• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

5,660アクセス

BS重視主義でいくか、PL重視主義でいくか

koziさん_画像 koziさん 第4話

2021/4/20 掲載

最近、不動産投資でも純資産を上げていく「 BS重視主義 」が主流になってきています。具体的には物件を長期に保有するのではなく、短期間保有して物件を早期に売却して売却益を積み重ねていって、純資産を上げていく手法です。

特に最近流行っているのが、ご存じの方も多いと思いますが、都内に土地から購入して新築で表面利回り8%以上になるようにRCを建てて、満室にした後もしくは満室見込みの状態で利回り6%以下で売却するという手法です。

このようなBS重視主義の手法が増えている理由として、多法人スキームなどを組み合わせればキャッシュも膨らみ、短期間で規模拡大が図れるからというのもあると思います。

また、金融機関も決算書についてはPLよりもBSを重視、とりわけ純資産がどれだけ伸びているかを評価するようになっていいます。

家賃収入でコツコツと利益を出して純資産を積み上げていくよりも、売却を頻繁に行って売却益を得る方が毎年の利益も大きくなり、純資産の伸び率も( 上手くいけば )倍々ゲームになるので、BS重視主義の傾向になるのは当然なのかなと思ったりもします。

ちなみに会計の世界では、BS重視主義は「 資産負債アプローチ...

この記事は会員限定です。
会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

健美家会員のメリット

  1. 会員限定物件や非公開物件情報が見れる
  2. 最新のコラムニュース情報がメールで受け取れる

プロフィール

■ Koziさん

koziさん

不動産賃貸業
IT系企業のサラリーマン
都内に妻と子供と3人暮らし


■ 主な経歴

□1980年
神奈川県川崎市の武蔵小杉の地主の家に生まれる

□1999年(19歳)
不動産賃貸業に関わり始める

□2002年(22歳)
和光大学卒業

□2004年(24歳)
公認会計士、不動産鑑定士の試験に合格
(他に宅地建物取引士、行政書士、賃貸経営管理士等の資格も持つ)
IT系企業に入社

□2008年(28歳)
叔父の不動産を引き継ぎ2015年に法人化
会社員を続けながら、不動産事業にも取り組む

□2018年(38歳)
企業主導型保育事業を開始

□2021年
所有物件数15棟(レジデンス、店舗、グループホーム、保育園)
年商7億円(保育事業の収入含む)

ページの
トップへ