• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

8,984アクセス

僕がブルーオーシャンな不動産投資家になるまでー人生を変えた旅ベスト5ー

広田健太郎さん_画像 第47話

競争の激しい不動産投資市場で自分が勝てる市場を作るためには、ほかの投資家と違うメンタリティー、価値観、世界観などの何かを持たなければいけません。そうでなければ、いつまでもレッドオーシャンで戦うことになります。

僕自身も、最初からビル投資というブルーオーシャンを見つけたわけではありません。苦い経験を重ねた先で、「 自分は何で戦ったら勝てるのか 」「 どこで戦ったら勝てるのか 」と問い続けた結果、今の場所を見つけました。

そのときに活きたのが、「 自分の過去の経験 」です。僕の経験上、人から教えられたものは、浅いものにしかなりません。苦しんだ末に得た自分自身の答えでしか、自分を飛躍させられないということです。

実はこのコラムで、コラム開始から2年目になります。その記念として、今回はたくさんの教訓を得た「 僕の人生を変えた旅ベスト5 」を紹介したいと思います。

■ シンガポール( 98年7月 )

大学5年生の夏休みに、シンガポールまで、サッカーをプレーできるチームはないかと探しに行きました。僕の父がシンガポールのプロリーグの話を聞き、「 行ってみたらどうだ 」とアドバイスしてくれたのです。

今でこそ東南アジアでプレーする日本人はたくさんいますが、当時は一人もいませんでした。そして僕は、シンガポールでプロサッカー選手になりました。これが初めて体感したブルーオーシャンです。

僕は、「 成功したければ誰もいない場所を選ぶ 」「 同じ努力をしても戦う場所で結果は変わる 」という教訓を、シンガポールで得ました。この教訓はサッカー引退後のレコードビジネス、そして不動産投資にも活きています。

■ アメリカ( 99年11月 )

どこに行けば、誰に会えばレコードが仕入れられるのか。そんな情報を何1つ持たずに、カッコつけて言えば「 レコード王になる 」という大きな夢だけを持ってアメリカに行きました。

最初は現地のレコード屋さんで色々な人に話しかけて、ビジネスチャンスのかけらを拾い集めました。レコードディーラーというレコードを売買するプロフェッショナル達とビジネスをする中で本当にたくさんのことを学びました。

一番感じたのは、「 流行を追い求めている限り、儲けることはできない 」ということです。流行を追う以上、激しい競争にさらされるからです。僕は起業して3年目に「 自分で流行を生み出す 」ことに成功しました。

自分で流行を生み出せば、自分で値段を決められます。そこからビジネスが急上昇しました。不動産投資で「 他の人と同じことをしない 」というスタイルを選んでいるのは、このときの影響が大きいと思います。


アメリカのディーラーの倉庫

■ ロンドン( 12年12月 )

ギタリストの布袋寅泰さんが、ロンドンへの移住を発表しました。移住後の初のロンドンライブは絶対にこの目で見たいと思い、ファンクラブ主催のツアーに参加しました。僕はそこで2つの大きな学びを得ました。

ライブ当日、同じツアー参加者の方に声をかけました。

「 ロンドンを満喫しましたか? 」
「 いえ、ずっとホテルにいました 」
「 え! せっかく来たのに、なぜですか? 観光はしないんですか? 」
「 ライブに万全の体調で参加したいので、時差を解消するために寝ていようと思って 」

僕はショックを受けました。この時の僕は既にお金も時間も比較的余裕がありましたが、この方は失業中で失業保険をもらいながらの参加でした。しかし、お金と時間の使い方という点においては、彼の方が何枚も上手でした。

恥を忍んで告白すると、僕はライブ中に時差ボケによる眠気に襲われ、ライブの記憶が途切れ途切れです。「 目標達成のために全てを一点集中することの大切さ 」をこの時に学びました。これが1つ目の教訓です。

そしてもう一つの学びは、僕のヒーローである布袋寅泰さんとの会話の中にあります。「 布袋さんの実家があった高崎市江木町からきました 」と伝えた僕に、布袋さんは「 ありがとう。風の町からだね 」と答えてくれました。

この時から「 風 」という言葉は僕にとって本当に特別な言葉となりました。そして、「 風 」を意識するようになって、僕の人生はさらに加速の度合いを増したのです。

■ ハワイ( 2015年11月 )

2015年の秋、家族で健美家が主催したハワイ物件ツアーに参加しました。当時、不動産投資で目標としていたレベルに到達していた僕は移住先を探していました。

第一候補のハワイを家族全員で見に行くと共に、赤井誠さんエバン天方さんにお会いして、お話を聞きたいという目的もありました。

日本でもセミナーに参加することはありましたが、いつも講師の前に長い行列ができて、じっくりと話ができませんでした。ハワイなら行列はできないと思ったのです。お二人とゆっくりと話す権利を買うという感覚で参加しました。

このツアーで、マレーシアに移住した張田満さんのことを知り、このコラムのご縁にもつながりました。ハワイに行かなかったら僕の人生はどうなっていたのだろうと考えることがあります。それほど、大きな分岐点になった旅です。


ハワイツアーで撮ったノースショアのサンセット

■ ペナン( 2017年2月〜 )

マレーシアのペナン島に移住して、ちょうど1年が経過しました。僕がここまで大切にしてきたことは「 風 」です。布袋寅泰さんの言葉に出会って以来、「 自分には今、どんな風が吹いているのか 」ということをいつも考えてきました。

物件を購入する時も、内見時は必ずその物件に吹いている風を感じるように意識してきましたし、物件を購入してからも、その物件に吹く風を変えるように意識してきました。( 興味ある方がいればいつかコラムで書きたいと思います )

漠然とした書き方になりますが、不動産を長くやられている方なら、わかっていただけるのではないでしょうか。

そして、昨年のクリスマスイブ、自宅のプールで子供たちと遊び、夜になってシンガポールの大富豪が開発したという飲食店ストリートに行きました。そこで、ステキなお店を見つけました。

「 南国で最高のクリスマスイブを過ごす 」という、昔、夢に描いていたシーンを体現しながら、僕の頭に次の目標が浮かんできました。それは、マレーシアでツアーを行い、今度は僕が皆さんを案内して回るということです。

ハワイでの3泊4日で僕の人生が変わったように、今度は僕が皆さんに何らかのきっかけを与えることができれば嬉しく思います。ご希望の方は、ぜひ健美家さんにリクエストをお願いします( 笑 )。

人によっては、「 旅 」ではなく、何か別の経験が、自分を飛躍させてくれるかもしれません。自分だけのブルーオーシャンを見つけるために、考え抜きましょう。行動範囲を広げましょう。いっぱい失敗して、反省しましょう。

いつだって、人生を動かすための風は吹いています。



健美家サイト会員登録で最新コラムやニュースをチェック!

健美家不動産投資コラム

プロフィール

■ 広田健太郎(ひろたけんたろう)さん

hirotasan

不動産投資家
マレーシア・ペナン島在住

ツイッター
https://twitter.com/kentarohirota

ブログ
walk on the blue ocean.

■ 経歴

□1975年
群馬県高崎市に生まれる

□1997年
早稲田大学スポーツ科学部卒業(サッカー部所属)

□1998年
シンガポールプロサッカーリーグDIVISION1でプレイ

□1999年
個人事業主として「サファリレコード」創業

□2005年
結婚
父親のすすめで1棟目のビルを購入

□2008年
レコード店を閉め、父親の不動産会社へ入るも2カ月で退社

□2009年
宅建免許取得

□2017年 マレーシア・ペナン島に移住

□2018年
宅建免許返納

■ 所有物件

□2005年
11月:商業ビル購入(4テナント)20%

□2011年
3月:商業ビル購入(3テナント、1住居)売却済

□2012年
7月:商業ビル購入(4テナント、1住居)26%
9月:商業ビル購入(3テナント)28%
9月:中古戸建購入(売却済)

□2013年
3月:商業ビル購入(売却済)
6月:区分マンション購入(売却済)
9月:自宅近くの中古戸建購入
10月:土地購入⇒コインパーキング(23台)
12月:中古戸建店舗購入(売却済)
12月:自宅隣の中古戸建購入

□2014年
3月:商業ビル購入(2テナント) 20%
7月:商業ビル購入(売却済)br /> 10月:商業ビル購入(2テナント)32%

□2015年
3月:中古戸建店舗購入(売却済)
3月:土地購入⇒コインパーキング(35台)
6月:土地購入⇒コインパーキング(5台)
10月:転売用土地購入(売却済)
11月:自宅近くの中古戸建購入

□2016年 4月:店舗購入
5月:牢屋ビル購入(売却済)
8月:店舗購入

□2017年
3月:全空ビル購入
8月:ロードサイド店舗購入
10月:駅近ビジネスホテル隣の店舗購入
10月:上記店舗向かいのビル購入

2018年現在の家賃年収約5,400万円

月に5〜10日、一日に数時間働く狩猟型の生活を満喫している

不動産投資を始めるきっかけや初期の苦労については大家列伝(前編・後編)を参照ください。

ページの
トップへ