• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

7,433アクセス

「 川上の情報 」 をつかんで成功する

長嶋修さん_画像 長嶋修さん 第33話

2009/8/12 掲載

みなさんこんにちは。不動産コンサルタントの長嶋 修 ( ながしま おさむ ) です。


総務省統計局が発表した住宅・土地統計調査の速報集計結果によれば、全国の住宅数は 5759万戸で、2003年からの 5年間で 6.9パーセント ( 370万戸 ) 増加。一方で空き家は 756万戸と、14.6パーセント ( 97万戸 ) 増加しました。日本全国を賃貸住宅経営にたとえると、空き家率は 13.1パーセントと、過去最高となっています。地域により大きくばらつきがありますが、日本の人口は総じて減少をし続けるのであり、住宅の供給過多、需要減少を裏付ける結果となりました。

株式会社レオパレス21が管理する賃貸住宅の住居率は、2009年6月時点で 82.67パーセントと、大幅に悪化しています。入居キャンペーンなどを行ったものの、圧倒的に退去が増加したためです。

勉強をしている大家さんはすでにお気づきですが、これから賃貸住宅経営は総じて厳しいものとなります。これからさらに経済がデフレ化すれば、住居費に割り当てることが出来る金額も下落します。家計の中で最も割合の大きいのは 「 食費 」 ですが、それに次...

この記事は会員限定です。
会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

健美家会員のメリット

  1. 会員限定物件や非公開物件情報が見れる
  2. 最新のコラムニュース情報がメールで受け取れる

プロフィール

■ 長嶋 修さん

長嶋 修さん

不動産コンサルタント
さくら事務所 会長

長嶋修さんのブログ

不動産デベロッパーで支店長として幅広く不動産売買業務全般を経験後、1999年に業界初の個人向け不動産コンサルティング会社である、不動産の達人 株式会社さくら事務所を設立、現会長。

以降、様々な活動を通して“第三者性を堅持した個人向け不動産コンサルタント”第一人者としての地位を築く。国土交通省・経済産業省などの委員も歴任。

2008年4月、ホームインスペクション(住宅診断)の普及・公認資格制度をめざし、NPO法人日本ホームインスペクターズ協会を設立、初代理事長に就任。

また、TV等メディア出演 、講演、出版・執筆活動等でも活躍中。

現在、「東洋経済オンライン」、「Forbes JAPAN WEB」等で連載コラムを執筆中。業界・政策提言や社会問題全般にも言及。

主な著書に、『空き家が蝕む日本』(ポプラ社)、『不動産格差』(日本経済新聞社)、『5年後に笑う不動産』(ビジネス社)等。

【連載中のコラム】


【著書一例】



ページの
トップへ