• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

10,450アクセス

「 競争の少ない物件探し 」 に挑戦してみよう!

泉正人さん_画像 第8話

物件情報を集めるにあたって、メインの場となるのは
やはりインターネットの情報サイトです。

ここ健美家を始めとして、ヤフー ( 不動産 ) ほか
様々なサイトを使い分けていらっしゃる方も、
多いのではないでしょうか。

ここで、気をつけたいのは 「 競争相手と差を付ける
という点です。

インターネットの情報サイトは情報量が豊富で、検索機能なども
使いやすい分、たくさんの投資家の方が 「 良い物件はないか 」 と
常に狙っている、という欠点もあります。

いわゆる 「 投資ギラギラ層 」 、つまり良質の投資用物件を血眼で
探している他の投資家たちと、良い物件の取り合いに
なってしまうというジレンマに陥るのです。

それは、「 サブプライムローン問題 」 や 「 不動産不況 」 で揺れる
現在においても同様なことは、皆さんも物件探しをしていて
感じられることではないでしょうか。

■ 解決策その1 〜 検索条件を工夫しよう!

そんな問題点を解決するための 1つ目の方法としては、
「 検索条件を工夫する 」 ということが考えられます。

誰もが欲しがるような、ありきたりな投資用物件で
あればあるほど、競争が激しくなるからです。

例えば、投資用のワンルームマンションや、
投資用のアパートについてはどうでしょうか。

おそらくワンルームマンションやアパートを自宅用に買って住む、
という方は、間取りや使い勝手を考えればほとんどいないでしょう。

逆に言えば、ワンルームマンションやアパートを買う人は、
それを賃貸に出して家賃収入を得ようとする投資家ばかりです。

当然、良い物件はそれこそ熾烈な競争を勝ち抜かなければ
ゲットすることはできません。

なかなか魅力的な価格を引き出すのは難しくなってきます。

一方、ファミリータイプの区分所有や、
一戸建ての物件はどうでしょうか。

多くの場合、それを賃貸に出そうとするよりも、
買って住もうという人が多いのではないでしょうか。

なぜなら、ファミリータイプの区分所有や、一戸建ての物件は
間取りや面積が広く、メンテナンスやリフォームが大変なため、
これを投資に回すのは一般的に効率が悪いと考えられています。

逆に採算を度外視してお金をかけられるマイホーム目的の人
( いわゆる実需目的の方 ) が購入者となるからです。

これを逆手にとれば、ファミリータイプの区分所有や、
一戸建ての物件は投資家同士の取り合いにはなりづらいということです。

例えば利回り的には最高の物件であっても、マイホーム目的の方は
利回りをほとんど意識しません。

よって、投資目的でこれを買おうとすれば、
価格交渉に余裕をもって取り組めるため、
魅力的な値引き額を引き出しやすくなってくるのです。

■ 解決策その2 〜 他の人が探していない広告媒体からも探そう!

2つめの方法としては、

他の投資家が見ていることが少ないだろう、
どちらかと言えば投資家でない一般人が見ているであろう、
と思われる媒体から物件を探すことです。

例えば、新聞の折り込みチラシはどうでしょうか?

あるいは、駅のスタンドにおいてある、無料の不動産情報誌
( フリーペーパー ) はどうでしょうか?

これらの媒体は、ほとんどの場合は投資目的の物件は少なく、
マイホームに使えそうな土地や建物ばかり掲載されています。

もちろん、利回りなどは一切記載されていません。

しかし、実際に 「 どのくらい家賃を取れるだろうか 」 と考えて
利回りを計算してみると、驚くような利回りが期待できる物件が
時には掲載されているものなのです。

これも、投資家と競争になりづらい物件の取得例です。

■ 他の人が見えない物件を探そう!

この他にもよく目をこらせば、
町中いたるところに不動産情報があります。

駅前でポケットティッシュと一緒に配られているチラシ、
物件に貼り出されている売り広告など。。。

「 えっ こんなところから? 」 という意外性のあるルートほど
競争が少なくなり、

そして競争が少なければ少ないほど、
掘り出しもの物件に出会えるチャンスが増えていくものです。

あなたも、「 あなたならでは 」 の物件探しルートに
挑戦してみましょう!

健美家サイト会員登録で最新コラムやニュースをチェック!

健美家不動産投資コラム

プロフィール

■ 泉正人さん

泉正人さんのブログ
「日本人みんなで、経済的に
HAPPYになる!」


■ 経歴

日本初の商標登録サイト「トレードマークストリート」を立ち上げた後、不動産投資ポータルサイト、カフェ等を経営するかたわら、ファイナンシャル教育の必要性を感じ、日本ファイナンシャルアカデミー株式会社を設立する。

現在、受講生は5万人を超え、独立系ファイナンシャル教育機関として日本最大級となり、投資の基礎となる会計、財務、経済新聞の読み方、マネープラン等から、株式投資、不動産投資等の投資の学校まで幅広いファイナンシャル教育を行う。

受講生の99%が満足するという、ハイレベルな内容の講座を既に300回以上提供し、この内容は日経新聞、日経マネー、日経ビジネス、フォーブス、TBS、フジテレビ、J-WAVE等の新聞、雑誌、テレビ、ラジオ等のメディアからも注目を集めている。

現在は、5社の経営を行うと同時に、自ら不動産投資や株式投資も行う。そのノウハウを多くの人に伝えるため、投資の学校にて自ら講演活動も行っている。

また、ベストセラー著者兼ベンチャー経営者仲間と「JBN(在留邦人ビジネスネットワーク)」を発足し、世界各地で活躍する日本人起業家・ビジネスマンを支援するため、ボランティアで世界各国でセミナーなどを開催している。

マサチューセッツ工科大学スローン経営大学院 エグゼクティブコース修了

ファインナンシャルアカデミー

【 著書一例 】

ページの
トップへ