• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

6,767アクセス

まずは桃鉄を本気で100時間やれ!「ソープへ行け」の代わりに僕から送る不動産投資家へのアドバイス

広田健太郎さん_画像 第70話

月2回、健美家コラムを書いてきて、驚くことに3年が過ぎました。そして今回のコラムから4年目のシーズンが始まります。

コラムを書き始めるにあたり「 中級者向けに 」というリクエストをいただきましたが、このコラムを書く時にいつも僕が心掛けていることがあります。

それは僕自身の過去の経験から学び得たもの以外は書かない、他の誰かが書けるような内容は書かない、すぐに役に立たなくなるような小手先のノウハウは書かないということです。

僕がなぜノウハウを提供しないのか。それは僕自身の過去の経験から、ノウハウではなく、ヒントを元に「 自分で考えてたどり着いたものにしか価値がない 」と実感をしているからです。ノウハウでは平均レベル以上は突破できません。

全く何も知らない人には教科書的なノウハウも必要だとは思います。しかし、僕は中級者向けとリクエストしてもらった以上、それは別の方の役割であり、自分は違うものを求められていると割り切っています。

僕自身は、これからも読者の方には自分の頭で考え、心で感じることを求めるコラムを書きたいと思っています。

自分には、圧倒的にマイノリティな考え方、生き方をしているという自覚があります。僕の意見、やり方が正しいわけではありません。読者の方には、このコラムをきっかけに自分のやり方を見つけてほしいと思っています。

世の中には僕のように多数派にうまく合わすことができなくて、毎日が苦しい人もいるだろうから、「 そんなんでも全然問題なく生きられるぜ 」みたいな感じのコラムを勇気を出して書きたいとも思っています。

3年経過しても未だに1つのコラムを書くのに2週間準備して、ギリギリまで粘ってウンウン唸っている状態ですが、これからも他の誰も書かない、書けないコラムを書いていきますのでよろしくお願いいたします。



■ テレビを観ることは最高の投資の一つ

成功者はテレビを見ないと言いますが、僕自身はそれでいうと全く成功者ではありません。テレビどころか、地上波では物足りず、BS、CSはもちろんネット上のHulu、Netflix、Amazonプライムビデオ、AbemaTVなどまで契約して、時間があれば視聴しています。

テレビを見ることは周りから見れば完全に遊びかもしれませんが、僕から言わせるとかなりレバレッジ度の高い仕事です。

テレビを見るときにも、僕は必ずノートとペンを手元に置きますし、気がついたこと、頭に浮かんだこと、気になったセリフなど1つ残らずメモします。1つの番組を見終わると疲れ果ててグッタリするほどです。

先日も興味深い話をメモしました。元F1レーサーの鈴木亜久里さんが、「 タイヤが命 」と対談で話していました。エンジンや車体ではなく、ブレーキがどんなに強くてもタイヤがスリップしたら止まらないから、「 良いタイヤ 」を使う方が良いと言うのです。

良いタイヤを買うことで、1cm手前に止まることで生死を分ける、タイヤは減っていなくてもゴムは硬くなるという話に深く同意しました。どんな高級車、高性能の車に乗っていようとタイヤが悪ければ止まらない。

色々なビジネスに通じる、とても深いお話だったと思います。月額1,000円程度の視聴料でこれだけの話が聞けるなんて、本当にありがたいです。

欠かさず観ているのは、ラッパーのZEEBRAさんがホストを務める「 フリースタイルダンジョン」。自分オリジナルの言葉にこだわっている僕にとって、昔からラッパーの人たちの自由で危険なリリックにはいつもインスピレーレションを受けています。

彼らの即興で出てくるフリースタイルには鳥肌が立つほど感動を覚えます。中でも僕のお気に入りは呂布カルマさん、漢 a.k.a. gamiさん。僕がこれから開始する「 第二領域 」というトークライブでは、絶対にお招きしたいと思っています。

ブログを書いている人はたくさんいると思いますが、自分オリジナルの言葉を編み出すラッパーたちからたくさん学ぶものがあると思いますし、言葉だけではなく、彼らのハングリーな生き方からも刺激を受けることは間違いないと思います。



■ 桃鉄をやれ

昔、僕が高校生の頃に読んでいたHot Dog Pressという雑誌には、北方謙三さんの人生相談のコーナーがあり、いつも決めゼリフは「 ソープへ行け 」でした。

僕はコラムを書くようになって色々な不動産投資家の方から、いろいろな質問を受けるようになりましたが、これらの質問の半分くらいは「 桃鉄をやれ」 で解決できると思っています。

僕の最初の頃のコラムで、桃鉄のことを書きましたが、その時は本当に直前まで書くかどうか悩みました。世阿弥の風姿花伝とも言うべき僕の秘中の秘であったからです。

僕はどれだけすごい熱狂的なお礼の言葉をもらえるかと期待していましたが、その後もほとんどの人がやっていないと知り、冗談ではなく死ぬほどビックリしました。

まだやっていない人のために、携帯のアプリでできる「 桃鉄 」を少し解説します。主人公は最初1億円と急行カードを持ってスタートします。日本全国の駅で物件を買いながら資産を増やしていくゲームです。

年数は20年が設定できる最長なのですが、毎年決算を迎えるたびに所有物件から配当金がもらえます。しかも、1つの駅の物件を全部買い占めると利回りが倍になるので、どの物件をいつ買うか、どのようにお金を使っていくかで、ゲームの流れは大きく変わります。

せっかく順調に資産を買い進めていても、ボンビー( 貧乏神のことです )やスリ、一揆にあったりして、資産が一気に減ることもあります。僕が桃鉄をするときにはいつも自問自答を繰り返しながらゾーンに入り、夢中になってやっています。

また、ゲームで一揆を起こされた時など、自分もビルのテナントさんに一揆を起こされないように気をつけなきゃなとゲームを中断して、テナントさんに食事に出かけたこともあります。

桃鉄をやることで、実際の不動産投資にも通じるセンスを身に付けることができます。ですから、これからも「 まずは桃鉄を本気で100時間やれ 」と言いたいと思いますし、僕にとって定期的に桃鉄をやることは大切な仕事です。



■ タイのラストリゾートで次の人生を考える

今はマレーシアの隣、タイのラストリゾートと言われているリペ島の山奥のホテルにきています。僕はどこへ行こうとただ旅行に行っているわけではなく、見るもの、聞くもの、触れるもの全てを僕の思考回路に取り組み、より一流の投資家になるための時間とお金の使い方を意識しています。

アスリートに上質な休息が必要なように、僕も極上のオーバーホールをしながら次の人生を考えています。外から見ればそう見えなくても、僕はデッキの上で寝そべりながら、遠くに聞こえる波の音から次なる一手のヒントを発見しているのです。

最後に僕のトークライブのご案内です。7つの習慣という本の中で紹介された「 緊急ではないが重要なこと 」である第二領域に深く集中しいつも考え行動し続けている僕ですが、以前お伝えした「 第二領域 」と名付けたトークライブを2/16( 土 )に東京で行います。

普段、目先の緊急かつ重要でないメール、電話対応などの「 第三領域 」に追われて、忙しいのに儲からないという状況改善は第二領域にいかに時間を割くことができるようになるかに尽きると思います。

僕自身も儲かっていない時はいつもそうでした。今回はゲストを招く前に、まずは僕自身の経験と頭の中にある「 第二領域 」をいくつかのテーマを設けて長時間お話しします。

今回書いたテレビやゲームなど、一見不動産投資には関係ないように思える内容も、しかし長期的に見ればとても大切なことで僕にとっては第二領域の仕事です。

直前ではありますが、ご興味のある方は僕のtwitterからご連絡をお願いいたします。
https://twitter.com/kentarohirota


健美家サイト会員登録で最新コラムやニュースをチェック!

健美家不動産投資コラム

プロフィール

■ 広田健太郎(ひろたけんたろう)さん

hirotasan

不動産投資家
マレーシア・ペナン島在住

ツイッター
https://twitter.com/kentarohirota

ブログ
walk on the blue ocean.

■ 経歴

□1975年
群馬県高崎市に生まれる

□1997年
早稲田大学スポーツ科学部卒業(サッカー部所属)

□1998年
シンガポールプロサッカーリーグDIVISION1でプレイ

□1999年
個人事業主として「サファリレコード」創業

□2005年
結婚
父親のすすめで1棟目のビルを購入

□2008年
レコード店を閉め、父親の不動産会社へ入るも2カ月で退社

□2009年
宅建免許取得

□2017年 マレーシア・ペナン島に移住

□2018年
宅建免許返納

■ 所有物件

□2005年
11月:商業ビル購入(4テナント)20%

□2011年
3月:商業ビル購入(3テナント、1住居)売却済

□2012年
7月:商業ビル購入(4テナント、1住居)26%
9月:商業ビル購入(3テナント)28%
9月:中古戸建購入(売却済)

□2013年
3月:商業ビル購入(売却済)
6月:区分マンション購入(売却済)
9月:自宅近くの中古戸建購入
10月:土地購入⇒コインパーキング(23台)
12月:中古戸建店舗購入(売却済)
12月:自宅隣の中古戸建購入

□2014年
3月:商業ビル購入(2テナント) 20%
7月:商業ビル購入(売却済)br /> 10月:商業ビル購入(2テナント)32%

□2015年
3月:中古戸建店舗購入(売却済)
3月:土地購入⇒コインパーキング(35台)
6月:土地購入⇒コインパーキング(5台)
10月:転売用土地購入(売却済)
11月:自宅近くの中古戸建購入

□2016年 4月:店舗購入
5月:牢屋ビル購入(売却済)
8月:店舗購入

□2017年
3月:全空ビル購入
8月:ロードサイド店舗購入
10月:駅近ビジネスホテル隣の店舗購入
10月:上記店舗向かいのビル購入

2018年現在の家賃年収約5,400万円

月に5〜10日、一日に数時間働く狩猟型の生活を満喫している

不動産投資を始めるきっかけや初期の苦労については大家列伝(前編・後編)を参照ください。

ページの
トップへ