• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

11,352アクセス

歴史的な大転換期は間近か。年末年始に投資家がするべきこと。

長嶋修さん_画像 長嶋修さん 第206話

2018/12/25 掲載

2018年は、「 かぼちゃの馬車事件 」「 地面師事件 」「 レオパレス欠陥アパート事件 」をはじめ、様々なトピックに事欠かない不動産市場でした。

とりわけかぼちゃの馬車事件から派生したいわゆる「 スルガショック 」は融資を冷え込ませたり、市場そのものに疑心を生むこととなり、収益物件の価格に頭打ち感が出ましたが、暴落のような深刻な事態には至りませんでした。

私はあちこちの不動産投資家向けセミナーに招かれ講演を行っていますが、むしろ事件後のほうが来場者数も多く、不動産市場への関心を再確認した次第です。

さて、こんななか、2019年はいったいどうなるのでしょうか。

来年8月には2パーセントの消費増税が予定されています。夏には選挙がありますのでその対策として増税が凍結される可能性もあるのではないかと私は考えていますが、仮に増税が実行された場合にどうなるか。

住宅市場では「 住宅ローン減税期間の3年延長 」「 すまい給付金を拡張したうえで交付 」といった措置が実行される見込みで、住宅市場経由での大きな駆け込みやその後の落ち込みはなさそうです。

が、それより何より、このままの景気動向では、増税分だけGDPが...

この記事は会員限定です。
会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

健美家会員のメリット

  1. 会員限定物件や非公開物件情報が見れる
  2. 最新のコラムニュース情報がメールで受け取れる

プロフィール

■ 長嶋 修さん

長嶋 修さん

不動産コンサルタント
さくら事務所 会長

長嶋修さんのブログ

不動産デベロッパーで支店長として幅広く不動産売買業務全般を経験後、1999年に業界初の個人向け不動産コンサルティング会社である、不動産の達人 株式会社さくら事務所を設立、現会長。

以降、様々な活動を通して“第三者性を堅持した個人向け不動産コンサルタント”第一人者としての地位を築く。国土交通省・経済産業省などの委員も歴任。

2008年4月、ホームインスペクション(住宅診断)の普及・公認資格制度をめざし、NPO法人日本ホームインスペクターズ協会を設立、初代理事長に就任。

また、TV等メディア出演 、講演、出版・執筆活動等でも活躍中。

現在、「東洋経済オンライン」、「Forbes JAPAN WEB」等で連載コラムを執筆中。業界・政策提言や社会問題全般にも言及。

主な著書に、『空き家が蝕む日本』(ポプラ社)、『不動産格差』(日本経済新聞社)、『5年後に笑う不動産』(ビジネス社)等。

【連載中のコラム】


【著書一例】



ページの
トップへ