• 完全無料の健美家の売却査定で、できるだけ速く・高く売却

×

  • 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集

入居者の自殺による対応と遺族の方への損害賠償請求【その3】

koziさん_画像 koziさん 第19話 著者のプロフィールを見る

2022/1/13 掲載

前回からの続きとして、入居者の自殺に伴う対応と遺族の方への損害賠償請求について紹介します。

参照:自殺遺族の方へ送った損害賠償請求の中身。入居者の自殺への対応【その2】

■ 遺族側の弁護士からの提案

遺族の方の代理人という弁護士( 以下「 遺族側の弁護士 」という )から、「 今後のやり取りに関しては当方で行います 」との連絡があった数日後、遺族側の弁護士から、自分が本件について委任をしていた弁護士事務所( 以下「 当方側の弁護士 」という )宛てに、送った通知書の損害賠償の内容について話し合いをしたいとの申し出がありました。

後日、当方側の弁護士と遺族側の弁護士で面談を行いました。ちなみに、私は弁護士に一任したので面談には行きませんでした。

面談を行った結果、遺族側の弁護士からこちら側が請求した損害賠償の内容について以下の申し出がありました。

遺族側の弁護士
「 お祓い費用3万5000円については、全額お支払いすると遺族の方は仰っています。お祓いをして供養していただき、ありがとうございますとオーナー様にもお伝えして下さいと遺族の方から言付かっています。

次に、逸失利益295万1

...

この記事は会員限定です。
会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

健美家会員のメリット

  1. 会員限定物件や非公開物件情報が見れる
  2. 最新のコラムニュース情報がメールで受け取れる

アクセスランキング

  • 今日
  • 週間
  • 月間

プロフィール

■ Koziさん

koziさん

不動産賃貸業
IT系企業のサラリーマン
都内に妻と子供と3人暮らし


■ 主な経歴

□1980年
神奈川県川崎市の武蔵小杉の地主の家に生まれる

□1999年(19歳)
不動産賃貸業に関わり始める

□2002年(22歳)
和光大学卒業

□2004年(24歳)
公認会計士、不動産鑑定士の試験に合格
(他に宅地建物取引士、行政書士、賃貸経営管理士等の資格も持つ)
IT系企業に入社

□2008年(28歳)
叔父の不動産を引き継ぎ2015年に法人化
会社員を続けながら、不動産事業にも取り組む

□2018年(38歳)
企業主導型保育事業を開始

□2021年
所有物件数15棟(レジデンス、店舗、グループホーム、保育園)
年商7億円(保育事業の収入含む)

ページの
トップへ