• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

6,253アクセス

地域の都市計画への取り組みを把握しよう

長嶋修さん_画像 長嶋修さん 第50話

2010/4/28 掲載

賃貸住宅経営の要諦は原則として、何よりもまず 【立地】 選びであることは論を待ちません。これはマイホーム購入も同じ。立地選びについて、マクロ的には 【地位(ぢぐらい)】 、ややミクロ的には 【駅からの距離】 【周辺・生活環境】 などが重要であることもよく知られています。ノウハウ本を紐解けば、その地域の概況を知るためには、市区町村役場などで 【都市計画図】 を入手せよ、などと書かれています。

ご存じの方も多いかと思いますが都市計画図とは、その自治体の道路計画や街づくり、建築規制などの広義な都市計画について、白地図に落とし込まれたもの。該当物件周辺が商業系なのか住宅系なのか、どのくらいの大きさや種類の建物が建ちそうなのかということを知ることによって、地域の将来像を把握しようというものです。市区町村役場の都市計画課などで、無料〜500円程度で入手できます。情報公開が進んでいる横浜市などはネットで、無料で確認できます。

横浜市 建築局 i−マッピー まちづくり地図情報

不動産投資を行おうとする方は、すでにこのくらいのことは実践していらっしゃることと思います。しかし今後の大きな、劇的ともいえる社会環...

この記事は会員限定です。
会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

健美家会員のメリット

  1. 会員限定物件や非公開物件情報が見れる
  2. 最新のコラムニュース情報がメールで受け取れる

プロフィール

■ 長嶋 修さん

長嶋 修さん

不動産コンサルタント
さくら事務所 会長

長嶋修さんのブログ


■ 経歴

不動産デベロッパーで支店長として幅広く不動産売買業務全般を経験後、1999年に業界初の個人向け不動産コンサルティング会社である、不動産の達人 株式会社さくら事務所を設立、現会長。

以降、様々な活動を通して“第三者性を堅持した個人向け不動産コンサルタント”第一人者としての地位を築く。国土交通省・経済産業省などの委員も歴任。

2008年4月、ホームインスペクション(住宅診断)の普及・公認資格制度をめざし、NPO法人日本ホームインスペクターズ協会を設立、初代理事長に就任。

また、TV等メディア出演 、講演、出版・執筆活動等でも活躍中。

現在、「東洋経済オンライン」、「Forbes JAPAN WEB」等で連載コラムを執筆中。業界・政策提言や社会問題全般にも言及。

主な著書に、『空き家が蝕む日本』(ポプラ社)、『不動産格差』(日本経済新聞社)、『5年後に笑う不動産』(ビジネス社)等。


■ 連載中のコラム

■ 著書一例

ほか多数

■ HP

ページの
トップへ