• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

7,541アクセス

海外移住生活1か月で感じた日本のメリット、デメリット

平原圭さん_画像 第14話

熱いのを覚悟で移住を始めて一か月。東京は40℃を超える日もあるなか、こちらは30℃前後と過ごしやすい日々が続いています。

こういったことも実際に海外に来てみないとわからないなと改めて感じています。日本の不動産マーケットは色々と厳しい局面にありますが、海外のマーケットと比べることで今後の皆さんの投資指針に少しでも参考になればと今回は思っています。

その前に、このコラムを読んでいる方は将来アーリーリタイヤ&海外移住を検討している人も多いと思いますので、こちらシンガポール生活で感じたことを少しお伝えしたいと思います。

@現地の食事は日本人好み

シンガポール料理と言えばチキンライスですが、小さな屋台などで食べてもとても美味しく、小さな息子も違和感なく食べています。また、中華系の方も多いため中華料理も抜群です。


屋台であれば400円程度で食べれます

A小さな地方都市より東京に近い

こちらに来てビックリしたのはほぼ東京と変わらないという点。買い物で言えば高島屋に伊勢丹、明治屋からドン・キホーテや100円ショップのダイゾーもあります。

また、飲食で言えば、餃子の王将、カレーのココイチ、大戸屋からやよい軒と東京の繁華街並みにそろっています。


すでに5回近く買い出しに行ってます

B人々がとても親切で安全でクリーン

とにかくみんな親切です。特に子供に対しては絶対で、入国時も一般のレーンが混んでいたら現地用のレーンに移動させてくれたり、街を歩いていても笑顔で話しかけてきてくれます。

また、街はとてもきれいで小学生ぐらいの子供が一人で歩いても大丈夫なんじゃないか? と思うぐらい安全です。

C不動産市場は想定の範囲外

家は購入も賃貸もとにかく高いです。私が借りたコンドミニアムは新築だったのですが、中国の方が3.5億円ぐらいで購入していました( 2ベッド、100uで、です )。

家賃もかなり高額ですが、それでも利回りで2%にはいきません。当初購入も検討しようかなと思ったのですが、価格と利回りを聞いてエクセルも出さずに賃貸で決定でした・笑。


 

日本人に人気のあるコンド

D物価が高い分、シェア文化が普及

こちらは車もめちゃくちゃ高いです( LEXUSのRX 350Lが292,800シンガポールドルからです。1シンガポールドルが83円だとすると、日本円換算で2,400万強 )。

そのため、タクシーは公式のもののほか、日本でいうuberのような個人車によるタクシーがたくさんあり、とても快適に使用することができます。

また、シェアサイクルも町中にたくさんあり、さっそく私も登録して日々快適に使用しています。


特に駐輪場はなく、町中にいたるところでシェアサイクルを見つけることができます

E教育環境

私が移住を決めた一番の理由がこちらです。ローカルの保育園では英語のほか中国語の授業もあり、また多国籍な空間で人種など関係なく遊んでいるわが子を見るとこちらに来てよかったなと改めて思います。

子供には人種や言語は関係なく、すぐに打ち解けていきます

Fメイド文化の普及

我が家も先日契約しましたが、こちらは住み込みのメイド文化が普及し、ねづいています。

また次の機会に詳しく書きたいと思いますが、今後の日本の衰退を少しでも食い止めるためには“メイド x 共働き”というライフスタイルを選択できることがとても重要だと考えており、今後は社会貢献も含め( 何よりも現状の自分たちが一番実感しているため )、こういったビジネスを日本で手掛けていきたいと思っています。


町中の至る所でこういった光景を目にします

さて、まだ1カ月経っていない中で感じたことをいくつかShareさせていただきましたが、いかがでしょうか? 少しでもシンガポールを実感してもらえたら嬉しいです。

最後に海外から見た日本の不動産マーケットに関してです。まず、現状融資が厳しくなっていると感じている大家さんが多いと思いますが、それでもまだ海外に比べれば日本のマーケットはheavenだと思っています。

こちらで仲良くなった現地人の不動産エージェントと話していても、そんな条件で資産背景のない一個人が銀行から低金利で借りれることに驚愕していました。

また、利回りに関しても彼には理解できないほど日本のマーケットはまだまだ投資価値があると改めて実感しています。

ですので、私自身は今後も売却でキャッシュポジションを上げながら、積極的に日本の不動産マーケットに投資していくつもりです。

健美家サイト会員登録で最新コラムやニュースをチェック!

健美家不動産投資コラム

プロフィール

■ 平原圭(ひらはらけい)さん

hirahara

不動産投資家
外資系企業会社員
都内で妻と息子と3人暮らし
ブログ:CPA大家平原圭のレバレッジ不動産投資

■ 経歴

□197×年
東京で生まれる

□2001年
外資系IT会社入社

□2011年
米国公認会計士を取得

□2013年
外資企業へ転職

□2018年1月
勤務先を円満退職

■ 不動産に関する経歴

□2004年
都内にファミリータイプの新築分譲マンション(A)を購入(⇔07年に売却、売却益2,000万円超)

□2012年
千葉県松戸に1Kx8戸の新築木造アパート@を購入(6,700万円、利回り9.0%⇒14年に売却、売却益1,000万円超)

埼玉県大宮市に3LDKx12戸の中古RCマンションAを購入(1億8,000万円、利回り10.2%⇒14年に売却。売却益2,300万円超)

□2013年
千葉県船橋市に1Kx11戸の新築鉄骨アパートBを購入(1億1,000万円、利回り9.2%⇒16年に売却。売却益5,500万円超)

東京都港区麻布十番に新築分譲マンション(B)を購入 (5,500万⇒15年に売却、売却益1,500万円超)

□2014年
東京都葛飾区に1Kx14戸の新築木造アパートCを購入(1億3,700万円、利回り9.3%)

千葉県市川市に1Kx10戸の新築木造デザイナーズアパートDを購入(1億円、利回り8.4%⇒17年に売却。売却益1,500万円超)

千葉県市川市に1Kx15戸の新築鉄骨アパートEを購入(1億5,800万円、利回り8.3%⇒16年に売却。売却益5,500万円超)

□2016年
東京都港区田町に新築分譲マンション(C)を購入 (7,000万)

東京都世田谷区で土地値中古木造アパートF2棟一括購入(8,200万円に対し、路線価1億超⇒16年に1棟売却し。売却益2,000万円超)

東京都大田区蒲田で新築木造アパートGを建設(1億3,000万円、利回り8.5%)

東京都大田区池上で新築RCマンションHを建設(1億9,000万円、利回り7.1%)



東京都立川市で新築RCマンションIを建設(1億4,000万円、利回り7.5%)



東京都荒川区で新築木造アパートJを建設(9,600万円、利回り9.3%)

東京葛飾区で新築鉄骨アパートKを建設(1億1千万円、利回り9.3%)



□2017年
東京都葛飾区で新築木造アパートLを建設(8,000万円、利回り9.0%)

東京都墨田区で新築RCマンションMを建設中(3億円、利回り6.8%)

東京都足立区で新築木造アパートNを建設中(1億円、利回り8.9%)

東京都大田区で新築RCマンションOを建設中(1億8,000万円、利回り7.2%)

総投資額20億超
家賃収入約1億円、年間CF2,500万
売却益約2億円

ページの
トップへ