• 完全無料の健美家の売却査定で、できるだけ速く・高く売却

×

  • 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集

目黒区駅5分のシェアハウス開業にかかった費用。その利回りと出口戦略について

koziさん_画像 koziさん 第22話 著者のプロフィールを見る

2022/2/25 掲載

私が都心でシェアハウスを始めたきっかけについて書いた前回のコラムの続きです。今回は実際にシェアハウスにかかった費用やその収支、そして出口戦略などについて紹介します。

参照:高利回りでもシェアハウスを避けていた4つの理由と、そんな私が都心でシェアハウス運営を始めたきっかけ

■ 物件の取得費用等について

私は、東京都目黒区の中古戸建て(以下「本物件」)を5,500万円で無事に購入したのち、すぐにリフォームを行いました。

リフォームは、トイレ・洗面化粧台の交換と壁紙の張替、床の一部補修などを行い、家具家電の設置も行いました。かかった費用は200万ほどです。そして、本物件にかかった費用をまとめると、以下のとおりです。

・購入費用:5,500万円
・仲介手数料:173万円
・リフォーム、家具家電代:200万円
・取得費用合計:5,873万円

間取りはもともとの5LDK( 地下の防音室含む )のままにして、地下の防音室含む5部屋をシェアハウスとして賃貸することにしました。


シェアハウスの洗面所

■ 本物件をシェアハウスにしようと思った理由と購入した理由

・賃貸、住宅地としても需要が強いエリアであること
・私鉄2路線が利用で...

この記事は会員限定です。
会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

健美家会員のメリット

  1. 会員限定物件や非公開物件情報が見れる
  2. 最新のコラムニュース情報がメールで受け取れる

※ 記事の内容は執筆時点での情報を基にしています。投資等のご判断は各個人の責任でお願いします。

アクセスランキング

  • 今日
  • 週間
  • 月間

プロフィール

■ Koziさん

koziさん

不動産賃貸業
IT系企業のサラリーマン
都内に妻と子供と3人暮らし


■ 主な経歴

□1980年
神奈川県川崎市の武蔵小杉の地主の家に生まれる

□1999年(19歳)
不動産賃貸業に関わり始める

□2002年(22歳)
和光大学卒業

□2004年(24歳)
公認会計士、不動産鑑定士の試験に合格
(他に宅地建物取引士、行政書士、賃貸経営管理士等の資格も持つ)
IT系企業に入社

□2008年(28歳)
叔父の不動産を引き継ぎ2015年に法人化
会社員を続けながら、不動産事業にも取り組む

□2018年(38歳)
企業主導型保育事業を開始

□2021年
所有物件数15棟(レジデンス、店舗、グループホーム、保育園)
年商7億円(保育事業の収入含む)

ページの
トップへ