• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

9,265アクセス

築古の和室物件が人気の和モダン部屋に変身

坂田夏水さん_画像 第11話

こんにちは、夏水組の坂田です。今年は、初雪も例年に比べてとっても早かったようですね。寒い日々が続きますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

本日のテーマは「 築古物件に愛を・・・ 」。皆様の中に、なんだか暗くて少しじめっとした和室物件をお持ちの方はいらっしゃいませんか? 今日はそんな築古和室物件を、愛をもってよみがえらせるポイントを紹介します。

まず、築古の和室の場合、残す部分の見極めが重要です。柱が出ているタイプの真壁から完全に洋室の大壁にする場合は、壁をふかすという工程が必要です。

この場合、業者さんに頼み、床も一緒にフローリングにしてしまった方がよいかもしれません。現状の真壁を生かす場合は柱や梁など、DIYで塗装が可能かどうか、現状がどんな仕上がりなのか、よく確認してくださいね。



塗るところと塗らない所を分けると、アクセントにしたいところがより際立ちます。

そして和室に必ずあるといえば、襖。でしょうか。手軽にイメージチェンジするならば、襖の張り替えもおすすめです。

簡単にやるのなら、国産壁紙を両面テープで貼ることもできるのです。襖がどの種類のものかによって施工方法が若干異なりますのでご注意を。
(参照:http://www.rakuten.ne.jp/gold/kabegamiyahonpo/d/wall_p/fusuma-wp.html



大胆な柄物が襖部分に入ると、一気に個性的な空間に。築古和室物件を素敵にするのなら「 レトロ上手になる 」ことが大切。アクセントを入れる場合は気を付けて。

好きな色柄・最近よく見る流行りのものに流されてはいけません。ビビットカラーや、パステルカラーなども難易度が高めなので慎重に。

着物にハイヒールを合わせるファッションには、相当のセンスが必要ですよね。インテリアも同じです。入居者さんをイメージして壁紙を選定していきましょう。



塗装の場合は、明るすぎないくすんだ色を。



写真の壁色はブルードュパリ。こちらも元は和室です。落ち着いたブルーやモスグリーンなら男性にも受け入れやすいですね。
http://material-interior.com/item/103168467

ドアのある所ならば、チョークボードペイントもおすすめです。



下のペンキは日本の家にもっと合う柔らかな色がほしくて、夏水組で作ってしまいました。日本の家に多い、焦げ茶色の木部にもなじみがよいのでおすすめです。



チョークボードペイントは全部で4色。
http://item.rakuten.co.jp/kabegamiyahonpo/rkpk-tn-cbp-n5



壁紙の場合は、少し可愛さのあるレトロ柄をアクセントにすると可愛く仕上がります



派手目なお花柄もレトロでかわいいですね。



男女問わず好まれる柔らかな色合いのもの。色見を抑えると、障子の良さも引き立ちます。

さて、今日は築古の和室物件を和の雰囲気も少し残しながらのコーディネートとしてご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?

お金をかけ、丸々洋室に作り替えた真っ白なお部屋もいいですが、活かすところはそのまま残した、なんとなく入居者さんの顔が見えるような愛ある賃貸も魅力的ですよね。

夏水組でも近々、和室で使える珪藻土を発売予定です。その際にはまたお知らせいたしますね。

健美家サイト会員登録で最新コラムやニュースをチェック!

健美家不動産投資コラム

プロフィール

■ 坂田夏水(さかたなつみ)さん

夏水さん

公式HP:夏水組
ネットショップ:MATERIAL

株式会社夏水組 代表
不動産投資家

□ 経歴

1980年生まれ

2004年
武蔵野美術大学造形学部建築学科卒業。
アトリエ系設計事務所、工務店、不動産会社勤務

2008年
夏水組設立

内装デザインのみならず不動産企画やコンサルティング業務、DIY商品企画、雑貨店GONGRIや飲食店LEMONNEのプロデュース等、女性特有のデザインが注目を 集めている。

□ 主な著書

『夏水組の パリ 風手作りインテリア』
(KADOKAWAメディアファクトリー)

夏水さん

『夏水組インテリア・コレクション』
(けやき出版)

夏水さん

『夏水組の「家デコ」レシピ』
(学研パブリッシング)

夏水さん

『リフォーム&インテリア アイディアBOOK』(KADOKAWAメディアファクトリー)

夏水さん

ページの
トップへ