 」という類のものではありません。読書も大切な仕事であり、不動産投資活動です。ですから、そのための時間は仕事同様、ブロックして確保しておくことが大切です。

3.どんな本を読むべきか

僕は今から10年くらい前に不動産の道に入ろうと思いました。その時に、不動産のことを何も知らないのに松下幸之助さん、稲盛さん、イエローハットの鍵山さんなどの経営者の本や歴史の本ばかりを読んでいた時期がありました。

とても良いことが書いてあるのですが、不動産と直接は関係のないことですし、すぐには結果に結びつきません。一定の期間は目標に集中するという当たり前のことに気がついてからの僕は、それから1〜2年は不動産投資の本とマネー関係の本しか読みませんでした。



短期間で学ぶためには、そのくらいの覚悟が必要だと思います。

4.いつ本を買うか

365日24時間、気になる本があれば、すぐにその場でネットで注文するか、書店に行って買うべきです。一番問題なのはすぐに購入しないことです。

僕は今も毎日、ネットから本や雑誌を注文しています。帰国すると実家に山のように本が届いているので申し訳なく思いながらも今できなければずっとできない、「 NOW OR NEVER 」の精神で、行動しています。

5.本は紙とデジタルのどちらを買う?

7〜8年ほど前に、大切な本を電子化する代わりに、捨てました。好きな本が何百冊も1台のiPadに収まり、いつでも自由に取り出せるようになったので、こんなに革命的なことはないと夢中になって電子化を進めました。

しかし、今になってそれを後悔をしています。音楽CDもそうなのですがiPadの中に入れてしまうと、何を持っているのか忘れてしまい、手に取る機会が減ってしまうのです。

表紙のデザインを見て、ページを手でめくり、ボールペンで線を引き、思いついたことを書き込んだり、本のページを折ったり、自分の手を動かしながら頭に刻み込んでいくのが僕のスタイルだと気づきました。

それ以来、僕は紙の本を買って読むようにしています。一方、漫画は線を引くこともないのでKindleで購入しています。つまり、「 本からエキスを抽出したい時には紙 」というのが僕のルールです。

ただし、この辺は個人的な感覚で良いと思います。デジタルで買って面白かったら紙の本で買い直すとか、紙の本で購入して、またすぐに読めるようにあえてKindleで買うというように、ミックスするのもおすすめです。

仮に1冊の本を紙とKindleで両方買ったとしても3,000円程度。不動産を買うことに比べればかなり安いものです。その3,000円が30万円、300万円の利益を生むことを考えれば、何をためらう必要があるだろうと考えます。

6.どこで読むべきか

本はどこで読むべきか。結果を出すためなので、ホテルのラウンジやプールサイドで読んでいる余裕はありません。机の前で、あるいは自宅ソファやベッドの上でノートと4色ペンを片手に受験生のような気持ちで本に向かいます。



時には気分転換でリラックスできるような場所で読むことも必要ですが、あえてそういう場所を避けて自分をハングリーにすることで、早くそういう場所で読書をしたいと渇望した精神状態を作るように僕はしていました。

お風呂でも読書をしました。当然、本は濡れてボロボロになります。しかし後述しますが、僕の読書術ではこれは問題ないのです。

7.本をどう読むのか

僕はまず、目次をチェックして、その本から得たい内容の項目に印をつけます。そして、そのページだけを丁寧に読み込みます。他はパラパラとめくって興味がありそうなところが見つかったら読む程度です。

途中でつまらないと思ったら、どんどんワープするか、その本は閉じて終わりにします。せっかく買ったからと固執しないことです。次の本に進みましょう。大切なのは、全部読むことではなく、本の中から何を得ることができるかということです。

ですから、大切だ、必要だと思ったところには線を引きまくり、読んでいて思ったことやアイデアが浮かんだらすぐに本に書き込みましょう。そのために、読書の際にはノートと4色ボールペンを用意しておきます。

8.本を読んで終わりではない

本は読み終わってからが大切で、他の人と差がつくところです。線を引いた文章や、思い浮かんだ考えを、パソコンでA4サイズの紙1枚にまとめます。3枚も4枚ではいけません。何が大切なのかわからなくなります。本当に大切なことを選んで他のことは捨てます。

メモを作るときは、シンプルに。文字の大きさを変えたり色をつけたりは必要ありません。なぜなら必要があれば、後からプリントアウトした紙に線を引いたりマークしたり書き込んだりすれば良いだけだからです。



また、手間をかけるとどうしても継続しません。すでに抽出時に質にこだわっているので、メモは量を作ることを意識します。また、読んだ日時・場所なども併せて記載します。すると、後からその時の景色や自分の気持ちを思い出すことができます。

1枚にまとめた紙はプリントアウトし、ファイルにまとめます。そのファイルが積み重なった時、ワン&オンリーなプロの不動産投資家になっていることは間違いありません。

ちなみに僕はこのファイルを数年前に「 ここから学んだことで出せる結果はもう出せたな 」と思い、捨ててしまいました。今思えば、世界中のどこを探しても買えないものですから捨てるべきではありませんでした。

9.読み終えた本をどうするか

本そのものには価値はありません。その中に書いてあったことを自分のものにすることに価値があります。ですから、ほとんどの本は捨てます。ほとんどの本は後で買い直すことができますから思い切って捨てて平気です。

個人的に心に残った本や何度も読み直したいと思った本は捨てる必要はないと思います。また、その本を見るだけでテンションが高くなる本があると思います。僕もそういう本は大切に本棚に残しています。

やってはいけないのは、読み終わった本を売るためにキレイに使ったりすることです。そんなことで幾らかを手に入れるよりも、大きく稼ぐ思考を手に入れるために、本を活用するべきです。

10.業界紙・専門誌・雑誌・ブログ・メルマガ・ネットの記事

ブログやメルマガ、ネットの記事なども、よくプリントアウトしています。特にネットの記事はいつ削除されてしまうかわかりません。気になったものはその場ですぐにプリントアウトが鉄則です。

ただし、情報過多になるのも考え物です。メルマガや業界紙や専門誌は、一定期間読んでみて、得るものがなければ解除するようにしています。

以上、目標設定をしたときに期間限定でお試しいただきたい僕の読書術をご紹介いたしました。また機会があれば、この読書術を使って読んでまとめた不動産投資家のための本特集などをしたいなと思います。



健美家サイト会員登録で最新コラムやニュースをチェック!

健美家不動産投資コラム

プロフィール

■ 広田健太郎(ひろたけんたろう)さん

hirotasan

不動産投資家
マレーシア・ペナン島在住

ツイッター
https://twitter.com/kentarohirota

ブログ
walk on the blue ocean.

■ 経歴

□1975年
群馬県高崎市に生まれる

□1997年
早稲田大学スポーツ科学部卒業(サッカー部所属)

□1998年
シンガポールプロサッカーリーグDIVISION1でプレイ

□1999年
個人事業主として「サファリレコード」創業

□2005年
結婚
父親のすすめで1棟目のビルを購入

□2008年
レコード店を閉め、父親の不動産会社へ入るも2カ月で退社

□2009年
宅建免許取得

□2017年 マレーシア・ペナン島に移住

□2018年
宅建免許返納

■ 所有物件

□2005年
11月:商業ビル購入(4テナント)20%

□2011年
3月:商業ビル購入(3テナント、1住居)売却済

□2012年
7月:商業ビル購入(4テナント、1住居)26%
9月:商業ビル購入(3テナント)28%
9月:中古戸建購入(売却済)

□2013年
3月:商業ビル購入(売却済)
6月:区分マンション購入(売却済)
9月:自宅近くの中古戸建購入
10月:土地購入⇒コインパーキング(23台)
12月:中古戸建店舗購入(売却済)
12月:自宅隣の中古戸建購入

□2014年
3月:商業ビル購入(2テナント) 20%
7月:商業ビル購入(売却済)br /> 10月:商業ビル購入(2テナント)32%

□2015年
3月:中古戸建店舗購入(売却済)
3月:土地購入⇒コインパーキング(35台)
6月:土地購入⇒コインパーキング(5台)
10月:転売用土地購入(売却済)
11月:自宅近くの中古戸建購入

□2016年 4月:店舗購入
5月:牢屋ビル購入(売却済)
8月:店舗購入

□2017年
3月:全空ビル購入
8月:ロードサイド店舗購入
10月:駅近ビジネスホテル隣の店舗購入
10月:上記店舗向かいのビル購入

2018年現在の家賃年収約5,400万円

月に5〜10日、一日に数時間働く狩猟型の生活を満喫している

不動産投資を始めるきっかけや初期の苦労については大家列伝(前編・後編)を参照ください。

ページの
トップへ