• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

10,618アクセス

物件売却で資産状況改善。自分への「ご褒美」に購入した都心セカンドハウスのスペック。

三浦弘人さん_画像 第5話

めんそーれ!  沖縄は相変わらず30℃を越える天気が続いています。今日は、不動産投資でモチベーションを上げ続ける方法のひとつとして、自分へのご褒美をテーマにかいてみたいと思います。

さて、みなさんは最近、自分へのご褒美に何かしましたか? 有名レストランでの食事や洋服やブランド品の購入や、女性はヘアケアやエステなどの美容やショッピングでしょうか。大家さんだと満室のお祝いに仲介会社との飲み会や旅行などもよくあると思います。

成功する大家さんたちの中には、高級外車の購入や海外不動産など、節税目的を兼ねることもあるのでしょうが、派手なご褒美を自分にプレゼントする方たちも、最近は多いですね。

■ 東京都心部にセカンドハウスを購入

実はそんな私も、今年8月に自分へのご褒美に念願のセカンドハウスを購入しました。数ある新築と中古物件の中から最終的に選んだのは、港区の麻布十番駅近くにある今年7月完成した新築の分譲マンションです。

東京都心部での売買価格が高騰する中、本当に住みたい立地に妥協することなく決断しました。だって、ご褒美ですからね( 笑 )。

老舗料理店に囲まれた場所にある、東京タワーが足元からてっぺんまで見渡せる、眺望が楽しめるお部屋です。先日、友人が遊びに来てくれましたが、地下鉄の地上出口から家までの道のりで、東京タワーが見えないように案内するのが一苦労でした。

商店街から周れば東京タワーに気付れかずにマンションへ到着。裏手の出入口にある通路を抜けてエントランスホールへ案内し、上層階にあるお部屋までエレベーターへ。そして、玄関ドアを開けると東京タワーが真正面に見えます。



バルコニーからの眺めに驚く友人の顔を見るのがすごく嬉しくて楽しみです。

■ 年間家賃1億円でも気持ちの余裕はなかった

実は2年前に秋葉原駅近くで部屋を借り、東京でのセカンドライフをスタートしました。間取りは1LDK40uで家賃と管理費を合わせて16万円。沖縄なら一等地のファミリータイプ80〜100uのお部屋が借りることができます。

当時はセカンドハウスのような利益を生まない不動産を購入しても負債をつくる事になるだけで、次の収益物件を購入する際の審査でマイナス材料になると考えていました。また、賃貸の方が身軽で経費計上に有利だと思っていました。

ただ、毎月支払う家賃が年間200万円近くになる事を考えると、購入した方が良いと思うようになりました。一時撤退してから真剣に資金計画を見直しして、物件探しを始める決意をしました。

その際、自分の資産状況を確認し、本当に購入できる状況なのかを、改めて検証しました。

「 三浦さん、儲かっているんだから、マンションひとつくらい余裕でしょう? 」なんて言う方がいますが、そんなことはありません。

これまで年間のキャッシフローにこだわり、所有する物件数を増やし、年間家賃は1億円目前まで来ました。みなさんもご存じの通り、昨今は手持ちの資金をできるだけ使わずにフルローンに近い条件で物件購入することが交渉上手と言われます。

しかし、私は所有物件の購入には頭金10%以上を入れることと、元金均等払いにこだわり続けてきました。物件取得のたびに頭金を入れる事、そして税金の支払いで手元には現金がいつも少なく、余裕を感じることはできませんでした。

■ 売却益を得て借入金利が低下、セカンドハウスが視野に

この心配性な性格が良かったのかもしれません。沖縄でも売り手市場が続いている中で、2棟のマンションを有利な条件で売却することができました。幸いにも億単位の利益が出たことで、手持ちの現金が増えました。

銀行からは担保割れの比率が大幅に改善されたこともあり、借入金利を大幅に引き下げてもらうことができたおかげで、今まで支払い続けた年間の支払利息が減りました。

なんと、1棟分の家賃収入並みです。これで東京でのセカンドハウスが完全に射程圏内になりました。購入したポイントは次の通りです。

@資産価値の高い港区の中でも人気の3A( 青山・赤坂・麻布 )
A東京タワーがきれいに見える
B羽田空港へのアクセスが良い( 沖縄や全国への移動が楽 )
C東京駅まで10分圏内( 新幹線でどこでも行ける )
D芝公園が近くウォーキングするのに最適
E終電後のタクシー料金が飲んだ後どこからでも2,000円以内で帰れる
F徒歩2分のエリアで再開発計画( http://skyskysky.net/construction/202214.html )

セミリタイアしてからは、全国への旅行や海外旅行などを好きな時に行けるようになりましたが、成田や羽田空港を経由して沖縄へ帰るにも、乗継便を待つ時間と更に約2時間半の移動は毎回疲れがたまります。

元々私は東京の出身なので、沖縄へ急いで帰らずビジネスホテルなどへ泊まれば良いのかもしれません。でも、沖縄では必要ないコートや手袋などの冬服を置けてゆっくりできる空間がずっと欲しかったのも理由のひとつです。

■ 自分へのご褒美を設定してモチベーションをアップしよう

今は、買ってよかったと満足しています。経済的不安から解放され、自由時間を手に入れてからは、私の取り組みに興味を持ってくださる方が増え、「 満室の3倍儲かる非常識な投資法 」( ダイヤモンド社 )の出版も果たせました。セミナー講師などのお話をいただくことも増えました。

自分で言うのもなんですが、これまで、自分なりにがんばってきました。セミリタイアしてからの5年間でもいろいろなことがあり、ご褒美をもらっても罰は当たらないのかなと思っています。

それに、東京タワーの目の前という希少性があり、徒歩2分のエリアで再開発計画のあるエリアですから、今後、資産価値が大きく下がることはないでしょう。自分へのご褒美と言いつつ、投資としても悪くない物件を選んでしまうのは、生まれ持った性分なのでしょうか( 笑 )。

皆さんも、頑張った自分へのご褒美を何でも構いませんので、目標設定してみてください。そして達成させることができるよう、毎日楽しく、不動産投資活動に取り組んでいきましょう。



健美家サイト会員登録で最新コラムやニュースをチェック!

健美家不動産投資コラム

プロフィール

■ 三浦弘人(みうらひろとさん)

miurasan

不動産賃貸業
沖縄在住

■ 経歴

□1966年
東京都江戸川区生まれ

□1991年
百貨店や電子部品商社など、転職を繰り返す中、25歳で大手かつらメーカーへ転職。
薄毛相談のカウンセラーを担当。

□1996年
2月に憧れの沖縄県へ転勤の辞令を受ける

□2000年(34才)
沖縄移住を決意。大手アパートメーカーに転職
仕事を通じて「空室を出さない賃貸経営術」を学ぶ

□2004年
社内で一括借上システムの審査部門へ配属。家賃設定を9年間担当
5000棟以上のアパート調査と商品企画の経験から満室経営の極意を習得する

早くセミリタイアしたい気持ちから福岡市の新築アパートを購入( 2棟16戸 )

退去後の空室が埋まらず、大幅な家賃下落を経験
土地勘のない地域での怖さを実感し、撤退して沖縄に専念することを決意

□2008年
沖縄の軍用地への投資を開始。複利で運用される魅力に気づき資産拡大へ
現在では嘉手納飛行場を約10000平米所有、軍用地収入は約1600万円



詳しくは「健美家ニュース」を参照

□2012年4月(45才)
サラリーマンを卒業、セミリタイア生活がスタート

詳しくは「大家列伝」を参照

□2013年
旅館業スタート

家賃の3倍以上儲かる非常識な方法を実践し、マスコミから脚光を浴びる
ノウハウを2016年に出版へ。じゃらんの売れた宿ランキング2位を獲得





詳しくは「その道のプロ」を参照

□2018年
土地購入から新築する手法で、開始から14年間常時満室を継続中
現在4棟68戸を所有。家賃収入約6500万円
(5棟49戸は売却。売却益は1億円以上)



旅館業の奮闘記や軍用地への投資術など個性的な投資方法のセミナー講師など、幅広い活動で全国を飛び回る

スイスのプライベートバンクへの口座開設やハワイ不動産投資など新しい試みにも挑戦中

■ 著書

満室の3倍儲かる非常識な投資法(ダイヤモンド社)


ページの
トップへ