• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

7,938アクセス

インスペクション 「爆裂現象」

長嶋修さん_画像 長嶋修さん 第64話

2010/11/24 掲載

最近たて続けに、RC ( 鉄筋コンクリート ) マンションのトラブルに関するインスペクション ( 建物調査 ) ご依頼が続いています。必要最低限の点検とメンテナンスを怠っていたために、トラブルが発生しているのです。傾向としてはそのほとんどが 【 水 】 にまつわる問題。そして原因は、所有者が 「 建物に関して知識がなく、点検やメンテナンスという概念がない 」 「 購入時に建物のコンディションをよく調べなかったため、後になって建物のトラブルに悩まされる 」 「 フルローンなどで無理な買い物をしてしまったため、メンテナンスなどにかけるお金を絞っていた 」 などのケースが多いようです。

画像1 【 画像1 】

【 画像1 】 はコンクリート部分を拡大したところ。なにやらコンクリートが壊れ始めています。これは、コンクリートの中にある鉄筋が錆びて膨張したため、コンクリートを押し出しているのです。これを 「 爆裂 ( ばくれつ ) 現象 」 といいますが、なんらかの理由で鉄筋に水分が触れ続けていたようです。この部分は雨水にさらされる箇所ではありませんから、可能性としては 「 建物内部からの水漏れ 」 が考え...

この記事は会員限定です。
会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

健美家会員のメリット

  1. 会員限定物件や非公開物件情報が見れる
  2. 最新のコラムニュース情報がメールで受け取れる

プロフィール

■ 長嶋 修さん

長嶋 修さん

不動産コンサルタント
さくら事務所 会長

長嶋修さんのブログ


■ 経歴

不動産デベロッパーで支店長として幅広く不動産売買業務全般を経験後、1999年に業界初の個人向け不動産コンサルティング会社である、不動産の達人 株式会社さくら事務所を設立、現会長。

以降、様々な活動を通して“第三者性を堅持した個人向け不動産コンサルタント”第一人者としての地位を築く。国土交通省・経済産業省などの委員も歴任。

2008年4月、ホームインスペクション(住宅診断)の普及・公認資格制度をめざし、NPO法人日本ホームインスペクターズ協会を設立、初代理事長に就任。

また、TV等メディア出演 、講演、出版・執筆活動等でも活躍中。

現在、「東洋経済オンライン」、「Forbes JAPAN WEB」等で連載コラムを執筆中。業界・政策提言や社会問題全般にも言及。

主な著書に、『空き家が蝕む日本』(ポプラ社)、『不動産格差』(日本経済新聞社)、『5年後に笑う不動産』(ビジネス社)等。


■ 連載中のコラム

■ 著書一例

ほか多数

■ HP

ページの
トップへ