• 完全無料の健美家の売却査定で、できるだけ速く・高く売却

×

  • 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集

RC造ガレージテラスハウスが完成。他人がやれないことをやる

佐藤元春さん_画像 佐藤元春さん 第16話 著者のプロフィールを見る

2021/8/19 掲載

こんにちは、佐藤元春です。先月、札幌市西区の地下鉄琴似駅、徒歩6分の立地にガレージテラスハウスが竣工しました。今回はそのガレージテラスハウス「 KPガレージ 」についてお話ししたいと思います。

■ 道具にこだわりを持つ人に住んでもらいたい

以前のコラムでもお話ししましたが、「 KPガレージ 」の名前の由来は、スキーのK点と、「 恒志堂プロダクト 」の頭文字のダブルミーニングです。

場所は札幌市営地下鉄東西線の人気駅、「 琴似駅 」から徒歩6分の好立地にあります。ガレージハウスは苫小牧市や、札幌市内では清田や厚別といった郊外にありますが、地下鉄徒歩圏内では弊物件が初めてのはずです。左右対称の造りで、両サイドに5世帯ずつ建っています。

間取は全て1LDK+S。一階にガレージとモノを置けるS( サービスルーム )があり、二階に居室部分のLDKがあります。また、広い屋上テラスも特徴です。広さは58uで、賃料は16.5万円( 管理費込み )。近隣相場は普通の2LDKで10万円程度なので、相場よりかなり高い賃料です。

7月から募集を開始しました。ガラス張りのガレージがある賃貸マンションという尖った物件であるため、実際に現地を見て決めたいという人が多いようです。10室と数が少なく、コアな入居者を見つければいいので満室は難しくないと見込んでいます。

KPガレージの入居者としてイメージしたのは、道具にこだわりがある単身者です。車やバイク、ロードバイク、釣り道具にサーフボード等、道具に愛着があり、大切にするアッパー単身者を想定しました。

年齢層として一番響くのは30〜40代でしょう。札幌在住ではなく、スーパーカーを駐車する場所としてセカンドハウス的に使いたいというお問い合わせが多いことから、実際に大人の隠れ家、趣味の部屋のような感じの需要があるのだと思います。屋上も仲間とワイワイというより、ハンモックに揺られて読書をしたりコーヒーを飲んだりと、一人の時間を楽しむことをイメージしています。

物件がある場所は行き止まりになっている220坪です。地形としては良いとはいえませんが、この行き止まりの特性を「 不特定多数の人が前を通らない良さ 」と捉えて、プライベートな空間を求めている入居者を対象としたKPガレージを企画しました。

ガレージに駐車できるのは1台ですが、マイホームが別にあり、セカンドハウス的に借りる人が多いため、問題はないと考えています。バイクであれば複数台おけますし、必要なら隣の月極駐車場を借りることもできます。

■ 他人がやらない、やれないことをやる

土地は今年になって話が急に舞い込み、決済に至りました。1月に土地を買い、3月から工事に入り、7月に完成しました。ガレージスペース以外でこだわったポイントは、コスト削減です。普通の賃貸マンションにしない分、利回りを確保するために適切なコスト削減を特に意識して取り組みました。

例えば階段を軽量鉄骨ではなく、木材で作りました。コストを削減しつつも、木の香りや目に見える木の「 温かみ 」を取り入れました。また、キッチンの天板や3口コンロの土台を造作で作り、「 無骨でかっこいいけど、温かみがある 」というテーマに沿って、コスト削減を積極的に行いました。

木造ではなく、RC造にした理由の1つは融資期間の問題です。また、出口を考えた時の売りやすさの問題も考慮しました。ウッドショックで木造の単価が上がっていますが、そもそも札幌はRCと木造で建築単価がさほど変わらないエリアです。そのような理由からRCでの新築を選択しました。

もちろん、RC造にすれば税金は高くなります。しかし、融資期間が延びれば所有期間中のキャッシュフローがより多く確保でき、売却もしやすいというメリットがあるため、余分にかかる税金は吸収できると考えています。

地下鉄駅近くというこの場所にガレージハウスを作ったのは、他社が真似しにくいと思ったためです。土地を相場より相当安く仕込む必要がありますし、普通の賃貸マンションを作るより利回りが1%程度下がるので、それに耐えられる資金力も必要になります。

他の投資家がやらない、やれないことを形にすることで、仲介会社や不動産会社に恒志堂という会社の取り組みや姿勢を知ってもらえますし、リクルートの意味でも注目を集めることができます。ちなみに最終的な表面利回りは7.2%になりました。

■ これからの構想

「 食育 」と「 プログラミング 」というテーマで新たなビジネスに取り組んでいます。例えば、食を通じた教育、SDGsでいう「 フードロス 」について、ゲームプログラミングで学べるような施設を作りたいと思っています。

また、まだ詳細は発表できませんが現代版下宿を考案中です。これはコロナ禍が私に気付かせてくれたアイディアです。

他にも、スキーやスノーボード、自転車等の季節用品を預かるストレージサービスも提供していきたいです。恒志堂グループの住居内で引越しをするなら、ストレージサービスを使えるが、それ以外だとサービスを使えないということになるので、恒志堂グループ物件内での引越しを勧められるようになります。

我々は賃貸業のみならず、様々な事業を行っているので、他社には真似ができないことができる強みがあります。恒志堂グループの物件に入ると、こういう体験、特典があるよとずらずらと並べ、自分たちがビジネスとしてやっていることを全部使えるよとアピールしていきたいです。

今後、恒志堂グループの新本社ビルを建設する構想もあります。その時は皆が驚くような建物を作りたいです。遊び心を盛り込み、オフィス、レジデンス、ホテル、コワーキングスペースも入れる予定です。その時は、恒志堂グループのスタッフとして一緒に働きたい人も募集しようと思います。

アクセスランキング

  • 今日
  • 週間
  • 月間

プロフィール

■ 佐藤元春さん

佐藤元春さん

有限会社恒志堂 代表取締役
https://koshido.co.jp

オンラインサロン「佐藤元春共育塾」主宰
https://onsalo.co.jp/salons/12/

super car × cafe Ficata
https://ficata.jp

株式会社スペチアーレ 代表取締役
ヤマダ不動産札幌本店
https://yamada-realestate-sapporo.com

株式会社ロータス 代表取締役
https://lotus-sapporo.com

モデナスポーツカーズ株式会社 代表取締役
https://modenasports.com

◇運営ホテル
手稲ステーションホテル
https://station-hotel.co.jp

VILLA KOSHIDO
https://villa-koshido.jp


■ 経歴

□1975年
北海道札幌市生まれ
スーパーカーに憧れる少年時代を過ごす

□1998年
北星学園大学卒業

□1998年
株式会社札幌セミナー(現札幌練成会)入社

□2001年
競売で区分マンションを落札し、不動産投資を始める

□2004年
有限会社恒志堂を設立、取締役に就任

□2005年
株式会社札幌セミナー(現札幌練成会)退社

□2007年
有限会社恒志堂の代表取締役に就任
33才にして人生初のスーパーカーを購入する

□2008年
株式会社モトケンを設立、代表取締役に就任
アパート経営者とガス会社を繋ぐ仲介事業を展開

□2013年
スーパーカー&カフェ・フィカータをオープン

□2016年
投資総額が100億円を超える
サービス付高齢者向け住宅の事業をスタート

□2018年
モデナスポーツカーズをM&A
ホテル事業をスタート

□2020年
オンラインサロン「共育塾」をスタート

□2021年
esports事業へ本格参入
プロチーム結成、2次元キャラクターの制作及び販売、esportsプレイヤーとアーティストのコラボレーション動画制作などを行っている

スーパーカーとレーシングカーを合わせて40台以上を所有

ページの
トップへ