• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

8,311アクセス

新しく物件を買う前にやるべきこと。毎月家賃20万円アップ。小才は縁に逢って縁に気づかず。

広田健太郎さん_画像 広田健太郎さん 第55話

2018/6/22 掲載

昨年10月に、ペナンから遠隔契約&決済で、平屋4店舗プラス駐車場を購入しました。何もせずにいたら今年2月に突然の解約、空き店舗が3つとなり、稼働しているのが1店舗のみになってしまいました。

今の僕は金銭的にはそれでも全く問題はないのですが、そのままにしておくと負け癖をつけることになりますし、わずかなほころびを放置することは命取りにつながります。いつの時代もそれは「 滅びゆく者 」の初期症状です。

やるだけやった後なら「 買う物件を間違えた 」と言うだけですが、そうではありません。「 僕はまだ本気出していないだけ 」と負け惜しみをいう自分にはなりたくはないので、今年4月に行動を始めました。



■ 相場の半額の家賃で倉庫部屋を貸すことにした理由

すると、過去のコラムに書いた通り、約1カ月の間に契約ラッシュとなり、空き店舗は1つになりました。所有物件全体でも空室はこの店舗だけです。

その他、僕が最初に買ったビルの倉庫部屋を毎月5万円で貸すことも決まりました。この物件は相場では10万円でも貸せる場所ですが、倉庫跡は完全なスケルトン状態でしたので、入居者様が全負担をして内外装をするという条件で、家賃を半額に...

この記事は会員限定です。ユーザ会員登録すると続きをお読みいただけます。

プロフィール

■ 広田健太郎(ひろたけんたろう)さん

hirotasan

不動産投資家
マレーシア・ペナン島在住

ツイッター
https://twitter.com/kentarohirota

ブログ
walk on the blue ocean.

■ 経歴

□1975年
群馬県高崎市に生まれる

□1997年
早稲田大学スポーツ科学部卒業(サッカー部所属)

□1998年
シンガポールプロサッカーリーグDIVISION1でプレイ

□1999年
個人事業主として「サファリレコード」創業

□2005年
結婚
父親のすすめで1棟目のビルを購入

□2008年
レコード店を閉め、父親の不動産会社へ入るも2カ月で退社

□2009年
宅建免許取得

□2017年 マレーシア・ペナン島に移住

□2018年
宅建免許返納

■ 所有物件

□2005年
11月:商業ビル購入(4テナント)20%

□2011年
3月:商業ビル購入(3テナント、1住居)売却済

□2012年
7月:商業ビル購入(4テナント、1住居)26%
9月:商業ビル購入(3テナント)28%
9月:中古戸建購入(売却済)

□2013年
3月:商業ビル購入(売却済)
6月:区分マンション購入(売却済)
9月:自宅近くの中古戸建購入
10月:土地購入⇒コインパーキング(23台)
12月:中古戸建店舗購入(売却済)
12月:自宅隣の中古戸建購入

□2014年
3月:商業ビル購入(2テナント) 20%
7月:商業ビル購入(売却済)br /> 10月:商業ビル購入(2テナント)32%

□2015年
3月:中古戸建店舗購入(売却済)
3月:土地購入⇒コインパーキング(35台)
6月:土地購入⇒コインパーキング(5台)
10月:転売用土地購入(売却済)
11月:自宅近くの中古戸建購入

□2016年 4月:店舗購入
5月:牢屋ビル購入(売却済)
8月:店舗購入

□2017年
3月:全空ビル購入
8月:ロードサイド店舗購入
10月:駅近ビジネスホテル隣の店舗購入
10月:上記店舗向かいのビル購入

2018年現在の家賃年収約5,400万円

月に5〜10日、一日に数時間働く狩猟型の生活を満喫している

不動産投資を始めるきっかけや初期の苦労については大家列伝(前編・後編)を参照ください。

ページの
トップへ