• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

8,826アクセス

キャッシュフロー3千万円を達成した2017年。ゴール設定の重要性と今年の目標

平原圭さん_画像 第10話

みなさま、あけましておめでとうございます。2017年はどのような年だったでしょうか? 今回のコラムでは、私の2017年の振り返りと2018年の目標を皆さんに共有したいと思います。

私自身、不動産投資を始めたのは2012年からなのでやっと5年が経過したところです。始めた当初の目標は「 10年以内に不動産からのキャッシュフローを年間1,000万と金融資産1億円 」でした。

しかし、アベノミクスの恩恵もあり、3年後の2015年の終わりには、当初の目標を達成。そのため、2017年は「 キャッシュフロー3,000万と金融資産3億円 」を目標に頑張ってきました。

■2017年の主な実績

私の2017年の不動産投資の実績は以下のようなものでした。

@3棟の新築物件竣工(RC:1、木造:2)
A3棟の土地契約(RC:2、木造:1)*竣工は2018年3月に2棟、2019年1月に1棟
B2棟の売却(木造:2)、7千万の売却益
C所有9棟の年間ベースの家賃収入:1億円(契約済含めると1.3億円)
D所有9棟の年間ベースのキャッシュフロー:3千万(契約済含めると3千7百万円)
E金融資産:2億後半
F株売買の売却益:2千万

2017年は4月あたりから不動産マーケットはかなり停滞しましたが、上記の通り概ね目標は達成できました。実際はもう1棟木造を売却して金融資産の目標は達成見込みだったのですが、最後に滑り込ますことは叶わず。。。2018年の3月末を目途にキャッチアップしたいと思っています。

ここでみなさまにお伝えしたいのはGoal settingの重要性です。

私は不動産投資を始めてから5年で計6棟の物件を売却していますが、それも金融資産の目標を達成するためですし、現状未達のため更に1棟売却活動しているわけです。なんの目標もなく不動産投資をしていれば多分ここまで売却に固執していないでしょう。

目標をSetし、常に眺めることで、人間は寝ている間もその目標に向かって頭の中で戦略を立てています。ですので是非この年末年始に2018年の目標と中長期目標を立ててみてください。

■ 2018年の主な目標

そして、2018年は次のような目標を立てています。

@2棟の新築物件竣工
A3棟の土地契約
B3棟の売却
C年間ベースの家賃収入:1億円
D年間ベースのキャッシュフロー:3千万円
E金融資産: 4億円
F不動産専業としての会社の設立
G金融商品(株、FX、仮想通貨)の売却益:3千万円

ほかにも目標はありますが、不動産関連の目標を書いてみました。このように具体的に目標を決めることで達成する可能性はぐんと上がります。ちなみに、中期の目標は次のようなものです。

<中期の主な目標>

@金融資産:10億円
A不動産借入:10億円以内
B年間ベースのキャッシュフロー:5千万円

付け加えると、来年はサラリーマンをリタイアしてはじめの年であり、今まで駆け足で進めていた不動産投資も一旦足元を見つめ直し、次のステージに向かうために色々な意味での基礎体力をつけたいと思っています。

■ 会社以外の仲間を持つことの重要性

2017年は多くの同志と出会えることができ、その出会いに感謝し、より深い絆を作っていければとも思っています。私はあまり群れることは好きではないですが、お互いに高めあえることができる大家さん仲間は一生の宝物になりました。

みなさんも会社では不動産の話などできないと思いますが、心配はいりません。世の中には優秀な仲間がたくさんおり、新しい人たちも快く迎えてくれます。ぜひ会社という狭い価値観の中で物事を考えず、もっと俯瞰した目を養ってみてください。

バブル崩壊後、日本は失われた10年と言われ、若い世代はロストジェネレーションなどと揶揄されますが、我々の生きている今の日本ほど、一般のサラリーマンが不動産投資に参入できる時代、国はありません

ただし、多くのハイエナが虎視眈々とそういった初心者を狙っているのも事実です( ハンター試験のようですね )。是非信頼できる仲間を増やし、1つの情報で物事を決定するのではなく、セカンド、サードオピニオンを取りながら納得のいく道を選んでください。

最後に、2018年も我々不動産投資家にとって良い年であることを祈りながら今回のコラムをおしまいにしたいと思います。

健美家サイト会員登録で最新コラムやニュースをチェック!

健美家不動産投資コラム

プロフィール

■ 平原圭(ひらはらけい)さん

hirahara

不動産投資家
外資系企業会社員
都内で妻と息子と3人暮らし
ブログ:CPA大家平原圭のレバレッジ不動産投資

■ 経歴

□197×年
東京で生まれる

□2001年
外資系IT会社入社

□2011年
米国公認会計士を取得

□2013年
外資企業へ転職

□2018年1月
勤務先を円満退職

■ 不動産に関する経歴

□2004年
都内にファミリータイプの新築分譲マンション(A)を購入(⇔07年に売却、売却益2,000万円超)

□2012年
千葉県松戸に1Kx8戸の新築木造アパート@を購入(6,700万円、利回り9.0%⇒14年に売却、売却益1,000万円超)

埼玉県大宮市に3LDKx12戸の中古RCマンションAを購入(1億8,000万円、利回り10.2%⇒14年に売却。売却益2,300万円超)

□2013年
千葉県船橋市に1Kx11戸の新築鉄骨アパートBを購入(1億1,000万円、利回り9.2%⇒16年に売却。売却益5,500万円超)

東京都港区麻布十番に新築分譲マンション(B)を購入 (5,500万⇒15年に売却、売却益1,500万円超)

□2014年
東京都葛飾区に1Kx14戸の新築木造アパートCを購入(1億3,700万円、利回り9.3%)

千葉県市川市に1Kx10戸の新築木造デザイナーズアパートDを購入(1億円、利回り8.4%⇒17年に売却。売却益1,500万円超)

千葉県市川市に1Kx15戸の新築鉄骨アパートEを購入(1億5,800万円、利回り8.3%⇒16年に売却。売却益5,500万円超)

□2016年
東京都港区田町に新築分譲マンション(C)を購入 (7,000万)

東京都世田谷区で土地値中古木造アパートF2棟一括購入(8,200万円に対し、路線価1億超⇒16年に1棟売却し。売却益2,000万円超)

東京都大田区蒲田で新築木造アパートGを建設(1億3,000万円、利回り8.5%)

東京都大田区池上で新築RCマンションHを建設(1億9,000万円、利回り7.1%)



東京都立川市で新築RCマンションIを建設(1億4,000万円、利回り7.5%)



東京都荒川区で新築木造アパートJを建設(9,600万円、利回り9.3%)

東京葛飾区で新築鉄骨アパートKを建設(1億1千万円、利回り9.3%)



□2017年
東京都葛飾区で新築木造アパートLを建設(8,000万円、利回り9.0%)

東京都墨田区で新築RCマンションMを建設中(3億円、利回り6.8%)

東京都足立区で新築木造アパートNを建設中(1億円、利回り8.9%)

東京都大田区で新築RCマンションOを建設中(1億8,000万円、利回り7.2%)

総投資額20億超
家賃収入約1億円、年間CF2,500万
売却益約2億円

ページの
トップへ