• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

5,562アクセス

ペット可物件にも差別化を!ペット、買主、大家に愛される「ペット可物件リフォーム」のコツ

坂田夏水さん_画像 第22話

こんにちは、夏水組の坂田です。すっかり秋めいてきましたね。さて、今回は『 ペット可 』物件についてお話ししたいと思います。ペット可の物件は全体的に少なめです。でも少ないからこそ、ビジネスチャンスも多くあります。

とはいえ、建物が汚れてしまったり、ペット可に対応した設備を付けたりする大変さを考えると、つい避けてしまうという方もいるかもしれません。そこで今回は、大家さんにとっても魅力のあるペット可物件のお部屋づくりを紹介します。

■ 床材はクッションフロアで快適性・掃除性アップ

賃貸物件ではフローリングが一般的ですが、ペット可物件のおすすめはクッションフロアです。張替えの際にも安価ですし、水に強く汚れもサッと拭けて、掃除のしやすい点は、飼い主にも貸主にもメリットですね。

私も犬2匹と小さい子供も2人いますので、クッションフロアのお掃除の楽さを知ってしまうと、無垢の床材に憧れつつも、もう手放せないという良さがあります。また、犬や猫が滑りにくい弾力性のあるクッション素材はペットの足への負担を軽減します。

ネックはチープな質感やデザインでしたが、最近はそのイメージを覆す、木目やタイル柄だけではない素敵なデザインのクッションフロアが多数あります。空間のイメージがガラッと変わるので、機能性だけでなく、差別化という意味でも面白いと思います。

工事が大変では、と思われる方もいるかもしれません。実は、DIYでフローリングの上からクッションフロアを張ることもできるんです。詳細は、過去のこちらのコラムをご覧ください。







■ 壁紙を上下に貼り分ける方法でデザイン性+αの実用性

最近、消臭効果や引っ掻き傷に強い「 機能性壁紙 」と言われる商品が販売されています。しかし、デザイン性やカラーバリエーションはいまひとつ。機能は魅力だけれど、差別化になりにくいといった印象です。

そこでおすすめなのが、壁の上下で壁紙を張り分ける方法です。上下の境にはトリムやモールディングといわれる装飾材( 見切り材 )を取り付けます。そして、上部にはデザイン性の高い壁紙、下部には汚れが目立ちにくいダーク系の壁紙を張り分けるのです。


品川プリンスレジデンス





ブルー系の大柄と単色の壁紙の組み合わせで爽やかで上品な雰囲気の空間に。また大胆な模様の壁紙とダークカラー壁紙の組み合わせは、都会的でスタイリッシュな空間が好きな方に響くコーディネート例です。

ペットによる引っ掻き傷や汚れが付きやすい下部の壁紙の張り替えが必要な際にも、全面張り替えに比べコストが抑えられます。( 下画像のダークグレイ部分は塗装仕上げですが、似た色合いの壁紙を選ぶこともできます )。

壁紙を貼ったり、塗装ができたりするドアを使うのもおすすめです。右画像のように、壁の下部の色とドアの色を揃えて統一感を演出することができます。

一般的なドアに張られている木目調のシートは傷がついても張り替えることは困難ですが、このEeMe( エーメ )なら壁紙の張り替えが可能です。ドア交換などが必要になった際には、ぜひ検討してみてください。( EeMe( エーメ )の詳細はこちら )。

■ 差別化のために、ワンランクアップできる2つのポイント

@キャットウォークにもなる柱のない造作棚の設置


壁に固定した棚(Ricca武蔵小金井)  


L型金物を使った棚(ロイヤルアネックスHAGU)


ダボレールを使った可動棚(ロイヤルアネックスenne)

一番上の画像のように大工さんに棚を作ってもらう方法がありますが、L型の金物やダボレール( 棚柱 )という金具を取り付けてDIYで棚を作ることもできます。猫は柱があると引っ掻いてしまいます。柱のないこのような棚なら、その心配がありません。

また、ダボレールは飼い主が好きな位置に棚を作ることができるため、収納を充実させることができるのもポイントです。( 金具は壁の下地に取付ける必要がありますので、事前に確認してください )。

A遊び心のある猫や犬などアニマルモチーフの取っ手やフックを付けてみる


Ricca武蔵小金井


ソライエ清水公園(左2つ)

動物が好きな方は、アニマルモチーフのグッズもお好きな方が多いようです。そのため、お部屋の各所にポイントとして付けることで、他のペット可物件に差をつけることができます。( アニマルモチーフの金物はこちらでご購入いただけます )。

付ける場所は玄関周辺がおすすめです。室内ドアや収納扉の取手を付け替えたり、鍵掛けフックとして予め付けおくなどDIY初心者の方にも簡単にできますのでお試しください。ご案内の際に動物好きの方の心を鷲づかみにできるかもしれませんね。

いかがでしたか? ペット可物件は、飼い主とペットが快適に住みやすく、また、貸主にとってもキレイに使ってもらえる内装を工夫し、差別化をすることが、「 愛されるお部屋 」への近道のように思います。

ペットも大切な家族の一員と考える人は数多くいらっしゃいます。人とペットの暮らしが、今後さらに心地よいものになることを願って、飼い主とペットに愛されるお部屋づくりをご紹介しました。

それでは、また来月お会いしましょう。

健美家サイト会員登録で最新コラムやニュースをチェック!

健美家不動産投資コラム

プロフィール

■ 坂田夏水(さかたなつみ)さん

夏水さん

公式HP:夏水組
ネットショップ:MATERIAL

株式会社夏水組 代表
不動産投資家

□ 経歴

1980年生まれ

2004年
武蔵野美術大学造形学部建築学科卒業。
アトリエ系設計事務所、工務店、不動産会社勤務

2008年
夏水組設立

内装デザインのみならず不動産企画やコンサルティング業務、DIY商品企画、雑貨店GONGRIや飲食店LEMONNEのプロデュース等、女性特有のデザインが注目を 集めている。

□ 主な著書

『夏水組の パリ 風手作りインテリア』
(KADOKAWAメディアファクトリー)

夏水さん

『夏水組インテリア・コレクション』
(けやき出版)

夏水さん

『夏水組の「家デコ」レシピ』
(学研パブリッシング)

夏水さん

『リフォーム&インテリア アイディアBOOK』(KADOKAWAメディアファクトリー)

夏水さん

ページの
トップへ